2017年のラジオドラマ人気投票を振り返って。 - このブログについて

0 Comments
2017年のラジオドラマ人気投票の反省会!  

今年もようやく2017年の人気投票アンケートの結果をすべてアップすることができました。
お陰様で、2015年2016年と比較して非常の多くの方にご回答を頂いたため、集計に手間取ってしまいました。
遅い時期の発表になってしまったことをお詫びいたします。
さて、この記事はアンケートを集計する過程で気がついた雑感を再整理し、翌年のアンケートのための備忘とすることを目的としています。
本来、閲覧者のみなさまにお見せする内容ではないのかもしれませんが、ちょっとした裏話としてご覧頂けましたら幸いです。


1.組織票問題

昨年の「振り返り記事」でも書いたこの問題。
一昨年の「タランの白鳥」、昨年の「逢沢りく」でも、特定の出演者のファンの方による集中投票の傾向があったわけですが、今年の第1位「また、桜の国で」においても、アンケート終盤の1月25日から26日にかけて、14投票連続で同作を1位とする票が入りました。
実は、アンケートを告知するtweetを、1月25日に同作の脚本家の藤井香織さんがretweetされているため、その影響があったものと思われます。
ただ、このことは総得点には影響したものの、同作は1月25日以前の時点ですでに不動のトップでしたので、順位には影響はありませんでした。
アンケートの主催者としては基本的に関係者の方にretweetして頂くことを歓迎しています。
斜陽の国のルスダン」に至っては原作者さんにretweetして頂いており、ありがたい限りです。
そもそも「組織票」といっても何らかの組織的な行動があった訳ではなく、単に告知を広めて頂いただけですので、そういったことを含めてイベントとして楽しんで頂けたらと思っています。

ただ、ランキングに大きな影響を与えるとなると、少し考えざるを得ません。
実はFMシアター・特集オーディオドラマの方で、これも終盤の1月26日から13連続で「春を待つ音」への1位の投票がありました。
これも、アンケートの告知を、ある方がretweetしたあとに起こった現象ですので、その影響と思われますが、それ以前にはわずかな票しか入っていなかった作品ですので、ランキングに大きな影響を与えてしまいました。
ただ、悪気があってretweetした訳ではなく、単にファンあるいは関係者の結束が固かっただけだと思いますので、禁止するのもおかしな話。
そもそも禁止する方法がありませんし。
解決策としては集計の母数を増やす(回答をたくさん集める)しかないわけですが、青春アドベンチャーメインのこのブログでは自ずと限界があります。
なかなか悩ましい問題です。


2.スマホによる閲覧

このブログにはGoogle Anlyticsを入れてアクセス状況を確認しています(個人のIPなどはわからないのでご安心を)。
それによると2012年のスタートの頃は大部分のアクセスがパソコンからだったのですが、いつの間にかスマホからのアクセスの方が多くなりました。
また、今回のアンケートで使用したアンケートサイト(Questant!)も、どの種類のデバイスからアクセスしたかがわかる仕様になっているのですが、青春アドベンチャーに対する投票は概ね4分の3がスマホからの回答です。
年末年始に当ブログのSSL化をしようと考えていたこともあり、この状況を受け、併せてレスポンシブルデザイン(パソコンもスマホをひとつで対応できるテンプレートデザイン)への変更を決めました。
その後、多少手間取りましたが、レスポンシブルデザインの導入及びSSL化が済み、現在の形になっています。
ただ、これでテンプレートはよくなったとしても、これからは内容もスマホ閲覧を前提に考えなくてはなりません。
試しに「2017年青春アドベンチャー人気投票」の集計結果で掲載している表を縦長でも見やすい形に変更したのですが、ぱっとしません。
いままで「不思議屋シリーズ」などオムニバス作品の記事で表を多用していたのですが、横幅の狭いスマホでの閲覧を前提とすると表を使うこと自体をやめた方がよいのかも知れません。
と思って、最後のアンケート結果発表である「オールタイムベスト」の記事では表を使わず書いてみたのですが、これはこれで冗長に見えます。
そもそも文が長すぎるのでしょうか。
あえて長い記事を書こうとは思っていないのですが、だらだらと書いていると長くなってしまう。
簡潔に書くように心がけないといけなさそうです(というこの文章自体が冗長…)。


そのほか、「投票した1作品ごとに感想を書けるようにした方がいいのではないか」、「このアンケート自体への改善提案をいただける項目を作った方が良いのではないか」など細かい反省はあるのですが、とにもかくにも発表までたどり着けたことに安どしています。
というのも今年使用したアンケートシステムの記録によれば、質問項目の多い青春アドベンチャーのアンケートの回答時間は平均値で15分超、中央値で8分超。
120名以上の皆様に10分近い時間を使わせたということは、合計で20時間分の時間を使わせたわけです。
この時間を人件費に換算をしてしまうような野暮なことはしませんが、何としても早めに結果を発表してお返ししたいとは思っていました。
これで一安心です。
それでは、来年もまたお会いできることを祈って。

【2017年のリスナーアンケート結果一覧】
青春アドベンチャー人気投票(作品編)
青春アドベンチャー人気投票(出演者・その他編)
青春アドベンチャーに採用してほしい作品
青春アドベンチャー25年のベスト作品
FMシアター人気投票
・アンケート反省会 ←この記事

関連記事


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

□ スポンサーリンク □
<--青アド・新セット・レクタ(大)・記事下用 -->
Hirokazu
Posted byHirokazu

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply