青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

やけっぱちのマリア 原作:手塚治虫(青春アドベンチャー)

作品:やけっぱちのマリア
番組:青春アドベンチャー
格付:C+
分類:幻想(日本)
初出:2012年12月10日~12月21日(10回)
原作:手塚治虫
脚色:阿部美佳
演出:木村明広

中学生1年生の「焼野矢八」(やけのやはち=通称「やけっぱち」)は授業中はおとなしいが、授業が終わると敵対する不良グループ「タテヨコの会」と喧嘩ばかりの毎日である。
そんなやけっぱちがある日、口からエクトプラズマのような白い物体を「出産」してしまう。
白い物体は、やけっぱちの父親がつくった特製ラブドールに入るとマリアと名乗り人間の女の子と同じように動き始めてしまった。
親子として、そして恋人同士として、やけっぱちのマリアの奇妙な共同生活が始まった。

-------------------------

漫画の神様・手塚治虫さんの学園ラブコメディ?性教育漫画?のラジオドラマ化作品です。
青春アドベンチャー系の番組では時々、漫画原作の作品があるのですが、手塚治虫さんの原作作品は過去にほとんど例がなく、恐らくサウンド夢工房時代の「恐怖の館/日本現代編」の中の1編「鉄の旋律」だけだったのではないかと思います。
「ブラックジャック」や「鉄腕アトム」など日本の漫画史に燦然と輝く作品群を残された手塚さんです。
私も子供の頃、まだ手塚さんがこんなに著名な方だとは知らなかったころに手塚作品を乱読していて、「この作家さんははずれの少ない作家さんだなあ」などと、今思えばかなり不遜な感想を持った覚えがあります。
そのころ少ない小遣いで古本屋さんで買い集めた汚い「どろろ」は今でも大切な宝物です。

さて、本作ですが、今回ラジオドラマで聞くまで知らなかった作品でした。
聞いてみた感想ですが、正直、何とも形容が難しい作品でした。
永井豪さんの「ハレンチ学園」など、当時のどたばたエロ漫画は今になって再読してみるとどうにも理解しがたい部分があるのですが、この作品も当時の時代背景なしにはいまひとつ理解できない気がします。
制作陣の意図はこちらのホームページ(外部リンクです。ご注意ください)で書かれているのですが、個人的には当時の背景などの予備知識なしにこの作品でせつなくなったり、笑えたりするのはちょっと難しい気がしてなりません。
全10話という青春アドベンチャーの枠も、作品の雰囲気やテーマを上手く伝えるためには足かせになっていた気がします。
話はスピーディで毎回楽しく聞くことはできましたが、結局、何が言いたいのかよくわからないうちに終わってしまったというのが素直な感想です。

出演は、やけっぱち役が竹内順子さん、マリア役が前田希美さん。
中学生の男の子の役を女性の竹内さんが演じているわけですが、「NARUTO -ナルト-」のうずまきナルト役で有名な方ですので、演技に手抜かりはありません。
一方の前田さんは同じ青春アドベンチャーの「三匹のおっさん」でもヒロインを演じていましたが、本作では「三匹のおっさん」と違って高音全開のはっちゃけた演技です。
私は気になりませんでしたが、お二人ともアニメ的なややオーバーな演技ですので、人によっては好き嫌いが分かれるところかも知れません。




★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。
関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/73-d0df7a99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad