青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

私の告白 作:さわだみきお他(青春アドベンチャー)

作品:私の告白
番組:青春アドベンチャー
格付:B-
分類:多ジャンル
初出:2002年2月18日~3月8日(全10回)
作 :(下表のとおり)
演出:濱田裕之、田中健二
主演:中江有里、松田洋治

1996年から2003年まで毎年1作品ずつ制作されていた、NHK名古屋局による脚本家競作のオムニバスラジオドラマシリーズ。
通称、「10人作家シリーズ」と呼ばれるこのシリーズの第7弾が、本作品「私の告白」でした。
「10人作家シリーズ」と言えば「難解・地味・沈鬱」が特徴です。
各回のテーマを見ても「夢」、「記憶」、「嘘」、「悪戯」など、如何にもなものが並びますが、そんな中では本作品は「告白」という暗くなりがちな共通テーマが設定されている割には、いつになく明るい雰囲気の作品になっています。
その最大の原因は、やはり主演を務める中江有里さん、松田洋治さんのフレッシュな声でしょう。
中江有里さんは、21歳の時に1995年下期のNHK連続テレビ小説「走らんか!」でヒロイン(この作品は通常の朝ドラと違って男性が主人公だったため)を務められた方です。
本作品放送時点では28歳ですが、なかなか若々しくてかわいい演技です。
実は、この年、中江さんはNHK大阪放送局主催の「BKラジオドラマ脚本懸賞」で入選し、脚本家としても活躍されることになります。
後に青春アドベンチャーでも「不思議屋不動産」、「インテリア・ライフ」、「神南の母(ママ)の備忘録(メモワール)」に脚本を提供しています。
青春アドベンチャーで、主演女優と脚本家の双方を務めたことがある方は、中江さんの他には、「アナスタシア・シンドローム」などで主演、「優しすぎて怖い」などで脚色を担当した前田悠衣(前田真里さん)さんだけでしょう。

一方の松田洋治さんもNHK-FMのラジオドラマでは超常連だった方。
本作品の前年にはウォーリー木下さん脚本の「645~大化の改新青春記~」にも主演されています。
あまりに常連過ぎたため、2015年の特番「今日は一日ラジオドラマ三昧」のMCを任されるほどでした。
「今日は一日ラジオドラマ三昧」を聞いて驚いたのですが、松田さんの声は今でも十分に若々しい。
「風の谷のナウシカ」のアスベルや「もののけ姫」のアシタカの印象が強烈なこともあり、今でも少年役が務まりそうです。
なお、この二人が主役格ですが、特に後半は中江さんメインの作品が多いように感じました。

さて、全10回の各回のタイトルと概要は以下のとおりです。
各回ごとに完結したストーリー10本で構成されています。


話数 タイトル 作者 ジャンル 格付け 粗筋 一言
1 ミセス納豆 さわだみきお コメディ C 数々の大会で準ミスに輝いた美女の妻が、またミスコンに出たいと言い出したのだが。 ディストピアSFなのか単なるコメディか?小ネタが多くてとっ散らかった印象の作品。
2 ウーマン 原田明実 サスペンス B 娘を迎えに行く車で接触事故を起こした母親。見知らぬ男が乗り込んできたのだが。 松田さんのチャラい演技がなかなかgood。結末が曖昧なのが残念。
3 幻燈ワルツ 山内将史 幻想(日本) C 哀愁漂う場末の芝居小屋。旅芝居の看板役者が語り出す。 役者の物語か登場人物の物語か。罰を受けたのか救われたのか。よく分からない。
4 いつまでも手を振る人 大道珠貴 幻想(日本) C 28にもなると私の周りは敵だらけ。さようならはきっぱり一言でいい。 後の芥川賞作家・大道珠貴さんの脚本。うーん、純文学。
5 机上の告白 はせひろいち 日常 B 「ハマダ」という架空の中堅小説家が依頼を受けて書いた脚本の名は「机上の告白」。 この作品自体をネタにしたような作品。残念ながらオチはちょっと弱い。
6 やわらかい金貨 二木美希子 日常 C+ 夜の街をうろつく女子校生をつかまえたが、逆に質問攻めにあってしまった女。 不妊治療でいらいらした女性の話。とても今日的なテーマだがあまり面白くはない。
7 定規 伊佐治弥生 恋愛 B 不倫旅行にやって来た男女。女はなぜか定規を持っている。 恋愛というよりか不倫の話し。というかほとんど単なる痴話喧嘩。ただ印象には残る。
8 暇つぶし 田島秀樹 サスペンス愛 B- 無線で話す男女。女はなぜかタクシーの中から話している。男はどこから? おしい。もう一工夫で面白くなりそうなのだが、平凡なラスト。
9 私はサクラ 神谷千加子 恋愛 B 郊外の寂れた商店街。居酒屋兼イタリア料理屋で、なぜ女はサクラをかって出るのか。 中江さんの高熱でぶっちゃけて話す演技、そして泣く演技がかわいい。
10 レインブルー 土肥陽子 日常 B- 雨の日、最後に残った一本の傘を譲り合った男女。ホテルで再び運命が交錯する。 細かいストーリーが分かりづらい。それにしても結局彼女はどう告白するのか。

各回の最後に次回のタイトルを読み上げるのは、このようなオムニバス作品ではありだと思います。

【10人作家シリーズ(名古屋脚本家競作シリーズ)作品一覧】
その難解さとアンニョイさで青春アドベンチャーでも異彩を放つ、名古屋局制作のオムニバス作品シリーズの一覧は、こちらです。
本作品以外の作品の記事もご覧ください。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/565-a175a7ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad