青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

晴れたらいいね 原作:藤岡陽子(青春アドベンチャー)

作品:晴れたらいいね
番組:青春アドベンチャー
格付:AA
分類:タイムスリップ
初出:2016年2月29日~3月11日(全10回)
原作:藤岡陽子
脚色:山谷典子
演出:藤井靖
主演:原田樹里

それは昏睡を続ける95歳の患者、雪野サエの病室に着いた時のことだった。
突然の地震。
慌てた24歳の看護師・高橋紗穂(たかはし・さほ)が気が付くと、そこは太平洋戦争中のフィリピン・マニラだった。
驚く紗穂だが、自分の体が自分のものではなく、若き日の従軍看護婦・雪野サエの体であることにも驚く。
これは悪夢か。
でも、夢にしては覚める気配がない。
まさかタイムスリップ
とにかく、日々を生き抜くために、「紗穂」は「サエ」として生活を始めるのだが…

―――――――――――――――――――

このラジオドラマ「晴れたらいいね」は、藤岡陽子さんによる同名の小説を原作とする作品です。
原作者の藤岡さんは元報知新聞の記者だそうですが、同時に看護師資格も持っていらっしゃるそうです。
「戦争」+「看護師(看護婦)」という組み合わせは、まさに藤岡さんのバックボーンを踏まえた作品だとわかります。

なお、DREAMS COME TRUEさんの有名なポップス「晴れたらいいね」とは関係ありません…といいたいところだったのですが、実は全く関係なくもなく…
この辺は、実際に聴いての(読んでの)お楽しみです。

さて、青春アドベンチャーではすでに数々のタイムスリップものが放送されています。
近年の作品だけでも、過去に行く形の「ニコイナ食堂」や逆に未来に行く「スペース・マシン」など。
記憶を持ったまま人生を繰り返す(タイムリープ)ものとしては「リテイク・シックスティーン」(←本当にリプレイしているかは微妙ですが)ありますし、本作品と類似する、過去に存在した他人の体に入る形の作品としては「小袖日記」が印象的ですね。
調べてみると青春アドベンチャー四半世紀の歴史で、タイムスリップものは、この「晴れたらいいね」で17作品目になることがわかりました。
遡る時代を太平洋戦争期に限っても、「僕たちの戦争」、「珊瑚の島の夢」、「ほろびた国の旅」があります。
本作品は、他人の体に入るという点で「僕たちの戦争」と、南方が舞台という点と最初は自分が夢を見ているのだと思っていた点で「珊瑚の島の夢」と類似点があります。
さて、南方といえば、激戦が行われている、まさにその現場であり、戦局の悪化とともに、主人公の「紗穂」=「サエ」も過酷な撤退行を体験することになります。
彼女は従軍看護婦(もともとは日赤の看護婦だが軍属)としてフィリピンにいる設定ですので、自ら銃を持つことはありませんが、、これほど真面目に戦地の「リアル」を描いた作品は、青春アドベンチャーでは過去になったのではないかと思います。
いうまでもなくここでいう「リアル」とは「英雄的な活躍」とか「奇跡的な脱出」ではなく、「傷病者を置き去りにして自分たちだけ逃げてきた」とか「やっと捕まえたコオロギは貴重な栄養源」とか「服が汚れすぎて変な色になっている」とか「風呂に入れないので臭くて仕方がない」とか「栄養状態が悪すぎて月経がない」とかそういったリアルです。
それでもこの作品が過度に暗い話になっていないのは、やはり主人公の「紗穂」=「サエ」の現代っ子らしい明るい性格と、それを演じる原田樹里(はらだ・きり)さんの爽やかな演技のお蔭だと思います。
原田樹里さんは、演劇集団キャラメルボックスに所属し、「ひろくてすてきな宇宙じゃないか」、「カレッジ・オブ・ザ・ウイング」などでは主役も演じている代表的な女優さんのようです。
青春アドベンチャーでは過去には「髑髏城の花嫁」にも出演されていました。
青春アドベンチャーとキャラメルボックスとの縁は深く、上川隆也さん(「天使のリール」など)、大内厚雄さん(「エドモンたちの島」など)、細見大輔さん(「いまはむかし~竹取異聞」)、多田直人さん(「小惑星2162DSの冒険」など)、坂口理恵さん(「白狐魔記」など)など折々の作品に多くかかわってきました。
あたしの嫌いな私の声」や「サンタクロースが歌ってくれた」のようにキャラメルボックス色のとても強い作品もありました。

その他の登場人物としては、やはりサエの従軍看護婦仲間たちが中心になります。
たくさんいるはずの看護婦たちですが、徐々にドラマの進行は、サエの親友で大人しい藤原美津(演:ハマカワフミエさん)、お嬢様口調が特徴的な岩倉(演:深谷美歩さん)、台湾出身の進藤(演:今泉舞さん)あたりに絞られてきます。
これに、妙に考え方が柔軟でリベラルな佐治軍医(演:石橋徹郎さん。留学経験があるとか裏設定がありそう。それにしてもいつもながらいい声。)、頑固だが看護婦としての責任感がとても強い菅野婦長(演:石村みかさん)あたりを加えたのが主要キャストです。
音楽の川田瑠夏さんのツイートによれば、作中の歌は実際に看護婦役の演者さんたちが歌っていたとか。
実際、作品を象徴するとても良いシーンです。



音楽といえば、川田瑠夏さんは、青春アドベンチャーでも数少ない3作品もの劇伴を担当された(2016年3月時点)方です。
本作品でも、南條由起さん(公式ページはこちら←外部リンク)のヴァイオリン、ヴィオラの演奏を得てとても良い雰囲気をつくりだしています。

さて、冒頭に述べたように、本作品は一種のタイムスリップものですが、タイムスリップを生かした複雑な仕掛けがあるわけではなく、それを期待した方には期待外れの作品かもしれません。
しかし、タイムスリップという要素を使うことによって、作品中に現代人の視点を違和感なく持ちこむことができています。
これは逆に言うと歴史上の出来事を現代人の視点から断罪することにもなりかねないやり方ではあります。
しかし、作品中の時代の人物の口から現代的な批判を語らせるよりは、よほどフェアなやり方だと思います。
また、細かい話かもしれませんが、当時の人たちが持っていなかった概念を平気で話すことが、どうして違和感が感じられることもあります(「鷲の歌」における「自由」など)。
それを回避する意味でも、タイムスリップは良いやり方だと思います。

それにしても、美津や岩倉は新しい元号が「平成」に決まった時にどう思ったんでしょうね。




★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2016/03/18(金) 11:52:32 |
  • |
  • #

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/538-cf271fe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad