谷山浩子の"悲しみの時計少女" (サウンド夢工房) - 格付:A

3 Comments
作品:谷山浩子の"悲しみの時計少女"
番組:サウンド夢工房
格付:A
分類:幻想(日本)
初出:1992年2月3日~2月14日(全10回)
原作:谷山浩子
脚本:香取真里
演出:川口泰典
主演:谷山浩子  

浩子は、常に正確な時刻がわからないと不安で、寝るときでさえ時計を外さない時計中毒患者。
彼から別れ話を切り出され、彼の新しい彼女に会わせて欲しいとごねたあげく、思い出の喫茶店で二人を待ち構えている。
そこに浩子の彼を名乗る男が現れたが、彼は浩子の知っている彼とは全く違う、ハンサムだが魚の目をした「魚男」(さかなおとこ)だった。
魚男に困惑する浩子だが、やがて現れた彼の新しい彼女をみて一層驚く。
彼女は顔が時計の文字盤(ちなみにインデックスはローマ数字。ただし針はない。)の「時計少女」だったのだ。
しかし、時計少女と話しているうちに彼女の家であるという「時計屋敷」に興味を持ち、なぜか鎌倉にあるという時計屋敷を尋ねることになった...

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9918326390803995"
data-ad-slot="1625787531">


------------------

作品タイトルのとおり、シンガーソングライターの谷山浩子さん原作の不思議な作品です。
谷山さん原作の作品は、放送期間が短かったサウンド夢工房時代だけで、本作と「ネムコとポトと白い子馬」、「谷山浩子の電報配達人がやってくる」の三作品がつくられており、サウンド夢工房時代を象徴する原作者さんだと思います。
特にこの「悲しみの時計少女」は評価が高いようで、青春アドベンチャー時代にも3回も再放送されています。

しかし、私にはこの3作品とも、基本的に意味がさーっぱりわかりません。
不思議系の話しなので抽象的な形で何らかの寓意が隠されているのかも知れませんが、何が何やら。
そもそも意味など考えずに聴くのが正しいのかな。
ただ上記の3作の中で、一番、引きつけられたのが本作であるのは確かでした。
喫茶店から時計屋敷へ移動する過程で次々と不思議な出来事が起きるテンポの良い構成です。
また、終盤の魚男の扱い(よく考えると少しカニバリズム的?)など、ホラー要素もあり、緊張感もあります。
さらに、終盤で浩子自身も知らなかった浩子の意外な事実が明かされるなど、謎解きの要素もあります(謎解きといってもそもそも何でもありの世界なので推理系のそれとは全く異なりますが)。
本作と同様に谷山さんが主演された「おしまいの日」の記事でも書いたのですが、谷山さんはラジオのトークは比較的普通です。
また、谷山さんのつくる歌詞は独特ではありますが、歌詞は誰がつくっても多少抽象的で非現実的なものになるのは良くあることですので、歌も割とすんなりと受け止められます。
しかし谷山さんの小説は不思議な話すぎて個人的にはどうもあまり楽しめません。
...と思っていたのですが、「おしまいの日」の記事を書いた後、久しぶりに谷山さんの曲を大量に聴いてみたところ、どうも自分が慣れちゃっていただけで、やっぱり歌詞も変なものが多いことに改めて気がつきました。
「素晴らしき紅マグロの世界」とか、わけわからなさ過ぎます!(褒めています)
そんな谷山さんの小説にはあまり馴染めなかった私ですが、主人公の浩子がなぜか相当、常識的であるせいかも知れませんが、本作品の世界観にはあまり違和感を感じず、楽しく最後まで聞き終えることができました。
良作であるという評価には同感です。

主役の「浩子」を演じるのは原作者である谷山浩子さんご自身。
オープニング・エンディングの曲も歌っており、まさに谷山さんのための作品になっています。
このブログには谷山さんのお名前を検索して辿り着かれる方がとても多いのですが、この作品における活躍ぶりを考えると納得です。
なお、青春アドベンチャーで原作者が出演している他の作品についてはこちらの記事をご参照ください。

その他の準主役級の時計少女と魚男は、前田悠衣さんと渡辺いっけいさんという当時の青春アドベンチャーの超常連が固めています。
本作では常識人である「浩子」を演じた谷山さんと、エキセントリックな性格の「時計少女」を演じた前田さんですが、実はこの二人はのちに青春アドベンチャー枠で、それぞれ三津子(おしまいの日)とサリー(五番目のサリー)という、それぞれ精神を病んだ(後者は厳密には障害)主人公を演じることになります。
その競演と考えると、本作を聴いていて何となく感じる怖さは配役の影響もあると感じます。

【川口泰典演出の他の作品】
紹介作品数が多いため、専用の記事を設けています。
こちらをご覧ください。
傑作がたくさんありますよ。


関連記事
 

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

 □ スポンサーリンク □
         
Hirokazu
Posted byHirokazu

Comments 3

There are no comments yet.
コン  
二回

思い出の喫茶店で二人を待ち待ち構えている。

「待ち」が二回になっています。

この作品は童話のような話でしたね。僕はあまり楽しめなかったです。

2016/10/26 (Wed) 13:50 | EDIT | REPLY |   
Hirokazu  
Re: 二回

コンさま

ご指摘ありがとうございます。
修正しておきます。

私もこの類の作品が特に好きなわけではないので、世間?の絶賛ほど好きなわけではないのですが、一連の谷山浩子さん原作作品の中では一番好きではあります。

2016/10/26 (Wed) 22:38 | EDIT | REPLY |   
Hirokazu  
Re: Re: 二回

ちなみに、この「悲しみの時計少女」の記事、当ブログでも有数の閲覧数が多いページです。
記事を書いてからずいぶん経つのですが、今でも少しずつですがコンスタントに検索流入があります。
やっぱり世間では人気みたいです。

(ご参考)
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/blog-entry-540.html

2016/10/26 (Wed) 22:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply