青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

サウンド・ドライブ 作:さわだみきお他(青春アドベンチャー)

作品:サウンド・ドライブ
番組:青春アドベンチャー
格付:B-
分類:多ジャンル
初出:2003年3月3日~3月14日(全10回)
作 :(下表のとおり)
音楽:BANANA
演出:藤田至、濱田裕之
主演:光石研、小西美帆

NHK名古屋局が制作する脚本家競作のオリジナル短編ラジオドラマ集作品、通称「10人作家シリーズ」。
本作品「サウンド・ドライブ」はその1作であり、2003年に放送されました。
なお、作品名は「サウンド・ドライブ」であり「サウンド・ライフ」ではありません。
そのため、当然ながら大阪局で制作している類似企画の「ライフシリーズ」の一作ではありません。

さて、本作品に収録されている10話の小品の共通キーワードは「音」。
この名古屋局で制作している短編作品集は、一貫して幻想的でアンニュイ、そして難解な作品が多いのが特徴で、本作品も、ご多分に漏れず独特の大人の雰囲気を持っています。
しかし、この「音」というテーマが、音だけで表現するラジオドラマにぴったり合っているから、抽象的で浮き世離れしているなりに、他の年の作品と比較すると、難解さはやや薄いように感じます。
なお、この「音」をテーマにした作品で音楽を担当されているのは音楽ユニットのBANANAさん。
ロスト・タイム」のような軽妙なものから、厭世的な「レッドレイン」まで、名古屋局の多くの作品を担当されています。

本作品の各話のタイトルと脚本家、ジャンルと格付け、概要と一言は以下のとおりです。

 
話数 タイトル 作者 ジャンル 格付け 粗筋 一言
1 天使のおなら さわだみきお コメディ A おならが見える機械を発明した水島は、一度もおならをしない女性に気がつくのだが。 全編、おならの音が連発される問題作。一見、ゲテモノ風だがなかなか見事なオチ。
2 むぎゅっ 寺嶋奈美子 ホラー C+ 妻が物をやたらと物を踏むようになった。憂さ晴らしなのか?夫は気になるが。 夫も無責任だとは思うが、ちゃんと話そうとしない妻にも問題があると思う。
3 沈む 田島秀樹 幻想(日本) B 何かから逃げる男。たどり着いたビルの屋上で女の姿を目にするのだが。 ハードボイルドでセンチメンタルな作品。感傷的なだけで内容はないが心には残る。
4 壁のむこう 神谷千加子 日常 B- 大学生の女は壁を通して聞こえる男の生活音に耳を澄まし、その生活を想像する。 ヤマなし、オチなし。女の気持ちもわかったようなわからないような。
5 うどん粉 二木美希子 日常 C+ うどん粉を捏ねる音が思い出させる鳴き砂の思い出。 それなりに哀歓は感じるが、所詮は初老の男性の繰り言と言っては言い過ぎか。
6 雑音回収倶楽部 佐藤久美子 幻想(日本) B- あなたの耳障りな音を回収します。不思議な広告に惹かれて男はその倶楽部を訪れるが。 音を回収できるテープレコーダーという発想は面白い。テレコに時代を感じるが。
7 誘拐 関澄一輝 サスペンス C+ 気がついたら目隠しをされて縛られてクルマの中にいた。私は誘拐されたのか?妖精作戦」でやりたい放題だった関澄さんの脚色。もう一ひねりあると思ったが。
8 深層効果音 はせひろいち サスペンス A 効果音により記憶喪失を治療する研究と大学構内で起きた自動車事故。二つの関係は? サスペンス調。「ラジカセからレクイエム」には敵わないがサスペンス調で楽しめる。
9 照子とうなぎと、その父親 橋本信之 日常 C 登校拒否中の娘とその父親がうなぎ屋で語り合う。父は登校拒否の理由を知りたがるが。 愚にもつかない会話。娘の声が娘に聞こえないのもイマイチ。
10 寂しさの音色 土肥陽子 日常 C+ 忙しい毎日。女が31歳の誕生日を迎える日に、男女は自分たちの会話を再考する。 メッセージはとても分かりやすい。そのメッセージにも反対はしないがありきたり。
 
本作の出演者は、まず男性側の主演が、この「10人作家シリーズ」では常連だった俳優の光石研さん。
光石さんは、「悪戯の楽園」(1999年)、「マジック・タイム」(2000年)などにも出演されています。
そういえば青春アドベンチャーの長い歴史の中でも異色作といえる「カラマーゾフの森」にも出演されていましたね。
また、もう一人の主演者である朝ドラ女優の小西美帆さんは、NHK本局の制作していたオリジナル短編集シリーズである「不思議屋シリーズ」の1作、「不思議屋図書館」でも主演されています。
短編集作品に手慣れたお二人が主演しているからか、なかなかよくまとまった作品集になっています。

【10人作家シリーズ(名古屋脚本家競作シリーズ)作品一覧】
その難解さとアンニョイさで青春アドベンチャーでも異彩を放つ、名古屋局制作のオムニバス作品シリーズの一覧は、こちらです。
本作品以外の作品の記事もご覧ください。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/443-9edc385d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad