青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

エヴリシング・フロウズ 原作:津村記久子(青春アドベンチャー)

作品:エヴリシング・フロウズ
番組:青春アドベンチャー
格付:A+
分類:少年
初出:2017年6月26日~7月7日(全10回)
原作:津村記久子
脚色:蔭岡翔
演出:小島史敬
主演:前田旺志郎

ヤマダヒロシは大阪市大正区に住む中学3年生。
両親は離婚していて、オカンとふたり暮らし。
絵を描くことだけは結構、自信があったけど、それも昨年の写生大会で、クラスの地味目な女子に完敗してからすっかりやる気がなくなってしまった。
やたらと高圧的な優等生、無口で悪い噂のあるでかい男、なぜか威圧してくる女子、そして例の絵のうまい女の子。
新しいクラスも苦手な奴ばっかりだ。
こんなことで、1年間を乗り切れるのだろうか。
自分は、運河と海に囲まれたこの埋め立て地から一生抜け出せないのではないだろうか。

――――――――――――――――――――――――――

本作品「エヴリシング・フロウズ」は、2009年「ポトスライスの舟」で第140回芥川賞を受賞された津村記久子さん原作のラジオドラマです。
エンターテインメント色の強い番組である青春アドベンチャーでは、直木賞作家の作品を採用することが多く、直木賞受賞作自体を取り上げることも間々あります。
その一方で純文学の文学賞である芥川賞の受賞作家を取り上げることは少ないのですが、2016年に「雨にもまけず粗茶一服」で松村栄子さんを取り上げたのに続いて2年連続での芥川賞作家の起用になります。

さて、純文学の作家さんの作品らしく、本作品はまさに少年の日常を取り上げた作品です。
正直、私はこういった日常生活を描いたラジオドラマが苦手です。
「化学調味料」でもいいのでガツンとスパイスが効いた作品を聴きたいんですよ。
その点、本作品の主人公であるヒロシは平凡な中学生で、これといって特別な出来事は起きない。
あえて言えば、母親の再婚騒動くらい………といいたいところですが、実は結構、いろいろと起きます(笑)。
まず第1週(前半)は何だか謎めいた口下手な同級生・矢澤を巡る話が中心。
付き合っている彼女を妊娠させて捨てたという噂のある矢澤ですが、ヒロシにはどうしても矢澤がそんな人間には見えない。
かといって積極的に矢澤に真相を尋ねたり、噂を打ち消すために自主的に行動を始めるような行動力を持ち合わせていないのがヒロシの特徴。
うじうじとしているヒロシの前でついに「事件」が起きます。
正直、序盤のオカンの再婚騒動のあたりは、辟易しながら聞いていましたが、話の中心が矢澤に移ってからは、「学校もの」の範疇ながらも、それなりにスリリング。
そういえば、本作品の演出の小島史敬さんは「バスパニック」、「バードケージ 一億円を使い切れ!」、「ヤっさん」など、うじうじした青少年を描くのがうまいんだよなあ。
それに、近年の青春アドベンチャーでは、「屋上デモクラシー」、「アグリーガール」や「逢沢りく」など、「学校もの」に佳作が多いことも思い出しました。
そして、前半最後に起こるクラスメートの女生徒・大土居に金属バットで襲われる事件を経て、その後は大土井の家庭の問題へのえ展開。
後半は幼児虐待やDVがテーマで、まるで「FMシアター」(NHK-FMで土曜日に放送してる単発ドラマ枠で現在的な問題を圧逢った地味な作品が多い)のようですが、主人公たちがまだ人生の先が長い中学生であることが原因か、あるいは最後の場面がコテコテトいっていいほどの「卒業」を象徴するシーンだったからか、FMシアターの作品とはずいぶん違った爽やかな視聴後感でした。
やっぱりいいよね、中学生。
まあこれからいろいろ「漂って」いかないといけなんだけどさ。

さて、本作品の主役の「ヒロシ」を演じるのは、お笑いコンビ「まえだまえだ」のボケ担当、前田旺志郎さんです。
そう若干7歳の時にお笑い番組「エンタの神様」に初登場した、あの「まえだまえだ」の「弟の方」です。
現在は16歳。
しかし、弱冠16歳の、しかも「お笑いの人」とは思えない、この安定した演技は何だ?
母親(オカン)役は、女優としてはベテランといってよい元ファッションモデルの川原亜矢子さん(青春アドベンチャーでは「プリンセス・トヨトミ」にご出演)なのですが、ほとんど対等に演じています。
それもそのはずで、前田さんは3歳のころから松竹芸能のタレントスクールに通い、「エンタの神様」出演前から子役としてCMやドラマなどに出演されていたとか。
なるほど納得です。
その他、実はある世界でかなりの有名人物である矢澤(演:松島海斗さん)、ヒロシが淡い好意を寄せるソフトボール部の野末(演:守殿愛生さん)、乱暴でがさつと思いきやいろいろな事情を抱える大土居(演:大出菜々子さん)、万事控えめだけど必要な場面ではしっかり主張する増田(演:古妻朋瑛さん)、進学した私立中学が馴染めないながら逞しく今後のことを考えている古野(演:中瀬優乃さん)と、準主役5人組は全員中学生(原作では「フジワラ」も主要登場人物のようですが、ラジオドラマでは出番は少ない)。
そのため、演じている役者の皆様も、あまり過剰な演技で盛り上げることはできないと思うのですが、各人のキャラクターがエキセントリックにならない範囲で個性的であること、物語の中でそれぞれの役割がきちんと割り振られているなどから、自然と聞きやすい作品になっていると感じました。
ちなみに、ヒロシを含めた6人組のほとんどが関西出身で、比較的実年齢に近いのは、さすがにNHKらしいところです(年齢は違いますが川原亜矢子さんも大阪出身)。

○ 田旺志郎(まえだ・おうしろう)さん : 大阪府出身、16歳
○ 島海斗(まつしま・かいと)さん : 東京都、17歳
○ 殿愛生(もりどの・まなせ)さん : 大阪府出身、14歳
○ 出菜々子(おおでななこ)さん : 京都府出身、17歳
○ 古妻朋瑛(こつま・ともえ)さん : 不明(テアトルアカデミー大阪の所属なので恐らく関西)、16歳
○ 瀬優乃(なかせ・ゆうな)さん : 大阪府出身、16歳

しかしこの記事を作成するために検索してみると、女の子、みんなかわいいですな。

ちなみに、優しい音楽で作品の雰囲気づくりに多大な貢献をしている内山修作さんも大阪出身。
…って、内山修作さんって、あのゾンビゲームの名作「バイオハザード」の作曲家の内山修作さん
全然雰囲気の違う音楽やん。

何はともあれ、正直あまり期待していなかったのですが、意外と(?)おすすめの作品です。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。



□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

ネオ・ファウスト 原作:手塚治虫(ガラスの地球を救え~手塚治虫のラストメッセージ)

作品:ネオ・ファウスト
番組:FMシアター(特集「ガラスの地球を救え~手塚治虫のラストメッセージ」)
格付:B-
分類:幻想(日本)
初出:2000年12月28日~12月29日(全2回)
原作:手塚治虫
脚色:富永智紀
演出:吉田努
主演:林泰文

本ラジオドラマ「ネオ・ファウスト」は、2000年の年末にNHK-FMにて90分ずつ二晩にわたって放送された特番「ガラスの地球を救え~手塚治虫のラストメッセージ」内で放送されたラジオドラマです。
この「ガラスの地球を救え」という番組は、俳優の中井貴一さんをナビゲーターに手塚治虫さんの生前の肉声で構成されたパートと、手塚治虫さん原作のラジオドラマ「ネオ・ファウスト」のパートに分かれていたようです。
今回紹介するラジオドラマはこのうち後者の部分であり、この2日間、それぞれ90分の放送時間のうち約50分を使って放送されました。
なお、後日、2002年には「特集オーディオドラマ」の枠で90分×1回で再放送しています。
ちなみに、私は前者を聞いたことがないのですが、勝田久さん(「鉄腕アトム」のお茶の水博士役で有名)や大塚明夫さん(1993年以降ブラック・ジャック役を一貫して担当)も出演されていたようです。
どのような内容だったか興味深いですね。

さて、手塚治虫さんについては今更、解説する必要はないでしょう。
「マンガの神様」にして「テレビアニメーションの父」。
異常な情熱と仕事量で漫画とアニメを作り続けた手塚さんは、その後進への影響力も含めて、「現代日本のカタチ」を作った一人であるというのは間違いないところでしょう。
まさに手塚の前に手塚なく、手塚の後に手塚なし。
その手塚さんの最後の漫画が、「グリンゴ」と「ルートヴィヒ・B」、そしてこの「ネオ・ファウスト」です(いずれも未完の絶筆)。
ちなみに、同様に執筆途中で他界され、未完に終わった随筆集のタイトルが「ガラスの地球を救え」。
本作品はこの随筆集と同じタイトルを持つ特番の中で放送された絶筆の作品のラジオドラマ化ということになります。
作品のモチーフはタイトルどおり、文豪ゲーテの「ファウスト」。
手塚さんにとって「ファウスト」は特別の意味を持つ作品だったようで、生涯に3回も翻案の作品を作っています。
ちなみに手塚さんは免許を持つ医者であったことでも知られていますが、本作品は生命の根源や遺伝子工学などが重要な要素になっている作品です。
「プラスミド」(細胞内で複製され娘細胞に分配される染色体以外のDNAの総称)などという言葉が自然と出てくるあたりも手塚さんらしい作品といえると思います。

さてファウストの話に戻しますと、「ファウスト」と「ネオ・ファウスト」は、作品の舞台や登場人物は全く異なりますが、「悪魔との契約」、「快楽の追求」、「愛した女性による子殺し」など様々な要素が「ファウスト」第1部からの翻案です。
主人公は大学教授である「一ノ関」。
彼がメフィストフェレス(作中では「メフィスト」と略されることが多い)と契約し、宇宙の真理と生命の根源を追求し、ついでに快楽を極めるために1969年に時を遡るところから物語がスタートします。
時間遡行をした先で若い体を手に入れた一ノ関教授ですが、その際にすべての記憶を失ってしまいます(記憶を失うことをちゃんと一ノ関に伝えていないのはメフィストの悪意なのか?)。
そして、その時代で出会った成金・坂根第造(さかね・だいぞう)に気に入られた一ノ関は、「坂根第一」(さかね・だいいち)という名をもらい、新しい人生を生き始めるのですが…
これ以上は、やはり原作またはラジオドラマを聴いていただく方がよいと思います。
原作が絶筆であるだけあって、残念ながらこの作品も中途半端なところで終わります。
一応、「ガラスの地球を救え」という番組にあわせて環境問題とのつながりを終盤に持ってきてはいるのですが、「ネオ・ファウスト」の最大のテーマが環境問題だったとも思えず、「手塚治虫のラストメッセージ」として「ネオ・ファウスト」を持ってくるのは少し強引だったようにも感じました。
ただ、作家・長谷川つとむさんによれば、手塚さんの構想ではその後「ネオ・ファウスト」は地球環境に絡む大きな展開を見せる予定だったそうです。
確かに「ネオ・ファウスト」は第2部の序盤で途切れているのですが、「ファウスト」第2部と対になるのであれば、「ネオ・ファウスト」第2部はさらにおおきな展開を見せていたはずです。
この時点での絶筆は本当に残念です。

さて、主人公の「坂根第一」(若返った後)を演じたのは俳優の林泰文さん。
大林宣彦監督作品の常連出演者さんですね。
ちなみに、若返る前の「一ノ関教授」(老人)は明石良さんが演じています。
また、準主演といってよい女悪魔・メフィストを演じたのは女優の白島靖代さん。
この林・白島の組み合わせは本作品の約2年前に制作された青春アドベンチャー「蒲生邸事件」の主演コンビでもあります。
本作品での白島さんの演技は少し感情的に過ぎてメフィストの小物感が際立ってしまったように感じられ、個人的には「蒲生邸事件」の時の上品な役の方が好きではあります。
その他では、第一の恋人の高田まり子役の増田未亜さん(「ふたり」や「分身」など)、「よっしゃよっしゃ」が口癖(田中角栄か?)の坂根第造役の納谷悟朗さんあたりが主要キャストです。
そしてナレーションを担当したのは、「笑ゥセールスマン」の喪黒福造や、「ハクション大魔王」が懐かしい大御所声優・大平透さん。
この記事を書くにあたって確認したのですが、大平さんも2016年4月に亡くなられているんですね…

さてさて、大御所・手塚治虫さんの最後の作品を原作として制作されたこのドラマ。
50分×2回の長めの枠、「スピリット・リング」・「DIVE!!」など名作の多い吉田努さんの演出、劇伴に慣れた長谷部徹さんの音楽(青春アドベンチャーでは「夏の魔術」、「垂直の記憶」など)など有利な点はあるのですが…
正直、ラジオドラマとしての出来は平凡。
論評の難しい出来だった「やけっぱちのマリア」(やはり手塚治虫さん原作)といい、漫画のラジオドラマ化はなかなか難しいと思わざるを得ません。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

前のページ 次のページ

FC2Ad