夫婦というもの 作:高平哲郎(カフェテラスのふたり) - 格付:B

0 Comments
作品:夫婦というもの
番組:カフェテラスのふたり
格付:B-
分類:日常
初出:1987年12月7日~12月11日(全5回)
作 :高平哲郎
演出:(不明)
主演:堺正章、桃井かおり  

本作品「夫婦というもの」は、放送作家で評論家、劇作家、演出家の高平哲郎さんが脚本を書いた大人の男女を巡る「粋なお話し」のラジオドラマです。
制作はNHK札幌局(演出家は不明)、放送された番組は全国ネットで月曜日から金曜日まで放送されていた10分番組「カフェテラスのふたり」でした。
この「カフェテラスのふたり」という番組、番組名どおり男女の二人が出演してラジオドラマを放送する番組であり、本作品に出演されているのはタレント・コメディアンの堺正章さんと、女優の桃井かおりさんでした。
「カフェテラスのふたり」、意外と知られていない番組ですが、この配役は豪華ですねえ。

ところで、本作品は1回ごとに完結する短編が5作品放送されたわけですが、各回のタイトルはすべて堺正章さんのヒット曲のタイトルから取られており、作品の最後にはその曲がかかる構成になっています。
なかなかおしゃれで凝った構成です。

なお、堺さんと桃井さんが主演していることからわかるとおり、ストーリーは完全に大人向きの内容です。
お二人が男女の微妙な機微を、時に軽妙に(主に堺さん)、時に気だるく(主に桃井さん)演じています。
イージーリスニングの音楽のように気軽に聞き流すのが吉、という傾向の作品です。
各回のタイトル及び概要は以下のとおりです。

回数タイトル一言
1さらば恋人16年ぶりに再会した男女。お互い既に結婚しているのだが何かが起きるのか?
2街の灯タクシーに乗ってラジオの人生相談を聞いていたら、妻の声が聞こえてきた!
3あの時君は若かった
(「ザ・スパイダース」時代の楽曲)
病床の夫の前で、妻が、出会ったころ、そしてその後の色々な出来事を語り始める。
4風が泣いている
(「ザ・スパイダース」時代の楽曲)
会話が全くかみ合わない夫婦。二人は別々に相談に行くのだが。
5涙から明日へ離婚して一年半。ばったり街で会った夫は(妻は)渋い男前に(いい女に)見えた。


関連記事
 

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

 □ スポンサーリンク □
         
Hirokazu
Posted byHirokazu

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply