青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

武揚伝 原作:佐々木譲(青春アドベンチャー)

0 Comments
Hirokazu
*****************************************
 本記事は、現在、放送中の作品について
 仮の記事をアップするものです。
 完結次第、正式な記事に修正します。
*****************************************

作品:武揚伝  
番組:青春アドベンチャー  
格付:(未格付け)  
分類:歴史時代  
初出:2018年10月8日~10月26日(全15回・予定)  
原作:佐々木譲  
脚色:小林克彰  
音楽:日高哲英  
演出:藤井靖  
主演:成河  

榎本釜次郎武揚(ぶよう・たけあき)がオランダ留学から戻ったのは1867年(慶応3年)。
少禄とはいえ武士の子である武揚がエンジニアを目指したのは、この国難の時代、日本には100の議論を重ねるより100人の技師が必要だと思ったからだ。
しかし、幕府発注の最新鋭艦・開陽丸(かいようまる)を操船して帰国した武揚を待っていたのは、予想を超えて急転していく時代の流れだった。
最新鋭の軍艦という確固たる武力を掌握する武揚。
ゆえに、時代は彼を徳川家に忠実な一技師であることを許さない。
阿波沖海戦、江戸脱走、奥羽越列藩同盟への参加、そして函館戦争。
流転の幕臣が遂にたどり着いたのは、衆議で指導者を決める「共和国」というひとつの夢であった。



今回紹介するラジオドラマ「武揚伝」は、NHK-FM青春アドベンチャーでラジオドラマ化された3作品目の佐々木譲さん原作作品となります。
第1弾・第2弾は、本作品と同じ小林克彰さん脚色、藤井靖さん演出で制作された「獅子の城塞」と「天下城」。
特に後者は、青春アドベンチャーでは珍しい戦国時代を正面から取り上げた歴史ものでした。
そして今回ラジオドラマ化された「武揚伝」も、青春アドベンチャーでは珍しい幕末を正面から扱った作品。
琉球を舞台とした「鷲の歌」(海音寺潮五郎さん原作、2014年)や、タイムスリップものである「タイムスリップ明治維新」(田村ゆかりさん主演、2004年)の前例はありますが、本作品はだれもが知る幕末の偉人のひとり、榎本武揚を主人公としている点で、やはり青春アドベンチャー唯一の作品といえるでしょう。
ちなみに榎本武揚といえば歴史の授業では通常「えのもと・たけあき」の読みで習うわけですが、「ぶよう」という故実読み(ゆうそくよみ)でも呼ばれたそうで、本作品のタイトルも「ぶようでん」と読みます。
「ぶようでん」であって「ぶゆうでん」ではないですよ。

「揚(あ)っちゃん、いつものやったげて。」
「聞きたいか、俺の武揚伝(ぶようでん)」
「ぶようでん、ぶようでん、ぶようでんでんででんでん!」
レッツゴ~!!………

さて、榎本武揚って有名な割に何をした人なのかよくわかないと思いませんか。
榎本武揚といえば函館戦争。
戊辰戦争で最後まで戦っていた割には、その後新政府の要職にも就いたという、よくわからない人というイメージですが、よく考えてみると最後の函館戦争で新政府が戦ったのはもはや幕府ではなく蝦夷共和国。
「徳川家の家臣」がいつの間にか「共和主義者」になり、幕末期の日本の一部に共和政府が成立していたわけで、考えてみると驚くべき事態です。
なにせ、幕府の守護者として京の町で恐れられた、あの「新選組、鬼の副長」が、自分たちで選んだ政権のために戦ったわけで、まるでイゼルローン共和政府のために戦ったシェーンコップのようです(わかりづらい例えでスミマセン)。
実は、彼ら自身が「共和国」を名乗った事実は全くないし、地元民との関係は必ずしも良好ではなかったようですが、有権者は一部の人間だけだったとはいえ、曲がりなりに「公選」で「総統」を選んでいた。
確かに彼らの中に何らかの理想はあったのでしょう。
本作品ではその過程を、榎本武揚を中心に若者たちの物語として描いています。
例えば、帰国以来の盟友で開陽丸艦長として榎本を支え続けた澤太郎左衛門(演:亀田佳明さん)、海軍と陸軍を行き来しながら苦闘を続けた荒井郁之助(演:豊田茂さん)、伝習隊を率い鳥羽・伏見の戦い以来の敗走続きの中でも戦いをやめなかった大鳥圭介(演:谷田歩さん)、京都時代の部下の多くを失いながらも死に場所を求めるがごとく戦い続ける土方歳三(演:丸山厚人さん)。
その他、時勢が味方せず、主流から追われた多くの人間が夢を求めて航海に出て、北の大地に集まる。
本作品、序盤は歴史の流れをナレーションで追うのに精いっぱいの印象もあるのですが、江戸脱出以降、特に中盤、奥羽越列藩同盟からも追われ、自由の海に漕ぎ出した榎本一棟が、それでも理想を胸にいただいて船出するシーンはなかなか感動的です。
世の中に負けて、大勢力に追われるようになってからが美しい。
さきほどはシェーンコップ(銀河英雄伝説)の例を挙げましたが、NHK大型時代劇「武蔵坊弁慶」の終盤の風も無きにしもあらず。
まあ、フィクションと比べてどうするんだという意見もあろうかと思いますけどね。

ところで、理想化とは逆に一般的なイメージより悪い描かれ方をされているのは勝海舟(演:北村有起哉さん)。
悪人に描かれているわけではないのですが、「洒脱で世慣れた大人」という描かれ方をされることが多い勝海舟ですが、本作品ではどちらかというと、のらりくらりと事態をやり過ごす、悪い意味で現実家。
俳優の成河(ソンハ)さん演じる榎本武揚が、良くも悪くも考え方がピュアで若々しいだけに対照的です。
そういえば、成河さんは、青春アドベンチャーでは人に化ける狐を演じた「白狐魔記シリーズ」でおなじみですが、こちらはさらに好奇心旺盛(軽率?)で優しい(お節介?)役でした。
榎本は若手ながら大きな責任を負わざるを得なくなった人物であり、本作品の成河さんの演技も、より現実的な苦悩と理想を感じられるものになっています。
そういえば成河さんはFMシアター枠では奇しくもやはり幕末を扱った「東の国よ!」で主演されています。
幕末が合っているのかも知れませんね。

さて、この記事アップ時点で、物語は概ねまだ約3分の1を残しています。
この後、蝦夷共和国はどうなるのか(もちろん結末はわかっているのですが…)
佐藤賢一さんの小説「ラ・ミッション―軍事顧問ブリュネ―」では主役を張ったジュール・ブリュネ(「ラスト・サムライでトム・クルーズが演じたオールグレン大尉のモデルとされる)の活躍の場はあるのか。
楽しみに残りを待ちたいと思います。




★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

無限への崩壊 原作:荒巻義雄(アドベンチャーロード)

0 Comments
Hirokazu
作品:無限への崩壊  
番組:アドベンチャーロード  
格付:A-  
分類:SF(その他)  
初出:1986年1月20日~1月31日(全10回)  
原作:荒巻義雄  
脚色:横光晃  
演出:(おおかあきまさ)  
主演:榎木孝明  

私は中央社会保管局国際心理警察機構の特殊浄化要員、いわゆる“ミュータンツハンター”だ。
ミュータンツとは、人類の中から誕生を始めた、超能力も持つ新人類。
しかし彼らの存在は人類社会に発展ではなく、混乱をもたらす。
我々の社会はそう判断した。
そう、ミュータンツは人類の一部ではない。人類の敵だ。
とはいえ外見は我々人類と全く異ならない彼らミュータンツを抹殺する任務は、ライセンスを持つハンターにとってもストレスが大きい。
思いあたるはっきりとした理由はないものの、ある時期から精神の平衡を欠くようになってしまった私は、精神分析医の元におくられることになったのだが。



本作品「無限への崩壊」は、荒巻義雄さんによる同名のSF小説を原作としたラジオドラマです。
なお、ネットで検索すると、原作とラジオドラマとはかなりストーリーが違うという記載も見られます。
本作品を脚色した横光晃さん(北海道ご出身で本作品も札幌局制作)は昭和30年代からラジオドラマの脚本を書かれていたベテラン中のベテランで、本作品と同時期に、アドベンチャーロードでは数少ないオリジナル脚本作品「21世紀のユリシーズ」も担当された方です。
そのため、大きく改編している可能性はあると思いますが、何分、古い小説ですので検証は困難です。
いつか原作小説を見る機会がありましたら、是非検証してみたいものです。

ところで、本作品の原作者の荒巻義雄についての個人的な印象と言えばやはり「架空戦記」。
「紺碧の艦隊」とか「旭日の艦隊」とか。
というのも、学生時代の友人に荒巻さんの架空戦記の熱心なファンがいたんですね。
でも、どういうわけか、この点について私は彼の影響を全く受けず。
荒巻さんのことは、架空戦記とともにそのお名前のみ記憶され、現在に至っています。
しかし、今回、この記事を執筆するに当たり改めて調べてみると、荒巻さんは1972年に第3回の星雲賞日本短編部門を受賞している古参のSF作家さんとのこと。
「仮想戦記のひと」というのは間違いではないにしろ、ごく一面的な私の思い込みでした…
ただ、本作品の原作は「宇宙25時」という短編集に収められているのですが、近年復刻されたそれは「定本荒巻義雄メタSF全集」のひとつとされています。
架空戦記はボードゲーム・シミュレーションゲームのリプレイと密接なつながりがあるものだと思います。
リプレイは現実のプレイヤーとフィクションのキャラクターの二重性を前提とするものであり、ある意味、メタ的なもの。
そういう意味では荒巻さんが後年、架空戦記を志向するのは必然だったのかもしれません。

さて、それはともかく本作品の内容に移りますと、舞台は未来の地球。
自分でも不明確な理由で精神を病んでしまった28歳のミュータンツハンター、コウノ・ケンは精神分析医の元に派遣され、サイコシミュレーターにかけられます。
「サイコシミュレーター」ってなんだろと思いますが、最近言葉で言えば精神医療用のVRマシンといったところでしょうか。
技術の進歩で最近、ようやくゲームレベルでは実現し始めたVRですが、ラジオドラマの小道具としては1980年代の本作品、1996年の「お父さんの会社」、1997年の「サイコサウンドマシン」など使い古された感もあります。
とにかく、この精神治療の過程でケンは自分の失われた記憶に気がつき、過去の真実を探る旅へと出ます。
この記憶と現実が曖昧になる展開が、エキゾチックで物憂げな音楽や効果音(後半の舞台は北アフリカのカサブランカですから!)と相まって独特の雰囲気を醸し出している作品です。
雰囲気的には後年の「レッドレイン」に近いかな。
そして、最終的には、最強のミュータンツとの対決に至る訳ですが、結末もまた曖昧でわかりづらい。
見当違いな深読みばかりしている(これとかこれとか参照)私としては、最後に明らかになる「真相」にもまだ裏があるのではないかと勘ぐってしまう。
この真相が仮にケン自身が最も望んでいた結末なのだとすれば、そのような「夢」を見させるという形の敵の攻撃だったのではないか。
そう考えると、「エリナ」が全てを知っていることも、最後に医者が出てくることも不自然にみえてきます。
そもそも「無限への崩壊」とはどういう意味か。
人間世界が崩壊するということ?
ケンの内面世界が崩壊するということ?
深読みしがちでありながら抽象的な思考が苦手な私としては、なんともすっきりしない終わり方でした。

さて、主役のケンを演じたのは俳優の榎木孝明さん。
本作品出演時は30歳。
連続テレビ小説では珍しい男性が主人公の作品「ロマンス」(1984年)で主演デビューしてから概ね2年後ということになります。
ちなみに前年の1985年には「ふたりの部屋」の「グリーン・レクイエム」にも出演されています。
また、ヒロインのエリナは女優の白木美貴子さんが演じています。




★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。