芥川賞受賞作家つながり - 特集【面白つながり・青アドポーカー】

0 Comments
【特集:青アド・ポーカー15】芥川賞受賞作家つながり

このコーナーは、NHK-FMのラジオドラマ番組「青春アドベンチャー」(系列番組を含む)で放送されたラジオドラマ間における緩やかなつながりを見つけて楽しもうという趣旨のコーナーです。
今回は、原作として取り上げられた芥川賞受賞作家を紹介します。
先日、記事をアップした「霧隠れ雲隠れ」の三田誠広さんで、3人が揃いましたので、ポーカー風にいうとスリーカード成立となります(後日、松村栄子さん、津村記久子さんを追加)。

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9918326390803995"
data-ad-slot="1625787531">


ところで芥川賞(正式には「芥川龍之介賞」)は、先日、第158回において「火花」でお笑い芸人の又吉直樹(ピースの又吉)さんが受賞したことで脚光を浴びました。
しかし、一般的には「純文学の新人賞」という性格上、「大衆文学の中堅・ベテラン作家向け」の直木賞と比較して、受賞者の知名度は高くないことが多いのが実態です。
エンターテイメント作品枠である青春アドベンチャーの原作という側面で見ても、直木賞の受賞作家は枚挙に暇がないほど取り上げられているのですが、芥川賞の受賞作家を取り上げた例はごくわずかです。
その貴重な三方を紹介します。


●池澤夏樹さん「氷山の南」、「南の島のティオ
1988年に、FMシアターでラジオドラマ化もされた「スティル・ライフ」で芥川賞を受賞された池澤さんは、2011年まで芥川賞の審査委員も勤められていました。
「氷山の南」はビルディングスロマンという点で、「南の島のティオ」はファンタジー要素が強い点で青春アドベンチャー向きの作品でした。
なお、実娘の池澤春菜さんは「これは王国のかぎ」に主演されている声優さんであることは、こちらに書いたとおりです。

●大道珠貴さん「悪戯の楽園」のなかの「無意味な涙」、「マジック・タイム」の中の「溺れる犬」ほか
両作品ともに、1999年及び2001年に放送された全10回のオリジナル短編集作品の中の1作。
他にも「記憶の城」の中の「猿蟹」も大道さんの脚本。
いずれも難解でわかりにくい作品です。
大道さんはその後の2003年に「しょっぱいドライブ」で芥川賞を受賞されました。
新人賞である芥川賞を受賞する前の大道さんを採用していたところにNHK-FM(名古屋局)の先進性を感じます。

●三田誠広さん「霧隠れ雲隠れ
三田さんは1977年に「僕って何」で芥川賞を受賞されていますが、執筆される分野の広い方で大衆文学的な作品もたくさん発表されています。
特に青春アドベンチャーで採用された「霧隠れ雲隠れ」は「スーパー忍者小説」というサブタイトルが付いているとおりエンタメ色の強い作品です。
女優の三田和代さんが実姉であることも、こちらで書いたとおりです。

●松村栄子さん「雨にもまけず粗茶一服
松村さんは1991年度下半期に「至高聖所(アバトーン)」で芥川賞を受賞されました。
松村さんも、ファンタジー小説「紫の砂漠」「詩人の夢」を書かれていますので、三田さん同様、単純な純文学作家とは言い難いと思います。
ちなみに「雨にもまけず粗茶一服」は主に京都が舞台となる作品ですが、松良さんご自身も京都在住のようです。

●津村記久子さん「エヴリシング・フロウズ
2008年下半期に3度目の候補作「ポトスライムの舟」で第140回芥川賞を受賞された津村さん。
専業作家になったのは2012年ですので、芥川賞受賞時には会社員だったそうです。
日本で一番権威のある賞(芥川賞)を受賞してようやく1人前、純文学とは恐ろしい世界ですね。
働く女性を描くことの多い津村さんだが、「エヴリシング・フロウズ」は内気な中学生男子を主人公にした、まさに青春小説。


なお、もう一方の直木賞については「受賞作家の原作作品」とするとかなり膨大になってしまいます。
一方、直木賞受賞作自体のラジオドラマ化とすると逆に極端に範囲が狭くなってしまい、対象作品数は限られるのですが、「青春デンデケデケデケ」の記事のアップにより、ようやく3作品がまとまりましたので、こちらに記事をアップしています。
なお、直木賞といえば「カディスの赤い星」(逢坂剛さん原作)がアドベンチャーロード時代にラジオドラマになっているはずなのですが、どこかで聴けないものでしょうか。




関連記事
 

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

 □ スポンサーリンク □
         
Hirokazu
Posted byHirokazu

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply