青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

静かな生活 作:今井雅子(FMシアター)

0 Comments
Hirokazu

作品 : 静かな生活  
番組 : FMシアター  
格付 : B+  
分類 : 日常  
初出 : 2015年8月1日(全1回)  
作  : 今井雅子  
音楽 : 川田瑠夏  
演出 : 藤井靖  
主演 : 植村宏司  


ようやく手に入れた静かな生活。
新しく引っ越してきたマンションは、1階の保育園から園児の声が聞こるものの、ヘッドホンをして翻訳の仕事に集中していれば全く気にならない。
少なくとも以前、勤めていた会社に比べればノーストレスと言っていい。
入居早々、管理組合の理事長を引き受けざるをえなかったのは誤算だったけど、マンションの住人はいい人ばかりなので問題ない…はず。
問題ない?
いや、実際は問題、大アリだ。
それというのも、隣室の駒元(こまもと)なるおばあさんが「保育園の音がうるさい」、「保育園を追い出せ」、「理事長は住民の静かな生活を守る義務がある」などと大騒ぎを始めたのだ。
「駒元さん、あんたが一番うるさいよ!」などと言えたらどんなにいいだろう。
そんなこと、気の小さい自分に言えるわけがない。
ああ、考えただけで、胸が苦しくなってきた…



本作品「静かな生活」は、コピーライター出身の脚本家・今井雅子さんによるオリジナル脚本の作品で、マンションの騒音問題を取り上げたラジオドラマです。
今まで今井さんが関与したNHK-FMラジオドラマはこちら(外部リンク:ご本人のブログ)のとおり、青春アドベンチャーで3作品、FMシアターで6作品あります(2009年の札幌局の「友子とモコ」は別人?)。
個人的には、青春アドベンチャーでは希少なミュージカル風の作品だった「走れ歌鉄!」が印象的ですが、原作付き作品を「脚色」することが多い青春アドベンチャーより、オリジナル脚本が基本のFMシアターが、やはり今井さんにとっては主戦場なのでしょう。
いずれにしろ「年に一度ラジオドラマを作れたら幸せだねえ」といって頂けるのはラジオドラマファンとしては嬉しい限りです。

さて、近年、深刻な待機児童問題の解決のため、各自治体とも保育園の増設を進めているわけですが、それにつれ保育園を迷惑施設ととらえるトラブルも急増していることは皆様周知のとおりです。
これについて今まで自分の住居の周辺に保育所がなかったこともあり、あまり真剣に考えたことがなく、東京都の環境確保条例が改正されたのが2015年であることも知りませんでした。
そもそも「声」を騒音ととらえるかは、多分に属人的あるいは文化的な側面もあり、一概に規制の対象から外せば良い、あるいは規制すれば良い、という単純なものではないのだと思います。
本作品においても、保育園排除を主張する駒元さんの発言には、彼女の人生経験に基づくある理由があったりするわけで、駒元さんは一方的な悪者には描かれていません。
ただし、個人的にはこの駒元さんの主張にはあまり共感することはできませんでした。
正直なところ、冒頭の粗筋にも書いたとおり「駒元さん、あんたが一番うるさいよ!」(これが作品中では大学教授の**の発言)というのがベタな感想。
最終的に、何だか妙にいい人とされて終わった駒元さんの扱いについて何とも納得できなさが残りました。
それにしても良くも悪くもこれだけ駒元さんが印象に残るのは、「東の国よ!」でもそうでしたが、松金よね子さんのキンキン声の演技のインパクトあればこそでしょう。

…などと長々と駒元さんの主張について書いてしまいましたが、実は本作品は待機児童問題そのものがテーマとなっているわけではなく、保育園問題を通して自分の人生に向き合い、他人との関わりに一歩踏み出していくという主人公の成長こそがテーマなのだと思います。
その面では、最初は気弱ですぐ過呼吸になる有村康平(演:植村宏司さん)が、なけなしの勇気を振り絞り一歩進んでいく様はなかなか聞き応えがありました。
ただ、これも康平の行動にケチをつけるつもりはないのですが、そもそもこういう状態の人は「不動産を買う」という選択をしてはいけないよなあ、と思わざる得ません。
ついでにいえば、きちんと避妊もした方がよいと思います。
という訳で、登場人物たちの行動にここでも何となく釈然としないところは残りました。

そのほかの出演者は、岡田達也さん、大林隆介さん、岡田さつきさん、秋山エリサさん、酒巻誉洋さんといったところ。
このうち大林隆介さんは個人的には「機動警察パトレイバー」の後藤警部補が印象的なのですが、本作品始め多く出演されているNHK-FMのラジオドラマ(「本覚坊遺文」、「さくら、ねこ、でんしゃ」、「海に降る」「シュレミールと小さな潜水艦」などなど)では、それとは全くわかりませんでした。
演技の幅の広さ故だと思いますが、素直に後藤警部補みたいな役も聞いてみたい気がします。
さて、大林さんついでに最後にもう一言だけ。
本作品とは全然関係ないのですが、TVアニメ版「恋は雨上がりのように」の近藤正己役は大林さんが良かったと思うのは私だけでしょうかねえ。




★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

迷走 原作:長岡弘樹(FMシアター)

0 Comments
Hirokazu

作品 : 迷走  
番組 : FMシアター  
格付 : A+  
分類 : サスペンス  
初出 : 2015年1月24日(全1回)  
原作 : 長岡弘樹  
脚色 : 長岡弘樹  
演出 : 倉崎憲  
主演 : 市原隼人  


患者を乗せサイレンを鳴らしながら、病院の周囲をひたすら周回する救急車。
まさに迷走だ。
一体、室伏隊長は何を考えているのだ。
確かにこの患者は、隊長にとっても、自分にとっても因縁浅からぬ相手ではある。
隊長の娘 -自分の婚約者でもある- を一生車いすの生活にしてしまった男。
如何に仕事とは言え、寄りにもよってこの男を助けなければいけないことに色々思うところがあったとしてもおかしくない。
しかし、それにしてもこの行動は意味がわからない。
いや、そもそも室伏隊長は、仕事に対してひたすら一徹な人間だったはずだ。
恨みのある相手だからと行って、仕事を復讐の手段にするような人間ではなかったはずなのだが…



ミステリー作家・長岡弘樹さんの同名の短編小説を、長岡さん自らが脚本化したのが、このラジオドラマ「迷走」です。
長坂さんは山形県出身・山形県在住(本作品はNHK山形局製作です)の作家さんで、代表作は2014年の「このミステリーがすごい!」で第2位を取った「教場」でしょうか。
ちなみに本作品は短編集「傍聞き」(かたえぎき)に掲載されている短編を原作としています。

さて、本作品は純文色の強いFMシアターでは珍しい、サスペンス調の娯楽作品です。
経過時間で見ると救急車が患者を搬送するわずかな時間がそのほとんどであり、舞台は救急車の中に終始します。
登場人物も、その救急車に同乗する、患者、救急隊員、すなわち隊長の室伏、隊員で室伏の義理の息子(予定)の蓮川、運転手の***を中心に、救助電話の要請先である増原医師を加えた5人だけで、ほとんどの物語は進行します。
室伏隊長の選択した「迷走」にどのような意味があるのか、それを書いてしまうと本作品のミステリー要素はほとんどネタバレになってしまうため、書けないのが残念ですが、音のドップラー効果を交えた演出はラジオドラマならではであり、緊迫感のある展開でした。
また、序盤に紹介される室伏隊長の昔のエピソード、例の病院に応援の医者が来ていたという情報などが、ちゃんと前ふりになっているのはさすが本職のミステリー作家の脚本ともいえると思います。
ただ、本作品、基本的には蓮川視点なので、室伏隊長の気持ちがわかないという体裁で作られているが、個人的にはもっと室伏隊長のどろどろとした感情を描いて欲しかった。
というのも、それがないことにより、結局室伏隊長は人を傷つけることはないのだろうという、悪い意味でので安心感が強く感じられ、それが少し本作品から緊張感を失わせる原因になったような気がします。

また、肝心の迷走の理由が、聞いているうちに何となく想像できてしまうのが少し残念なところ。
やっぱり作り事の限界だなあ、と思いながら聞いていたのですが、作中指摘されていることが正しいのであれば、この作品のキーとなっているできごとは現実にも起こったことがあるようです。
これについては、事実は小説よりも奇なりということなのでしょう。

さて、本作品を語る上で外せないのが出演者。
主役の救急隊員・蓮川を演じているのは若手人気俳優の市原隼人さん。
市原さんの来歴はもはやここで述べるまでもないと思いますが、2008年~2009年にかけて放送・上映された「ROOKIES」が有名ですね。
本作品は市原さんのラジオドラマ初出演作品なのだそうです。
本作品、モノローグも含め市原さんの台詞量がとても多いです。
正直なところ、市原さんの台詞部分の話し方と、ナレーション(モノローグ)部分の話し方にあまり差がなく、少しわかりづらいようには感じました(逆に言うと他の作品の出演者は差をつけていることに今、気が付きました)。
もちろん、演技自体に不満はないのですけどね。

また、もう一人の主役とも言える隊長・室伏を演じているのも、これも言わずと知れた日本を代表する名脇役・大地康雄さん。
室伏は基本的に無口な役なので台詞はそれほど多くないのですが、しゃべるだけで思い出される大地さんの容貌と相まって、頑固な救急隊員が目の前にいるかのようです、
それにしてもこの室伏、責任を自分で取るという覚悟はいいとして、もう少し信用して打ち明けてもらえないと部下としてはたまったもんではないなあ、というのも正直な感想です。



本作品は当ブログが2015年に実施したFMシアター人気投票で第3位でした。
このアンケートの結果をご覧になりたい方はこちらをご覧ください。







★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。