青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

さだまさしの自分症候群(カフェテラスのふたり)

作品:さだまさしの自分症候群
番組:カフェテラスのふたり
格付:B
分類:多ジャンル
初出:1986年5月19日~5月23日(全5回)
原作:さだまさし
脚色:湯本香樹実
演出:(不明)
主演:小林聡美、太川陽介

本作品「さだまさしの自分症候群」は、NHK-FMの「カフェテラスのふたり」という番組で1986年5月に放送された作品で、シンガーソングライターのさだまさしさんの原作・歌をもとにしたラジオドラマです。
この「自分症候群」というタイトルは、本作品の前年に大ヒットした、さださんのシングル「恋愛症候群」(性格には「恋愛症候群-その発病及び傾向と対策に関する一考察-」)に乗っかったものだと思います。
ちなみに、本作品の2か月後には、本作品の続編ともいえる「さだまさしの青春症候群」が放送されています。

さて、さだまさしさんといえば、ご存知のとおり1970年代・1980年代に大人気だったシンガーソングライターで、「精霊流し」、「関白宣言」、「親父の一番長い日」、「北の国から~遥かなる大地より~」、「恋愛症候群」など数々の名曲を世に送り出しています。
抒情的な詩の印象が強いさださんですが、一方で「恋愛症候群」などコミカルな作品もあり、学生時代、落語研究会に所属していたというのも、頷ける話です。
いずれにしろ、さださんの魅力はもちろんメロディラインにもあるのですが、それと同程度に歌詞(さださん流にいうと「歌詩」)にもあります。
後に、「精霊流し」、「眉山」など、TVドラマや映画で大ヒットした作品の原作小説を手掛けることになるさださんですが、歌詩にしろ小説にしろ、もともと言葉による表現に並々ならぬ関心があったものと思われます。
本作品の原作も、前年の1985年に発刊された、さださんによる同名の短編小説&エッセイ集なのですが、これは実はさださんのオリジナル・アルバム「自分症候群」と同時発売されたものです。
この時期、まだ、さださんは一般的には小説家として認知されていなかったものの、すでに歌手であり小説家であるというハイブリッドな活動をスタートさせていたと言えると思います。

さて、「カフェテラスのふたり」は1回10分の番組でした。
本作品は5回構成でしたので、1話完結の作品が5話放送されたことになります。
原作小説を読んだことがないので原作のすべてをラジオドラマ化されたかどうかはわからないのですが、もととなったオリジナルアルバムに収録されていた12の楽曲タイトルのうち、「8つ目の青春」、「Final Count Down」、「上海小夜曲」、「長崎BREEZE」、「草枕」、「夢一匁」、「もーひとつの恋愛症候群」を除いた5タイトルが作品になっています。
いずれも人生のあるシーンを描いた作品ですが、さださんらしいユーモアも溢れています。
個人的にはラジオドラマにオムニバス作品はあまり期待していないのですが、この「自分症候群」はひと作品ひと作品、なかなか好感が持てる作品でした。
各話のタイトル、ジャンル、格付け、粗筋、一言は以下のとおりです。

話数 タイトル ジャンル 格付け 粗筋 一言
1 風が伝えた愛の唄 幻想(日本) A 「最初の名はアダム」そんなフレーズが何故か頭に浮かんだ… 生れ変りを題材にしたよくあるストーリーなのに悪くない。言葉の使い方が上手いからか。
2 Bye Bye Blue Bird 幻想(日本) B 世界中の「幸福学者」が日本に集まった。果たして幸福とは何なのか。議論が始まった。 各属性に、いかにもな説明を付けていく「恋愛症候群」的構成。日本代表の行動が?
3 沈吟(ピアニッシモ) 恋愛 B- 財布に余裕もないのに参加してしまったテニスサークルの合宿。練習試合が始まったが。 ごく短い時間を舞台にした、わずかな心の動きを題材にした歌のような作品。
4 サイボーグ・サイボーグ 幻想(日本) B 酔った部下が変なことを言い出した。声を出す自動販売機に惚れているだと? 素っ頓狂な話だが、ラストはどこか切ない。
5 ねこ背のたぬき コメディ B- 「昔のことは言わないで。」バーで飲む男女。何やら浅からぬ因縁があるようだが… ハンカチで鼻をかむ、大きなゲップなど下品。でもこれは伏線で最後にオチがある。

さて、本作品の出演者は小林聡美さんと太川陽介さん。
「カフェテラスのふたり」という番組名のとおり出演者は基本的にお二人だけです。
小林聡美さんは、一時期、NHK-FMのラジオドラマに結構出演されいました。 すでに紹介済みの「カフェテラスのふたり」の作品の中では「ザ・素ちゃんズ・ワールド」と「星へ行く船」にも出演されています。
このうち「ザ・素ちゃんズ・ワールド」については、本作品と同様に太川陽介さんとのセット出演でした。

また、太川さんは第4話で課長と部下の両方を演じ分けられていたのはなかなか見事です。
そういえば、太川陽介さんと言えば最近、テレビ東京の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」で再ブレイクしましたが、この人気シリーズからは2017年1月放送の第25弾で卒業されました。
楽しみにしていたので残念ですが、相棒の蛭子能収さんが69歳ということを考えると、あの過酷な旅ではやむを得ないところだと思います。

なお、実はさだまさしさんご自身も本作品にちょっとだけ出演されています。
各回冒頭の僅かな時間ですが、留守番電話の応対メッセージという演出で、エッセーっぽい一言を語られています。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/618-9ef49e34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad