青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

スカラムーシュ 原作:ラファエル・サバティーニ(青春アドベンチャー)

作品:スカラムーシュ
番組:青春アドベンチャー
格付:AA
分類:歴史時代
初出:2009年8月24日~9月11日(全15回)
原作:ラファエル・サバティーニ
脚色:小野田俊樹
演出:江澤俊彦
主演:渡辺大

フランス革命前夜。
大貴族ラ・トゥール・ダジル侯爵に親友を殺された青年弁護士アンドレ・ルイ・モローは、侯爵に対する復讐を誓う。
しかし、折からの革命騒ぎに巻き込まれた結果、騒乱罪の汚名を着せられ、追われる身となってしまった。
恋と芝居と革命と剣とともに、変転の日々を送るアンドレ。
一方、ダジル侯爵の運命もまた、フランス革命により様々に変転していき、やがて二人は直接対決の時を迎えることになる。
貴族に育てられた身でありながら民衆の側に立ったアンドレ。
しかし、同時にアンドレは貴族社会とのしがらみも完全に捨て去ることはできない。
「僕はお芝居でいえばヒーローでもヒールでもない。スカラムーシュなのです。いざという時には逃げ腰になる道化役スカラムーシュ。でも実は策略家で、敵に隙があれば反撃に転じることもあるスカラムーシュなのです。」

------------------

フランス革命前夜からフランス革命前半の時期を舞台にした冒険活劇です。
前半は旅芝居、後半は剣術を中心とした内容であり、全体の背景としてフランス革命が密接に関係しています。
青春アドベンチャーには中世から近代のヨーロッパを舞台にした冒険作品がかなり多く放送されています。
例えば「モンテ・クリスト伯」、「アドリア海の復讐」、「三銃士」、「仮想の騎士」、(少しヨーロッパをはみ出しますが…)「ジャガーになった男」などで、広い意味では「海賊モア船長の遍歴」や「レディ・パイレーツ」などの海賊ものも含まれます。
フランス革命期だけに限っても「紅はこべ」、「ベルサイユのばら外伝」などがあり、本作はその系列に連なる最新の作品です。
横道にそれますが、この人気ジャンルのラインナップに、佐藤賢一さんの「二人のガスコン」を加えてはいかがかというのが、この記事の内容でした。

「スカラムーシュ」という言葉は日本人には馴染みがないのですが、ストーリーに旅劇団を絡ませつつ、アンドレの立場とイタリア喜劇における道化「スカラムーシュ」とを重ね合わせて描いていく構成なのでとても分かりやすいです。
当初は侮蔑又は自嘲のための言葉として使われていた「スカラムーシュ」という言葉ですが、徐々にアンドレが自らを既定する積極的な言葉として使われるようになっていきます。
本作は全15話という比較的長目の枠が設定されていますが、ぐいぐいと物語が進み長さを感じさせない作品です。
ただ、物語のラストは少し唐突であっけないと感じました。

また、本作の「音」関係についてですが、テーマ曲はクラシック調な重厚なもので劇的な雰囲気がよくでています。
一方、少しだけ気になったのがナレーションの多さ。
アクション作品の場合は、一般的には極力ナレーションを減らして効果音で状況を描写した方がスピード感が出ると思います。
とはいえ、本作のナレーションを担当された大橋吾郎さんの声は、正宗一成さんを彷彿とさせる、と言ったら言い過ぎかも知れませんが、低音でとても渋いので、物語の邪魔にはならず、それほど気にはなりませんでした。

大橋さん以外の出演陣では、主役のアンドレ・ルイ・モロー役は俳優の渡辺大さん。
渡辺謙さんの息子さん、と書かれるのは本人にとって不本意なのかな。
いかにもアンドレらしい声の方で適役だと感じました。
ちなみに父親の渡辺謙さんはFMシアター枠ですが「大黒屋光太夫」に主演されています。
一方、自らの正義を貫こうとするダジル侯爵役は、「帝都物語」の魔人・加藤保憲役で一躍有名になった嶋田久作さん。
本作でも、宿敵であるダジル侯爵を不気味な声で演じており雰囲気たっぷりです。
ちなみに以下のURLはご本人のブログの一部で収録時のことを書いてものです。
ラジオドラマと舞台との比較など興味深い内容です。

↓(外部リンク:嶋田久作さんのブログ)
http://9saku.blog102.fc2.com/blog-entry-239.html
http://9saku.blog102.fc2.com/blog-entry-240.html

ヒロインのアリーナ役はグラビアアイドルの磯山さやかさん。
青春アドベンチャー系列の番組で時々見られる、妙にミーハーな配役ですが、青春アドベンチャーの場合、基本的にグラビアアイドルさんでも極端に下手な方は採用されないので、安心して可憐な声を堪能できます。
その他、アンドレの育ての親であるケルカデュー侯爵役に俳優の永島敏行さん、なにかとアンドレを気に掛けてくれる母親的な立場のプルガステル夫人役に女優の宮崎美子さんと、脇役が妙に豪華であるもの青春アドベンチャーらしいところです。
宮崎さんは若い頃はアイドル扱いだったわけですが、NHKの「サラリーマンNEO」などとみているとすっかり演技派の女優さんになったと感じます。





★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/93-543e3edb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad