青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

窓辺には夜の歌 原作:田中芳樹(青春アドベンチャー)

作品:窓辺には夜の歌
番組:青春アドベンチャー
格付:B
分類:幻想(日本)
初出:2001年9月3日~9月14日(10回)
原作:田中芳樹
脚色:佐藤ひろみ
演出:松本順

10月の最後の日。
St.ルカス大学の学園祭にて、大学1年生の耕平と14歳の来夢、そして北本老人は再会した。
夏の日の、あの洋館での冒険から2カ月。
3人はそれぞれに日常生活へと戻っていた。
再開を祝す三人。
しかし、人気急上昇中のシンガーソングライター・小田切亜弓の学園祭コンサートを期に、現世は再び異世界へと変貌を遂げるのだった。

------------------

1997年に放送された「夏の魔術」の続編です。ちなみに本作品の放送期間中にアメリカ同時多発テロが発生しています。
前作の最後で、狂気に支配された首謀者と対決したうえで、ようやく日常生活へと復帰した3人ですが、耕平や北本老人の母校であるSt.ルカス大学で、再び、魔術に関連する事件に巻き込まれていきます。
前作は不気味な蒸気機関車により連れ去られた謎の洋館が舞台でしたが、本作では都心の大学や遊園地、それに新宿・池袋などに怪物が出現し一般人が巻き込まれるという、よりスケールの大きな展開になっています。
スケールの大きい作品にはなったのですが…
もともと前作もそれほど恐怖感を前面に出した作品ではありませんでしたが、本作は前作以上にホラー要素が薄くなっており、はっきりいって聴いていて怖くなるような箇所は全くありません。
前作は「オフィート」(拝蛇教)という要素を魔術的な雰囲気を出す小道具として効果的に使っていましたが、本作ではこれを掘り下げるような展開もなく、ちょっと肩透かしです。
前作であった謎解きの要素もありません。
また、前作の事件の首謀者は狂気に犯されているとはいえ、その悲しみに共感できる要素もあったのですが、今回の首謀者は独善的というか、はっきり言って気持ち悪いだけというか、どうにも感情移入できません。
更にどういうわけか「夏の魔術」では結構頻繁に見られたスパイスの効いた田中節も影を潜めています。
ちなみに、「夏の魔術」以前にラジオドラマ化された「西風の戦記」や「カルパチア綺想曲」もいかにも田中さんらしい辛辣なセリフが多かったのですが。
冒険活劇としてはスケールも大きいですし、前作の登場人物たちのその後がわかって楽しい作品です。
ただし、冒険といっても耕平と来夢が不思議な世界を旅する話で現実感は希薄ですし、恐怖感も感じず、謎解き要素もなく、SF的な非理屈もなくなっているため、本作のジャンルは前作の「ホラー」ではなく「幻想(日本)」にしました(ジャンル区分についてはこちらの記事を参照してください)。

ちなみに本作の原作は「夏の魔術」にはじまり、「白い迷宮」・「春の魔術」へと続く4部作の2作目の位置づけです。
本記事を書くにあたり全巻読みました。
本作のラジオドラマ化は2013年2月現在、この2作目でとまっているのですが、続編がどうしても聞きたいか問われると微妙なのが正直なところです。
原作を読んだ感想としてはこの2作目が最もピンと来ない作品で、「白い迷宮」・「春の魔術」は比較的楽しめる内容ではありました。
しかし、上記でも書いた「気持ち悪さ」に関係する要素が3作目以降は増幅されています。
特に3作目以降はその要素が敵方だけでなく、主人公の耕平にも感じられるのが、どうしても気になりました。
確かに10年後には気にならなくなることかも知れませんが、少なくとも作品時点は10年後ではありません…
ヤンははじめてあったときのフレデリカをそういう目では見ていなかったと思うのです(銀河英雄伝説ネタです。ご存じない方、すみません)。

出演者については、メインキャスト3人組、耕平役の尾崎右宗さん、来夢役の篠原恵美さん、北本老人役は永井一郎さんは前作と変わらず。
作品内容が個人的な趣味にあっていたかはともかく、おなじみのメンバーがおなじみの声で聞けるのは嬉しいものです。
その他、前作では3人組と一緒に事件に巻き込まれたその他の4人の乗客たちの言動もまた面白かったのですが、今回はそれに該当する人たちはいません。
この辺もちょっと物足りなかった原因かもしれません。

【田中芳樹原作の他の作品】
西風の戦記
月蝕島の魔物
髑髏城の花嫁
カルパチア綺想曲
夏の魔術【本作の前日譚】
バルト海の復讐



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。
関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/86-859e1de4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad