青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

じんのひろあきさん脚色作品の一覧

主に1990年代前半、すなわち青春アドベンチャーの黎明期に活躍された「じんのひろあき」さんの脚色作品の一覧です。
じんのさん脚色作品の特徴は、ラジオドラマ、特にこの青春アドベンチャーの枠(15分×10回)の特性を十分に理解したうえでの、大胆な構成(重要でない部分の省略)だと思います。
コンビを組んだ演出家は主に川口泰典さんで、12作品ものエキサイティングな作品を送り出してくれました。
最高傑作はやはり「北壁の死闘」でしょうか。
ただし、これだけ重用されていながら、オリジナル脚本の長編には一度も起用されていません。
FMシアターでは「進化論ホテル」、「月より帰る」など複数のオリジナルが採用されているのと比較すると少し不思議です。
以下の格付けを見ても分かるとおり、良作ぞろいです。
是非、各記事もご覧ください。

・【1991年】「わたしは真悟」(格付:AA)
・【1992年】「新竹取物語 1000年女王」(格付:A-)
・【1992年】「北壁の死闘」(格付:AAA)
・【1993年】「五番目のサリー」(格付:AA)
・【1993年】「猫のゆりかご」(格付:C+)
・【1993年】「スフィア」(格付:AAA-)
・【1994年】「BANANA・FISH」(格付:AA+)
・【1994年】「バイオレンス・ジャック」(格付:A)
・【1995年】「BANANA・FISH パート2」(格付:A+)
・【1995年】「BANANA・FISH パート3」(未紹介)
・【1996年】「青の時間」(格付:A)
・【1997年】「星の感触」(格付:B)
・【1999年】「狩人たち」(格付:A-)

ちなみに青春アドベンチャーで「金春屋ゴメス」や「ラジオの前で」を演出されている川野秀明さんは別人だと思われます。
また、アニメーション演出家の庵野秀明さんも同様です。
関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/449-87bca1dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad