青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

女王の百年密室 原作:森博嗣(青春アドベンチャー)

作品:女王の百年密室
番組:青春アドベンチャー
格付:A-
分類:SF(その他)
初出:2003年2月17日~2月28日(全10回)
原作:森博嗣
脚色:富永智紀
演出:大久保篤
主演:高山みなみ

22世紀。エネルギー問題が解決した人類社会は、少数民族や小さなコミュニティーの自主独立が尊重される時代を迎えていた。
相棒のアンドロイド・ロイディとともに旅行中だったジャーナリストのサエバ・ミチルは、車の故障により城壁に囲まれた閉鎖的な都市「ルナティック・シティ」に立ち寄ることを余儀なくされる。
「ルナティック・シティ」は、完璧なシステムと、若さを保ち続ける不思議な女王の元、犯罪も死もない理想郷を体現しているという。
しかし、ある人物が「永い眠り」に付いた様を目撃したミチルは疑問を持ち始める。
なぜこの都市は「死」を「永い眠り」という隠語で隠ぺいするのか。
だれが何の理由で、膨大な資金と強い情熱をもって、このようなシステムを作り上げたのか。

―――――――――――――――――――

本ラジオドラマ「女王の百年密室」は、「スカイクロラ」シリーズなどでも有名な森博嗣さんの同名の小説をラジオドラマ化した作品です。
森博嗣さんは一応ミステリー作家ですが、SFやファンタジーっぽい作品も書く方で、本作品も、一応「密室」の要素はありますが、どちらかというとSF風の雰囲気の強い作品です。
ちなみに原作小説はシリーズ化しており、第2作「迷宮百年の睡魔」と第3作「赤目姫の潮解」が発表され、「迷宮百年の睡魔」は2005年に本作と同様にNHK-FMでラジオドラマ化されています。

さて、本作品は美しい女王デボウ・スホが支配する理想郷「ルナティック・シティ」に迷い込んだサエバ・ミチルが、この都市の謎を解き明かしていく物語です。
女王デボウ・スホを演じるのは声優の島本須美さん。
ルパン三世カリオストロの城」(1979年)や「風の谷のナウシカ」(1984」年)では姫様役だった島本さんですが、2003年の本作品では立派に女王役を演じています。
ちなみにNHK-FMのラジオドラマにも「ソフィーの世界」や「ブルータスは死なず」など多くの作品に出演されています。
そういえば、島本さんは「小惑星美術館」にも主演の高山みなみさんとセットで出演されていますね。
本作品はミステリーないしサスペンス的な要素もあるのですが、アニメで聞きなれた島本さんの柔らかい声と、独特の不思議感あふれる音楽のお蔭で、何とも言えない雰囲気のある作品になっています。
「アニメで聞きなれた」といえば本作品の主役であるサエバ・ミチルを演じる高山みなみさんも有名な専業声優さん。
高山さんの代表的な役といえばやはりTVアニメ「名探偵コナン」の江戸川コナンでしょう。
高山さんは女性ですが、その他の主演作を見ても「魔女の宅急便」のキキを除けば、「ミスター味っ子」の味吉陽一、「忍たま乱太郎」の猪名寺乱太郎、「ドラゴンボール」のクリリンなど、少年役での活躍が多い方で、本作品も同じように男性役での起用です。
実はネタバレにつながるのであまり多くは語りませんが、本作品のサエバ・ミチル役に「男性役が多い女性声優」である高山みなみさんを起用したことが明確な目的があってのものと思われます。
ストーリーが進むにつれ多くの謎が見えてくる「ルナティック・シティ」ですが、同時にサエバ自身にも謎があることがリスナーに提示されていきます。
この街の成立の経緯とは。殺人事件の真相とは。そしてえミチルの過去に何があったのか。それらは聞いてみてのお楽しみとしましょう。

その他の出演者は八代駿さん、柴田秀勝さん、高戸靖広さん、水澤心吾さん、佐藤友紀さんと言ったところ。
柴田秀勝さん(「吸血鬼ドラキュラ」でも熱演)や高戸靖広さん、水澤心吾さんなども声優メインの方ですので、大久保篤さん演出の青春アドベンチャー作品では比較的珍しい声優さん主体でキャスティングされた作品です。




★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/487-5de83088
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad