ぼくらのペレランディア 原作:島田満(アドベンチャーロード) - 格付:A

0 Comments
作品:ぼくらのペレランディア
番組:アドベンチャーロード
格付:A
分類:SF(その他)
初出:1989年7月3日~7月7日(全10回)
原作:島田満
脚色:島田満
音楽:BANANA
演出:角岡正美
主演:丸山匠  

人類最後の英雄キャプテン・ポードキンに率いられたアレフ80号が、謎の惑星ペレランディアへ向かう途上で消息を絶ったのは、ぼくが4歳のときのこと。
その後、宇宙開発は急速に萎んでいき、今では冥王星基地すら全面的に閉鎖、宇宙船もほとんど飛んでいない。
人類は地球に引きこもってしまった。
どうしてこんなことになってしまったんだろう。
ぼくは飛びたいんだ。
宇宙の大海原をどこまでも、キャプテン・ポードキンのように。
大人になったら宇宙飛行士になれる?13歳では早すぎる?
でも今の状況では宇宙飛行士になったって宇宙飛行が出来る可能性は僅かだ。
それよりなにより、僕は今すぐにでも飛びたいんだ。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9918326390803995"
data-ad-slot="1625787531">


――――――――――――――――――――――――――

本作品「ぼくらのペレランディア」は脚本家・島田満さんの小説「ぼくらのペレランディア!」をラジオドラマ化した作品です。
このラジオドラマ版のタイトルに「!」が付いていたかは、放送を聞いただけではわかりません。
いずれどこかの紙ベースの資料で確認したいと思います。
さて、放送を聞いただけという面からいうと、もう1点、不明確なことがあります。
本作品の放送中では「作 島田満」と言っているのですが、この「作」という言い方はNHK-FMの場合、通常、オリジナル脚本の作品に使われます(原作がある場合「原作」という)。
しかし、本作品にはこのラジオドラマが放送される約3年前に発刊された立派な原作小説があるようです。
一方、脚色者は読み上げられていません。
島田満さんはもともと脚本家であり、「五つの魔法の物語」のようにNHK-FMでもラジオドラマの脚本を書いたことがある方ですので、恐らく自らの原作小説をご自身で脚色したのが本作品だと思います。
このようなパターンは本作品のほかにも、「あたしの嫌いな私の声」(成井豊さん)、「愛と青春のサンバイマン」・「笑う20世紀」など(藤井青銅さん)、「昔、火星のあった場所」(北野勇作さん)、「恋愛映画は選ばない」(吉野万理子さん)など結構、例があります。
本作品が原作者による脚色であるという前提で聞いてみると頷ける点があります。
本作品、なかなか脚本が素晴らしいのです。
全5回と、この番組枠としては短めの作品ですが、主人公ダーゼット少年のモノローグを中心に、かなりのスピード感でグングン進んでいきます。
10分番組だったFMアドベンチャー時代を彷彿とさせるテンポの良い構成です。
物語の中盤、第3回のラストで提示される「キャプテン・ポードキンは生きており、しかも密かに地球に帰ってきているのではないか」という謎もなかなかスリリングで、適度なミステリー要素にもなっています。
この第3回は、他の回と違い、劇部分が終わったあと「ぼくらのペレランディア第3回。ではまた明日。」という最低限のナレーションが流れるだけで、出演者紹介などは一切なしでそのままBGMとともにストンと終わるなど、演出もなかなか洒落ています。
そうそうBGMといえば、本作品はアドベンチャーロード時代ではかなり珍しいオリジナルの劇伴が付いた作品であることも好印象の原因かも知れません(作曲家はBANANAさん)。
本作品、主役のダーゼットが13歳であり、彼と共に「宇宙戦士同盟」を結成し古い宇宙船(「ペレランディア号」と命名)を復活させようと奮闘する面々、ビリー、フリル、サボイ、ウンガノボも同級生の少年少女。
ただでさえ姦しい子どもの集団であるうえに、彼らの役に(たぶん)子役を当てていることから演技自体もちょっとたどたどしい。
彼ら声を合わせて叫ぶシーンなどは如何にも児童劇団風でちょっと引いてしまいます。
これらの点で個人的にあまり好きなタイプの作品ではないのですが、脚本の良さが優り、それがあまり気になりませんでした。
小さいところを見ると、例えば修理可能な宇宙船が子どもの行動範囲に放置されていることの不自然さなど、いくつも気になることもあるのですが、全5回では説明不足になるのはある程度やむをえないと思います。
いずれにしろ、さすがご自分の小説の脚色だと思います。

さて、作品のストーリーを全く無視して説明を進めてしまいました。
今更ですが少しだけストーリーの説明をしますと、時代設定は2075年。
ワープ航法の開発により人類は外宇宙への飛躍を約束されたようにみえたのですが、居住可能な惑星の発見に失敗し、一挙にクールダウン。
人類はすっかり宇宙開発を諦めている時代です。
そんな時代にダーゼットたちは少年少女だけで宇宙船を修理しようといます。
そこに現れるウォレスという男性。
最初は単なる管理人と思われたものの、宇宙に関する知識と立ち居振る舞いはとても普通の人間とは思えない。
ダーゼットは彼が消息を絶ったポードキンなのではないかと思うのですが…
ここからは聴いて(読んで)のお楽しみとしましょう。

本作品の出演者は丸山匠さん、北浦義典さん、榊原忠美さん、小川裕二さん、安保信之介さん、桜井さやかさんといったところ。
誰がどの役かさっぱり分からないのですが、並び順からすると丸山匠さんがダーゼットなのでしょう。
個人的にはウォレスを演じていた人の名前が気になる。
ちょっと正宗一正さんにも似たなかなか印象的な声でした。


関連記事
 

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

 □ スポンサーリンク □
         
Hirokazu
Posted byHirokazu

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply