青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

2015年の青春アドベンチャー人気投票アンケート結果

【2015年に放送された青春アドベンチャーの人気投票アンケート結果】

当ブログ初めての試みとして、2015年12月19日から2016年1月3日にかけてアンケートサイトを利用して2015年に青春アドベンチャーで放送された作品(再放送を含む)の人気投票を行いました。
呼びかけは当ブログ、ツイッター及び2ちゃんねる上で行ったのですが、結局、合計59名の方にご協力をいただきました。
厚く御礼申し上げます。
つきましては集計結果をご報告します。
ランキングは、1位=3点、2位=2点、3位=1点で集計し、総合点で競うこととしました。
アンケートのシステム上、1位から3位すべて同じ作品を投票することができましたが、複数回答があった場合には、最上位のみをカウントしています。
なお、ランキングで上位に位置する作品を「今一つ」(=ワースト)と評価した方も少なからずいます。
また、こちらに記載した私の2015年作品の格付け(再放送作品は初回放送念に記載)とも、今回掲載する一般リスナーのアンケート結果はかなり違います。
やはり青春アドベンチャーという番組は、リスナーの指向の幅が広い番組だと感じます。
こんな幅広のリスナーを相手に番組をつくらなければならない番組スタッフのご苦労が忍ばれる結果です。
なお、これらのアンケートと一緒に「青春アドベンチャーに取り上げられたらいいなあ、と思う原作」についてもコメントいただきました。
長くなってしまったので、こちらは別記事に記録を残したいと思います。

★ご回答いただいた内容は明らかな誤字のみ修正しています。★

順位 総合点 作品名 ベスト1の得票 ワースト1の得票 ブログ主より一言
1 42点 タランの白鳥 1位 1位 2位に大差をつけて圧勝。ただしワースト1の得票も最多であり、好き嫌いが極端に分かれた作品。個人的には、忙しい師走だが、このような品の良い小品で終わるのも良いと思う。
2 30点 スタープレイヤー 3位 2位・3位に挙げた方が多く、総合得点で「アグリーガール」を逆転。日本女性版「ランドオーヴァー」。軽い異世界ファンタジーだが展開が巧みで結構楽しめる。
3 25点 アグリーガール 2位 今年一番の拾い物かもしれない。こういう「学園日常もの」でも十分にエキサイティングな作品になることを証明した。主役二人の演技も秀逸。
3 25点 蜩ノ記 【再放送】 3位 「アグリーガール」と同点だがベスト1の得票がわずかに少ない。再放送が上位に入るのは少し残念だが、本作品の出来の良さからいえば順当なところ。
5 24点 know~知っている 5位 現代の最先端のSF作品を取り上げていくのも青春アドベンチャーの役割だと思う。
6 17点 ニコルの塔 11位 10位 なぜか第2位とする方がとても多かった作品。能登麻美子さん、白石涼子さん、川澄綾子さん、小林沙苗さん。アニメ声優多用の作品もありだと思う。
7 16点 スペース・マシン 6位 5位 古い名作SFを取り上げていくのも青春アドベンチャーの役割かもしれない。
8 15点 ニコイナ食堂 6位 4位 何といっても朝倉あきさんの復帰作というのが大きい。朝倉さんはラジオドラマを大事にしていると感じる。
9 14点 人喰い大熊と火縄銃の少女 8位 5位 演技、音楽、効果音、そして脚本が一体となった良作だと思う。でも一番の特徴はナレーションの篠田三郎さん。
10 12点 双子島の秘密 8位 良作だが、色々要素を詰め込みすぎた気がする。個人的には小飯塚貴世江さんの演技をもっと聴きたかった。
10 12点 白狐魔記 洛中の火 8位 5位 白狐魔記もいつの間にか青春アドベンチャー屈指の長期シリーズになってきた。どこまで続くのだろうか。
12 10点 DINER(ダイナー) 【再放送】 11位 10位 朝ドラ女優+有名声優+スプラッター原作、というNHKらしいのか、らしくないのかよくわからない作品。
13 9点 屋上デモクラシー 【再放送】 11位 アニメ「サイコ・パス」にも参加された高羽彩さんの凝った脚本。しかし今の青少年に学生運動用語は通じるのか。
13 9点 海に降る 【再放送】 11位 スピンオフ作品「星を掘れ!」もちゃんと続けて再放送するあたりに作品に対する愛情を感じる。
15 8点 二分間の冒険 【再放送】 11位 個人的には「びりっかすの神さま」を推すが、こちらの原作も児童文学の名作らしい。
16 6点 カモメに飛ぶことを教えた猫 小品だが丁寧なつくりで好感が持てる作品だった。このアンケートでも第1位に推す声はなかったが、第2位・第3位の得票を集めてこの順位に入った。
16 6点 吸血鬼 5位 「吸血鬼」といってもドラキュラじゃないよ、乱歩だよ。結構アンチも多いようだが、林家正蔵さんのナレーション、私は楽しめた。
16 6点 白狐魔記 戦国の雲 5位 白狐魔記では「洛中の火」と比較してこの「戦国の雲」はやや評価が低かった。なお白狐魔記シリーズもアンチがやや多い。
19 5点 やけっぱちのマリア 【再放送】 11位 出演者は熱演だけど、この作品の良さが今ひとつ分からないんだってばよ。
20 4点 氷山の南 【再放送】 11位 主演された田島優成さんが芸能活動自粛中の中での再放送。なんだか微妙な感じ。
21 3点 チョウたちの時間 山田正紀さん原作というのはとても嬉しいのだが、奇をてらわずに「神狩り」でよかったのでは、とは個人的な感想。
21 3点 フラワー・ライフ 10位 前作「カラー・ライフ」までの出演者を一新した新しいライフシリーズ。内容は概ねいつもどおり。
23 2点 シブちゃん 2位 実はアンチが多い作品なのだが、個人的には実用書を原作とする冒険心は多いに買う。

また、サブアンケートとして、2015年の青春アドベンチャーで最も印象的だった出演者をひとり挙げて頂きました。
こちらの集計結果は以下のとおりです。

順位 票数 名前 ブログ主より一言
1 13票 海宝直人 名作「DIVE!!」主演から12年。「タランの白鳥」に主演された海宝直人さんがダブルスコアで見事な1位。「タランの白鳥」と併せて作品賞・主演賞の2冠達成と言ったところか。
2 5票 朝倉あき 放課後はミステリーとともに『探偵部への挑戦状』」を最後に芸能活動を休止してから約1年。所属事務所を東宝芸能からコニイに変えて、青春アドベンチャーきっての人気女優さんが「ニコイナ食堂」で帰ってきた。この順位も納得。
3 4票 成河 成河(そんは)さんは2014年に引き続き、青春アドベンチャー屈指の長編「白狐魔記」シリーズに主演中。2015年は「洛中の火」と「戦国の雲」の2作品。
3 4票 加藤虎ノ介 加藤さんは「know~知っている」に主演。2013年の「シュレミールと小さな潜水艦」以来の主演か。恐縮ながらこのブログでも何度も誤字で書いてしまったが「虎ノ介」で正解。
5 3票 中村倫也 「アグリーガール」で、一方の主役であるマットを演じた中村倫也さん。当作品の出来には、作中で大きく性格が変化するマットを中村さんが好演したことが大きく寄与していると感じる。
6 2票 寿大聡 寿大聡さんは、新作「スペース・マシン」と再放送の「蜩ノ記」の2作品で主演。「スペース・マシン」もまずまずの順位だが、やはり総合3位の「蜩ノ記」のイメージが強い。
6 2票 篠田三郎 「人喰い大熊と火縄銃の少女」でナレーションを担当された篠田三郎さん。低音での凄みのあるナレーションだった。
8 1票 渋谷はるか 渋谷はるかさんは「スペース・マシン」のヒロインのアメリア役のキュートさが評価されての得票かと思う。個人的には朴路美さんと共演された「レディ・パイレーツ」のナンシーも印象的。
8 1票 谷村美月 「ニコイナ食堂」で朝倉あきさんとダブル主演だったのが谷村美月さん。「ニコイナ食堂」出演時24歳ながら、すでに多くの映画、ドラマに出演されている堂々たる女優さん。ちなみに朝倉さんより1歳年長。
8 1票 美山加恋 「シブちゃん」に妹・美由紀役で出演されていた美山加恋さん。正ヒロイン?の沙也香と同等以上の存在感だった。美山さんも19歳ながら立派な出演歴を持つ女優さん。
8 1票 アウロラ電機の阿藤部長 言うまでもなくネタ回答。「アウロラ電機の阿藤部長」は2006年放送の「あでやかな落日」の登場人物で、演じていたのは綿引勝彦さん。もちろん2015年には放送されていない。
8 1票 金内喜久夫(演出家注文か、永井一郎さん代役的なのは気の毒。) カッコ内もアンケートで回答いただいた内容。「永井一郎さん代役的」というのは「シブちゃん」におけるシブジイ役のことと思われる。確かに。金内さんは文学座の俳優さんで、2015年では再放送された「やけっぱちのマリア」にも出演。
8 1票 森カンナ 「アグリーガール」の主役のアーシュラを演じた森カンナさん。アーシュラと同様にバスケットボール経験があるそう。中村倫也さんが印象的すぎたが、森さんの演技もなかなかマッチしていた。

以上のランキングのほかに、回答者の皆様から一言ずつのコメントいただきました。
アンケートサイトのデータはいずれ消えてしまうはずです。
これらの内容は上記の集計結果等とともに後日、NHKには送っておきますが、折角なので、すべてのご意見を記録としてここに転載しておきます。

上記のランキングは新作から選択。全体に楽しめる作品が多かったが、とびぬけて良い作品がなかったのは残念。
いつも楽しく聞いてます。青春アドベンチャーを聞くようになって、離れていた本を読むようになりました。どうかこれからも、素敵なドラマをお願いします。
今回、タランの白鳥に海宝直人くんがご出演されるとの事で初めて拝聴しましたが、本当にモコトル、素晴らしかったです! もっと海宝くんの歌が聴きたかったです! また是非他の作品でも出演して頂きたく思います。 そしてまた近いうちにタランの白鳥の再放送もよろしくお願い致します。
「ラジオドラマ三昧」もあって、ラジオドラマ界が盛り上がった年だったと思います。「三昧」とコラボした作品や、取り上げられた作品の再放送など欲しかったなあ、と思います。
新しい作品楽しみにしてます。 『氷山の南』をまた聞きたいです。
どの作品も大好きです、いつも楽しみに聞いています♪
今年も楽しませてもらいました。 5話完結では物足りないので、10話20話完結の物語がいいです。
タランの白鳥がとっても素敵で、本当に感動しました…。 主演の海宝直人さんの声に毎日癒され、5日間とも全てリアルタイムで拝聴させていただきました。 続きが気になって、この番組を聴いている友人と先を予想したり感想を言い合ったりと、このストーリーと共に楽しい思い出もできました♪ そして予想もしていなかったのに(笑)、海宝直人さんの歌が聴くことができ、この番組を聴いて本当に良かったな、と思っています。 ありがとうございました。
海宝直人さん主演の『タランの白鳥』が大好きでした! 娘に勧められ初めは何となく聴いていたのですが、いつの間にか自らのめり込んでいました(笑) なんと海宝直人さんの歌まで聴くことができて… 海宝直人さん主演のドラマをまた聴いてみたいと思いました♪ 素敵な作品をラジオドラマ化してくださり、ありがとうございました。
「蜩ノ記」の再放送がとても嬉しかったです。 演出の藤井靖さんのご活躍に注目、期待しています。
大傑作はなかったかもしれないが、そこそこ楽しめた気がする。予算が足りないなら、無理に低予算で作らずに「FMアドベンチャー」「ふたりの部屋」、R1「ラジオSFコーナー」などからの再放送でも良いのではないか。むしろ、年に一度か二度アーカイブシリーズを設けて、うんと古いのをやってみるのも一興かと。
中年アドベンチャー万歳
海宝さんが出演されるということで初めて聴きました。ラジオ自体久しぶりに聴いたのですが、またこのような機会があれば定期的に視聴したいと思います。
白鳥の娘が可愛い
海宝直人さんが出演されると知って、初めて拝聴させて頂きました。 ラジオドラマは演者さんの声から、自分の想像の世界観と演者さんの作りあげる世界観と融合し、視界から入ってくるものと、また違ってわくわくしながら、毎日聞かせて頂いておりました。 また、海宝さんの素晴らしい声の世界観を感じとりたいです。よろしくお願いいたします。
最近(二分間の冒険から)聴き始めたが、ラジオドラマ好きの自分にはぴったりの番組でこれからも聴いていきたいと思う。
中年アドベンチャーです。冒険譚も好きですが、心理サスペンス系も希望です。あ、夜聞いたら怖いかもなー。
著作権料などのハードルはあると思うが、もう少し良質な原作をチョイスしてほしいな。
今日は一日ラジオドラマ三昧と、ここのアンケートがあったので良かった。
年末の干支シリーズの復活と土日とかに月曜~金曜に放送したのをまとめて再放送してほしい。
スペースマシンの銀河万丈さんのオープニングのタイトルコールが頭から離れません。
海外作品が、あと少し増えたらいい。 白狐魔記は、もういい。 短い期間に何本もやり過ぎ。

結果として、「タランの白鳥」の圧勝で終わった今回のアンケートだったのですが、その原因の一つとして「タランの白鳥」が本年最後の作品だったことが挙げられると思います。
このアンケートはツイッター上でも投票を呼び掛けたのですが、同じツイッター上で「タランの白鳥」への投票を呼びかけられた方がいたこと、これに応じた海宝さんのファンが多かったことなどが上記のコメントから推測されます。
もちろん「タランの白鳥」が良作品だったことを否定する気は全くありませんし、これでラジオドラマのファン層が広がったのであれば願ったりです。
ただ、個人的に石川由依さんにも票が入っても良かったのではないかと思いました。
あと、「年に一度か二度アーカイブシリーズを設けて」というのはとても興味深い提案だと思います。
是非、一考をお願いしたいところです。
何はともあれこの企画は皆様のご協力があってのたまものでした。
改めましてお礼申し上げます。

なお、冒頭に書いたとおり「青春アドベンチャーに取り上げられたらいいなあ、と思う原作」については、別記事でご紹介します。

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/519-210c004a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad