青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

防潮門 原作:アリステア・マクリーン(アドベンチャーロード)

作品:防潮門
番組:アドベンチャーロード
格付:A-
分類:サスペンス
初出:1988年11月21日~12月2日(全10回)
原作:アリステア・マクリーン
脚色:田辺まもる
演出:伊藤豊英
主演:東野英心

それはひとつの英語のメッセージから始まった。
「我々はFFF(エフエフエフ)である。
我々は北海に臨む堤防の要衝を爆破する用意がある。
第一の目標はスキポール空港。
洪水は明日11時に起こることを予告する。」
テロリストはオランダという国全体を人質としようというのだ。
国土の3分の1が海抜ゼロ0m以下というオランダを。

――――――――――――――――――――――――――

「世界は神が作ったが、オランダはオランダ人が作った」
本作品「防潮門」を聞いたときに最初に連想したのがこの言葉です。
誰が言い出したのか知りませんが、この言葉ほどオランダの国土を的確に表している表現はないでしょう。
そもそもオランダの正式名称である「Nederland」(ネーデルランド)自体が、「低地」という意味なのですが、それにしても国土の20%以上がオランダ人自らが干拓事業によって作り出した土地であり、30%以上が海面より低いということは驚くべき事実です。
また、オランダといえば風車が有名ですが、あの風車は小麦を製粉するためのものでも、ましては風力発電のためのものでもなく、単に水を汲みだすためのもの。
つまり、不断に水を汲みだし続けないとオランダという国は水没・消滅する運命にあるわけです。
いきなり脱線気味ですが、脱線ついでに言うと、ニューヨークの地下鉄も常に出水が続いており、ポンプアップを止めるとすぐに水没すると聞いたことがあります。
また、東京東部には広大な、いわゆる「0m地帯」が広がっているわけですが、これは水溶性の天然ガスを採取するために、地下水をくみ出しつづけた結果、地盤沈下したものだとのこと(東京東部の地下に日本最大のガス田「南関東ガス田」があるということは意外と知られていない)。
人間の欲求や生存本能というものは恐ろしいものです。

さて、この「オランダの存続にとって必要不可欠な堤防を人質にする」という一発ネタにすべてをかけた作品が、この「防潮門」です。
主人公はアムステルダム市警のエッフェン警部。
「警部」といっても彼は普通の警察官ではなく、テロリスト対策の特別捜査官。
その職業ゆえに過去、妻と子をテロリストに爆殺された過去を持っています。
彼はFFFの犯行を受け、即座に自ら潜入捜査を開始。
自分で自分の顔に火傷を付け、「指名手配の爆発専門家」に扮して犯人たちへの接触を図っていきます。
得意なのは推理ではなく行動、というタイプですので、ち密な計算はなくとも出たとこ勝負でどんどん進んでいきます。
警察官でありながらテロリストの信用を得るために王宮を爆破しちゃうあたり、「暗殺のソロ」のモーガン大佐に勝るとも劣らない暴走ぶりです。
この辺のストーリーの大雑把さ(一応、警官なのに…)は、本作品の魅力でもあり、逆にアラだともいえましょう。
このエッフェン警部の暴走ぶりにつられるように、上司である本部長のド・フラーフ大佐(演:柳生博さん)も、叫ぶ、愚痴る、狼狽する!
この辺も「暗殺のソロ」のファーガスン准将に似た感じです。
それにしてもこのド・フラーフ大佐、警察組織の人間なのに、なぜ「大佐」という軍事組織の階級なのでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃいましたら是非ご教示ください。

一方、ヒロインは女潜入捜査官でありながら実は財閥の令嬢という、属性盛り過ぎのアンネ・マリー。
オーバースペック気味の割には活躍の場は少ないアンネ・マリーですが、声はかわいらしく、いかにもヒロインっぽい感じです。
演じたのは女優の野口早苗さんなのですが、一方のエッフェン警部を演じるのが東野英心さんであるため、正直言って、カップルとしてつり合いが取れていません。
「美女と野獣」? というか「少女とおじさん」?
エッフェン警部、ひょっとしたら原作ではもう少し若いキャラクターなのかもしれません。
ただ、東野英心さんの声を聴くと、つい「あばれはっちゃく」の「父ちゃん情けなくて涙が出てくらぁ」を思い出してしまう世代としては、エッフェン警部をアンネ・マリーの「白馬の王子さま」と呼ぶのは無理があると感じざるを得ません。
やっぱり東野さんは「CF愚連隊」の熊沢(=ギャンブル大好きおじさん)の方があっている感じがします。

スタッフは、脚色:田辺まもるさん、演出:伊藤豊英さんのコンビ。
再三引き合いに出した「暗殺のソロ」と同じコンビであり、実質的なこのドラマ枠の第1作である「無頼船長トラップ」のコンビでもあります。
なお、原作者のアリステア・マクリーンは冒険小説で知られた英国(スコットランド)の小説家で、「ナヴァロンの要塞」が有名です。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

今年もやります、青春アドベンチャー・FMシアター人気投票。でもなかなか良い無料アンケートサイトがない…

みなさま、こんにちは。
久しぶりの雑談記事です。

このブログでは2015年末、2016年末と2年連続で、青春アドベンチャーとFMシアター(特集オーディオドラマを含む)の人気投票を実施しました。

2015年青春アドベンチャー人気投票結果
2015年FMシアター・特集オーディオドラマ人気投票結果
2016年青春アドベンチャー人気投票結果
2016年FMシアター・特集オーディオドラマ人気投票結果

皆様の期待に応えられる企画だったかは定かではないのですが、幸い青春アドベンチャーでは65名、FMシアターでは16名(ともに2016年)の方にご協力いただき、無事に実施することができました。
その節はありがとうございました。

今年も是非同じような企画を実施したいと思って、前回投票に使った以下のサービスにアクセスしたのですが、なんと2018年1月10日をもってサービスを終了するとのこと!

【外部サイト】Mr.アンケート:http://www.smaster.jp/Index.aspx


実は最初に実施した2015年は以下の別のアンケートサイトを使っていたのですが、2016年のアンケート開始直前に使えなくなったため、急遽「Mr.アンケート」さんに移籍した経緯があります。

【外部サイト】アンケートツクレール:http://enq-maker.com(もうつながりません)

2年連続で使えなくなるなんて、随分とがっかりです。
この手のサイトって流行らなくなっているのでしょうか…
代わりを探してみたのですが、どのサービスも私が望んでいる機能にはちょっと足りない。
高機能を求めているわけではなく、以下の5条件さえクリアすれば十分なのですが…

------------------------------

①作品数だけ選択肢が作れる。
FMシアター・特集オーディオドラマの作品数が年間40以上あるので、それ以上の選択肢が作れる必要があります。
「CubeQuery」はこれがクリアできませんでした。

②重複回答できないようにする。
IPで弾く仕組みを導入しても、本気になれば一人複数回投票はそれほど難しくはないと思います。
でも一応、できない仕組みにしておきたいものです。
「Googleフォーム」はこれができなさそう。

③投票内容をCSVでダウンロードできる
毎年、集計結果をレポートにしてNHKさんに送っています。
そのためにもCSVでダウンロードできると便利なんです。
「Questant」さんは無料ではこの機能が付いていませんでした。

④簡単につくれる
あまり時間をかけていられませんので…
「DIPSurvey-Free」の使用も考えましたが、あまりに本格的で手間がかかり過ぎます。

⑤無料である
すみません、お金まではかけられません…

------------------------------

ということで悩んだ挙句、③は我慢することとして「Questant」さんを利用することとしました。
つくってみると作成は簡単だし、順位付けもできるし、とても好感触。
回答データはコピペでエクセル化します…

もうひとつの「Questant」さん(無料)の欠点は100票までしか集計できないこと。
昨年の投票数を見れば100票で十分対応できそうではありますが、この制限が気になるくらいたくさんの投票が集まるといいなあとも思っています。

なにはともあれ、投票開始は青春アドベンチャーの年内放送が終わった翌日を考えています。
最初は「クリスマスの幽霊」の放送終了後の12月23日スタートと考えていたのですが、公式ホームページをみるともう1作品ありそうですので、12月30日になってしまうかもしれません。
昨年、投票期間が短いとのご意見もありましたので、投票期間は少し長くして1か月程度は取りたいと思います。
また時期が近くなりましたら告知いたしますので、今年も是非ともご協力のほどよろしくお願いいたします。

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:Webサービス - ジャンル:コンピュータ

前のページ 次のページ

FC2Ad