青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

青春アドベンチャーに最も多くの楽曲を提供した作曲家

【なんでもベストテン11】青春アドベンチャーにオリジナル音楽を提供した作曲家ランキング

今回はNHK-FMのラジオドラマ番組「青春アドベンチャー」に最も多くの音楽を提供している作曲家をランキング形式で紹介します。
青春アドベンチャーという番組は、通常、2週間で1つという極めて速いペースで作品を放送します。
そのため、オリジナルのテーマ曲や劇伴をつくることは少なく、既存の曲を「選曲」して使用することが多い番組です。
ただ、中には音楽がオリジナルの作品もあり、近年はそれが増える傾向にあります。
そして、このようなオリジナル音楽を手掛けた作曲家さんのなかには複数の作品に楽曲を提供している方もいらっしゃいます。
今回はそのランキングです。
なお、今回の集計対象は青春アドベンチャーの中でもNHK公式ホームページにデータが残っている2002年以降、2017年6月の「エヴリシング・フロウズ」までを対象とします。
それ以前もある程度は分かっているのですが、どうしても漏れが発生してしまうため、今回は公式HPで確認できる範囲としました。 ご容赦ください。
また、シリーズものは1作品としてカウントします。
これをしないと例によって、あのシリーズが集計をゆがめてしまうためです。

さて、まずは11位タイからです。

●第11位タイ:1作品を担当された方
・BANANAさん 「サウンド・ドライブ
・大河内元規さん 「ヤッさん
・木原健太郎さん 「見かけの二重星
・久保こーじさん 「ゴー・ゴー!チキンズ」シリーズ
・小六禮次郎さん 「ドラマ 古事記~神代篇~
・田頭勉さん 「サマルカンド年代記
・中野カリンさん 「なくしたものたちの国
・長谷部徹さん 「垂直の記憶
・光田康典さん 「砂漠の歌姫
・山内雄喜さん 「5つの贈りもの

11人が同数で並びました。
BANANAさんは、今回の特集の集計期間外ですが、他に「レッドレイン」の音楽も担当していますし、「アドベンチャーロード」時代に遡れば「ロスト・タイム」も担当されており、名古屋局の作品では割と頻繁に登場されていました。
なお、久保こーじさんは「音楽」ではなく「劇中音楽作曲」と紹介されましたが、久保さんの音楽なしでは成り立たない作品ですので、ここに含めました。
一方、「予言村の転校生」における黒田賢一さんは「選曲・作曲」とされ、一部の劇中歌を作曲されているようですが、戦局メインと考えここには入れていません(「初恋ドキン」、すばらしかったですけどね)。
その他、テレビゲーム「クロノ・トリガー」、「ゼノギアス」などの音楽で有名な光田康典さんなどがここに含まれています。
田頭勉さんの「サマルカンド年代記」の音楽は、CD化され発売されるという青春アドベンチャー珍しい展開がなされました。
過去にまで遡れば、細野晴臣さんが関与された「マージナル」が音楽CDになっていますが、近年ではかなり珍しい例だと思います。


●第8位タイ:2作品を担当された方
・梶本芳孝さん 「おいしいコーヒーのいれ方」シリーズ、「哲ねこ七つの冒険
・小林洋平さん 「海に降る」、「シュレミールと小さな潜水艦
・おかもとだいすけさん 「バスパニック」、「七帝柔道記

梶本芳孝さんは長編シリーズを担当されているため、作品数を単純に数えるとほぼ最上位になるのですが、「シリーズ物は1作品扱い」というルールにより、この順位になりました。
また、小林洋平さんは同じNHK-FMのFMシアターでの起用が多い方で、「海に降る」のスピンオフ作品「星を掘れ!」も担当されています。


●第5位タイ:日高哲英さん
・「白狐魔記」シリーズ
・「タランの白鳥
・「きりしたん算用記
日高哲英さんの特徴は和風の作品ばかりを担当されていること(「タランの白鳥」が和風化は微妙なことろではありますが)。
3作品すべては藤井靖さんの演出作品ですので、意図して採用されているのだと思います。
「白狐魔記」は青春アドベンチャーでも有数の長期シリーズですので、何度も聞いているうちにメロディを覚えてしまいます。


●第5位タイ:内山修作さん(3作品)
・「ハッピーバースデー
・「DINER(ダイナー)
・「エヴリシング・フロウズ」(予定)

内山修作さんは恐らくカプコンの「バイオハザード」の作曲家の方だと思うのですが、上記で挙げた3作品のうち、「ハッピーバースデー」は「内山周作」名義です。
ひょっとしたら違う方なのかもしれません。


●第5位タイ:森悠也さん(3作品)
・「クリスマス・キャロル
・「エド魔女奇譚
・「UFOはもう来ない

森悠也さんはNHKドラマ「ROMES/空港防御システム」やTVアニメ「生徒会役員共」(2010年、2014年)の劇伴も担当されている方。
青春アドベンチャーでは2013年以降、3作品を担当されています。
ちなみにここから上位は、近年、青春アドベンチャーに参加するようになった方が中心。
最近の青春アドベンチャーにおいてオリジナル音楽作品が増えている状況を反したランキングになりました。


●第4位:川田瑠夏さん(4作品)
・「あたたかい水の出るところ
・「シブちゃん
・「晴れたらいいね
・「つばき、時跳び

2014年放送の「あたたかい水の出るところ」で初起用された川田瑠夏さんは、NHK-Eテレの「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」の劇伴を担当されていた方です。
青春アドベンチャーでも最近、起用が多くなっています。
現代日本を舞台にした「あたたかい水の出るところ」と「シブちゃん」、タイムトラベルものの「晴れたらいいね」と「つばき、時跳び」を担当されています。


●第3位:山本清香さん(5作品)
・「サバイバル
・「小惑星2162DSの謎
・「ニコルの塔
・「クラバート
・「タイムライダーズ
多くのCM曲や劇伴を制作されている山本清香さんが初起用されたのは2011年の「サバイバル」。
その後、スピード感がウリの「小惑星2162DSの謎」、ファンタジックで少しミステリアスな雰囲気の「ニコルの塔」や「クラバート」とタイプの違う作品で巧みな作曲をされています。
「ニコルの塔」のテーマ曲は以下で聞くことができます。
(外部サイト)https://soundcloud.com/sayaka_yamamoto/nicole


●第1位タイ:山下康介さん(6作品)
・「風神秘抄
・「ピエタ
・「泥の子と狭い家の物語~魔女と私の七〇日間戦争~
・「いまはむかし~竹取異聞~
・「1492年のマリア
・「帝冠の恋

「山下康介さんが音楽を担当されている作品に外れなし」
私にとって、青春アドベンチャーで今一番のジンクスがこれであり、実際、上記の作品はすべて良作。
これは単なるジンクスというより、作品の質に山下さんの音楽は確かに貢献していると感じます。
なお、「風神秘抄」についてはすべてが山下さんのオリジナル曲ではなく、演出の藤井靖さんによれば「劇中曲(草十郎の笛、糸世の歌、万寿姫の琴の音色)が山下康介さんオリジナル。そのほかのBGMは、伊藤守恵さんの選曲。」とのことです。


●第1位タイ:澁江夏奈さん(6作品)
・「僕たちの宇宙船
・「あなたがいる場所
・「ニコイナ食堂
・「人喰い大熊と火縄銃の少女
・「双子島の秘密
・「走れ歌鉄!

東京音楽大学在学中より劇伴作家として活動されている澁江夏奈さんですが、2013年の「僕たちの宇宙船」で青春アドベンチャーデビューして以降、急速に採用数が増えて、近年最も多い作品数となりました。
個人的には効果音や演技と一体となった迫力ある演出の「人喰い大熊と火縄銃の少女」、全編ミュージカル風で歌が満載の「走れ歌鉄!」が印象的です。


ということで、澁江夏奈さんと山下康介さんが1位となりました。
冒頭述べましたが下表(2002年~2015年)からもわかる通り、近年、オリジナル音楽の作品が増えつつあります。
これは、アドベンチャーロード時代から長い間、この番組とともにあった名選曲家・伊藤守恵さんの引退(死去?)と軌を一にしているようにも見えます(完全な推測ですが)。
もちろん、オリジナルでなくとも雰囲気ドンピシャの音楽がもってこれればそれでも十分ではあるのですが、やはりオリジナル音楽は作品にあっているものが多いと思います。
何より今後の音源のオンデマンド化を考えると、音楽はオリジナルであった方が良いと思います。
NHKからの対価が作曲家の苦労に見合うものであるのかがとても気になるところではあるのでが、是非、制作者側も作曲家側も青春アドベンチャーのオリジナル音楽に挑戦していただきたいものです。

放送年全新作数オリジナル音楽割合
20021516.7%
200312213.3%
2004900.0%
20059111.1%
200618738.9%(※)
200715213.3%
20088112.5%
200910110.0%
201011327.3%
201117317.6%
201214321.4%
201316637.5%
201416531.3%
201518844.4%
(※)「おいしいコーヒーのいれ方」4作品を含む。

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/517-c06996bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad