2017年の青春アドベンチャー放送作品一覧 - 時期別(青春アドベンチャー)

0 Comments
【2017年に放送された青春アドベンチャーの総括】  

1月9日に「ちいさなちいさな王様」でスタートした2017年のNHK-FM青春アドベンチャーの放送も、12月22日終了の「クリスマスの幽霊」で新作の放送を終了しました。
新作が16作品、再放送が現在の放送中の「びりっかすの神さま」を含めて10作品のラインナップでした。
このうち新作を、当ブログでつけた格付けとともに、一覧で示すと以下のとおりです。

番号 放送時期 回数 作品名 格付け
1 1月9日~1月13日 5 ちいさなちいさな王様 A+
2 1月30日~2月10日 10 帝冠の恋 AA+
3 2月27日~3月10日 10 つばき、時跳び A-
4 3月13日~3月24日 10 UFOはもう来ない A+
5 3月27日~3月31日 5 青春離婚 AA
6 4月3日~4月21日 15 タイムライダーズ AA+
7 5月8日~5月12日 5 きりしたん算用記 B
8 5月29日~6月9日 10 あおなり道場始末 A-
9 6月26日~7月7日 10 エヴリシング・フロウズ A+
10 7月24日~8月4日 10 金魚姫 AA-
11 8月11日~8月25日 5 斜陽の国のルスダン A+
12 8月28日~9月15日 15 また、桜の国で AAA-
13 10月2日~10月13日 10 風の向こうへ駆け抜けろ AA+
14 10月16日~10月27日 10 水晶宮の死神 C+
15 11月13日~11月24日 10 天下城 A
16 12月18日~12月22日 5 クリスマスの幽霊 B

2017年は1992年に始まった青春アドベンチャーが満25歳を迎えた記念すべきだった年なのですが、「聞き逃し配信」が始まったという予想外のグッドニュースはあったものの、残念ながら特に記念行事はなし。
ただし、作品の質は25周年にふさわしいもので、なかなか満足な1年でした(あくまで私個人の感想ですが)。
敢えて順位をつけるならば、「また、桜の国で」、「タイムライダーズ」、「風の向こうへ駆け抜けろ」がベスト3ですが、「帝冠の恋」、「青春離婚」、「金魚姫」も遜色なく楽しめる作品でしたし、ジャンル的にあまり好きではない日常系の「エヴリシング・フロウズ」なども意外と好きな作品です。
「タイムライダーズ」、「風の向こうへ駆け抜けろ」は続編が期待できそうなのも楽しみな要素ですね。
各作品の感想は是非、作品個別の記事をご参照ください。

その他の2017年の初出作品の特徴として、まずオリジナル脚本の作品が1作品もなかったことが挙げられます。
再放送で「僕たちの宇宙船」と「家電の極意」がオリジナル脚本作品でしたが、新作では一切なし。
個人的には青春アドベンチャーは原作付き作品が王道だと思うので、どうしても嫌なわけではないのですが、近年、オリジナル脚本の長編で「走れ歌鉄!」(2016年)や「人喰い大熊と火縄銃の少女」(2015年)といった良作があったのも事実。
ないならないで寂しいというわがままな気持ちもあります…
一方、近年の傾向が継続しオリジナル音楽はかなり多く、むしろオリジナル劇伴の作品の方が多い状態でした。
予算の問題(作曲家さん側から見れば報酬の問題)など色々大変な部分はあろうかと思いますが、是非、この傾向は続けて欲しいものです。

また、歴史もの、が多かったことも2017年の特徴かもしれません。
世界史系では「帝冠の恋」と「斜陽の国のルスダン」、そして「また、桜の国で」。
少し苦しいかもしれませんが「水晶宮の死神」や、再放送ですが「ブラジルから来た少年」(今年のアーカイブ枠?)も、歴史を知っていればこそ楽しめる作品です。
日本史系では「きりしたん算用記」と「あおなり道場始末」と「天下城」。
タイムラベルものの「ライムライダーズ」や「つばき、時跳び」も一種の歴史ものといえるかも知れません。
歴史上の事実という誰もが常識として持っている要素を盛り込むことによって物語に厚みを出せるという点では採用数が多くなるのも頷けますね。

最後に、過去に1度取り上げた作家の2作品目の採用、というパターンも多かった。
1年で2作品取り上げられた須賀しのぶさんは特別として、梶尾真治さん(1991年「サラマンダー殲滅」→2017年「つばき、時跳び」)、ロバート・ウェストール(2003年「海辺の王国」→2017年「クリスマスの幽霊」)、葉室麟さん(2012年「蜩ノ記」→2017年「あおなり道場始末」)が該当します。
とはいえ作品を選ぶ側があまり気にしているとは思えず、これはあくまで偶然なのかもしれません。

さて、この2017年についても、2016年2015年に引き続きリスナーによる人気投票を実施しました。
投票結果はこちらからご確認ください。

関連記事

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

Hirokazu
Posted byHirokazu

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply