おいしいコーヒーのいれ方Ⅸ~聞きたい言葉~ 原作:村山由香(青春アドベンチャー) - 格付:B

0 Comments
作品:おいしいコーヒーのいれ方Ⅸ~聞きたい言葉~
番組:青春アドベンチャー
格付:B+
分類:恋愛
初出:2006年12月11日~12月15日(全5回)
原作:村山由佳
脚色:佐藤ひろみ
音楽:梶本芳孝
演出:大久保篤
主演:内田健介  

かれんの転職と独立への意思は固く、ついに決意を両親に打ち明けることになる。
ショーリはかれんを応援しつつも、離れて暮らすことへの不安を感じてもいた。
そして、引っ越しの日が近づく中、かれんはショーリの部屋に料理を習いに通うようになるのだが...

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-9918326390803995"
data-ad-slot="1625787531">




村山由佳さん原作の「おいしいコーヒーのいれ方」シリーズの9番目の作品です。
2006年末に一挙にラジオドラマ化されたおいコーシリーズ3連発の第2弾で、前作の「優しい秘密」のあとに続いて放送され、本作品「聞きたい言葉」のすぐ後には、最終第10作品である「夢のあとさき」がすぐに放送されました。

さて、折角ひとり暮らしを始めたショーリですが、かれんとの仲は進展することなく、今度はかれんが遠い鴨川に引っ越すことになってしまいます。
ふたりの関係はどうなっていくのか。
相変わらずのスローペースではありますが、クライマックスに向かって徐々に盛り上がっていきます。
本作品では、かれんの独立騒動に伴い、かれんが隠していた秘密のひとつが、いよいよ両親に開かされます。
しかし、一番の秘密(ショーリとかれんの仲)は引き続き秘密のまま。
さて、どうなっていくのか。
ちなみに、NHKの公式ホームページの紹介では「クリスマスの夜、本当は離れたくないと告白し、乱暴に押し倒すとキスをしてしまう。かれんも正直につらい気持ちを告白する。やっとお互いの想いを確かめ合う二人だった。」と書いてあるのですが、これってかなり思わせぶりな書き方ですよね。
ショーリとかれんが「想いを確かめ合う」のかは聴いてのお楽しみです。
そして、何はともあれ、いよいよ次は最終話の「夢のあとさき」です。

出演者については、ショーリこと和泉勝利役は内田健介さん、花村かれん役は長谷川真弓さん、花村丈役は大野雅一さん、マスター役は大高洋夫さん、そして星野りつ子役は太刀川亞希さん、花村佐恵子役は高林由紀子さん。
内田さんは「カラー・ライフ」などのライフシリーズ、長谷川さんは「Meg」、大高洋夫さんは「ラジオ・キラー」、太刀川亞希さんは「渚にて」、高林由紀子さんは「アルバイト探偵」など、他の作品でも重要な役所を演じている豪華なメンバーです。

スタッフも、脚本の佐藤ひとみさんと音楽の梶本芳孝さんは、本シリーズ全作品を担当した不動のメンバー。
そして演出の大久保篤さんも、おいコーシリーズ10作品のうち4作品を担当した後半の主力演出家さん。
大久保さんは「女王の百年密室」や「迷宮百年の睡魔」の評価も高いようです。
万全の体制ですね。

【おいしいコーヒーのいれ方シリーズ】
・Ⅰ~キスまでの距離
・Ⅱ~僕らの夏
・Ⅲ~彼女の朝
・Ⅳ~雪の降る音
・Ⅴ~緑の午後
・Ⅵ~遠い背中
・Ⅶ~坂の途中
メモリーズ
・Ⅷ~優しい秘密
・Ⅸ~聞きたい言葉~(本作品)
・Ⅹ~夢のあとさき~(次作品)


関連記事
 

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

 □ スポンサーリンク □
         
Hirokazu
Posted byHirokazu

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply