青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

「卯」の音も出ない! 作:藤井青銅(青春アドベンチャー)

作品:「卯」の音も出ない!
番組:青春アドベンチャー
格付:B
分類:コメディ
初出:1998年12月21日~12月24日(全4回)
作 :藤井青銅
演出:松本順
主演:筧利夫、渋谷琴乃

銀河連邦からこの星に派遣され、人間が間違った方向に進まないか、近い将来この星を銀河連邦に入れても大丈夫か、を監視するのが我々の役目である。
そう我々は監視員。
今年も、1年間、虎(寅)に扮してこの星を見守ってきた監視員から、来年、兎(卯)に扮して監視を引き継ぐ監視員に引き継ぎを行う時期がやって来たのだ。
いいときだけちやほやする飽きっぽい性格、行き当たりばったりの経済運営、物質的な満足のみを追い求め心の満足に気づかない、そして自ら文化を育てようとしない…
この国の人々の性質は少しは変わったのだろうか。

―――――――――――――――――――

1993年から2009年までの長きに亘って、青春アドベンチャー年末の恒例だった「特集・青春アドベンチャー・干支シリーズ」(ただし本作品の頃にはまだ「干支シリーズ」というシリーズ名は付いていない)。
本作品はその第6弾で、1998年の年末に放送されました。
内容は例年どおり、1998年の1年間に起こった出来事を、コント仕立てにして面白おかしく振り返るというものです。
毎日、「スポーツ」、「政治経済」などのテーマがあるのですが、通常全5回で放送されるところ、この年は例外的に全4回で放送されたため、例年ある「文化・芸能」が1回にまとまっています。
本作品で取り上げている1998年の主な出来事は以下のとおりです。

------------------

第1回:スポーツ「横浜フリューゲルスの合併・消滅」「大相撲の人気低下」「原田・涙の大ジャンプ」「サッカーワールドカップ・フランス大会」
スポーツの話題の多かったこの年でトップに取り上げられたのはなぜか「フリューゲルス」問題。
フリューゲルスはこの放送の後の1999年1月1日に、見事、天皇杯で優勝して有終の美を飾ることになりますが、経緯に納得できない一部のサポーターが「横浜FC」の設立に動くことになります。
この動きで中心的な役割を果たした辻野臣保さんは、青春アドベンチャーでは1993年に「ハリーとアキラ」の脚本を書いた方です。
この回のエンディング流れた12年前のヒット曲は、中森明菜さんの「TANGO NOIR」。

第2回:政治・経済「小渕首相の存在感」「地域振興券発行決定」「銀行の貸し渋り」
公明党の強い要望により実現した地域振興券。
終わってみれば、地域振興券の効果は限定的だったとの評価も根強いですが、この記事をアップする前年の2015年には「プレミアム(割増)付き商品券」なる制度が再び登場。
こちらは2014年度補正予算の「地域消費喚起・生活支援型」の交付金を活用した事業で、国費はプレミアム部分のみの投入であり、スキームも全く違いますが、推薦した政党は同じらしい。
果たして歴史的な評価はどのようになるのでしょうか。
この回の12年前のヒット曲は、徳永英明さんの「輝きながら」。

第3回:社会的な出来事
「ノストラダムスの予言の年」「郵便番号の7桁化・携帯電話の11桁化」「バイアグラ」
そういえば個人のメールアドレス所有が一般化したのもこの頃でした。
また、一昔前にはあれだけ騒いだ「1999年7の月」でしたが、さしたる騒ぎもなく通り過ぎていきました。
この回のだじゃれである「アンゴラウサギのモア」(=アンゴルモア)と「ノストラの息子」(=ノストラダムス)はかなり苦しいですが、「三倍・胡座(さんばい・あぐら)」は笑ってしまいました。
エンディングの12年前のヒット曲は、森川由加里さんの「SHOW ME」。

第4回:文化・芸能「映画タイタニック」「Mr.ビーン」「松田聖子電撃再婚・郷ひろみ電撃離婚」
今となっては結局、松田聖子さんは誰と結婚して、誰と離婚したのが、よくわからなくなってしまったのですが、当時はまだ松田聖子さんの結婚・離婚がそれなりのニュースバリューがありました。
1980年代の松田聖子さんは本当に凄かったですからね。
最終回のエンディング曲は、マイケル・ジャクソンの「バッド(Bad)」。

------------------

メインの出演者は例年どおり2名。
前年の監視員である“寅”(トラ)を俳優の筧利夫さんが、翌年の監視員である“卯”(ウサギ)を女優の渋谷琴乃さんが演じています。
青春アドベンチャーにおける筧利夫さんといえば1994年の「紅はこべ」ですが、干支シリーズでは恒例どおり本年と1年前の「タイガーにしなさい!」の両方に出演されています。
また、「天使のリール」や「新宿鮫・氷舞」にも出演されている渋谷琴乃さんも、筧さんと同様に本年と1年後の「辰のお年頃」の双方に出演。
この頃の干支シリーズは、この「1年ダブりリレー方式」を忠実に守っていました。

【年忘れ青春アドベンチャー・干支シリーズの一覧】
干支一巡を大きく上回る17年間も続いた、青春アドベンチャーの年末の風物詩「干支シリーズ」の一覧はこちらです。

【藤井青銅原作・脚本・脚色の他の作品】
青春アドベンチャーの長い歴史において、最も多くの脚本と最も多くの笑いを提供しているのが脚本家・藤井青銅さんです。こちらに藤井青銅さん関連作の一覧を作成していますので、是非、ご覧ください。

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/523-bb1c0ec3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad