青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

2006年の青春アドベンチャー放送作品一覧

【青春アドベンチャー放送作品一覧⑨】2006年の総括

2015年4月7日に記事をアップした「不思議屋図書館」をもって、2006年の青春アドベンチャーで制作された新作のすべてをコンプリートできました。
2006年の新作の一覧は以下の18作品です。

番号 放送時期 回数 作品名 格付け
1 1月9日~1月20日 10 タイムスリップ戦国時代 B+
2 2月20日~2月24日 5 垂直の記憶 AA-
3 2月27日~3月17日 15 風神秘抄 AAA
4 3月20日~3月31日 10 不思議屋図書館 B-
5 4月3日~4月21日 15 プラハの春 AA
6 5月8日~5月19日 10 太陽の簒奪者 A
7 5月22日~6月2日 10 あでやかな落日 AA
8 6月19日~6月30日 10 金春屋ゴメス AA-
9 7月10日~7月21日 10 ウォーターマン AA
10 7月24日~8月4日 10 風になった男 A
11 8月7日~8月18日 10 精霊の守り人 AAA-
12 10月2日~10月20日 15 ベルリンの秋 A-
13 10月30日~11月3日 5 死神の精度 AA-
14 11月6日~11月17日 10 ドラマ古事記~神代篇~ C
15 11月20日~12月1日 10 おいしいコーヒーのいれ方 メモリーズ B
16 12月4日~12月8日 5 おいしいコーヒーのいれ方Ⅷ~優しい秘密~ A
17 12月11日~12月15日 5 おいしいコーヒーのいれ方Ⅸ~聞きたい言葉~ B+
18 12月18日~12月22日 5 おいしいコーヒーのいれ方Ⅹ~夢のあとさき~ A+

2006年に初放送された作品は18作品・170回で、近年ではかなり多い分量です。
しかしそれ以上に重要なのは、放送された作品のラインナップ。
近年では異例の「風神秘抄」、「精霊の守り人」とふたつの“AAA”クラスの作品があることもあり、当ブログで付けた格付けの平均は“A+”に近い高評価です。
その他の作品についても、特徴を一言で特徴を言い表せるような個性の強い作品が多い1年でした。
例えば、いくつかの作品の特徴を一言で表してみると以下のとおりです。

「原作以上を狙った意欲作」 … 垂直の記憶
「歴史的悲劇を背景にした上質な大人の恋愛ドラマ」 … プラハの春
「青春アドベンチャーでは数少ないハードSF」 … 太陽の簒奪者
「中年男性を主人公としたハードボイルド」 … あでやかな落日
「怪異なキャラクターが大暴れする日本ファンタジーノベル大賞受賞作」 … 金春屋ゴメス
「優しいストーリーと凝った展開を併せ持つ隠れた名作」 … ウォーターマン
「岡山局制作・宅麻伸さん主演の本格時代劇」 … 風になった男
「青春アドベンチャー随一のドロドロ恋愛ドラマ」 … ベルリンの秋
「しゃれたセリフと凝縮されたストーリーの佳作」 … 死神の精度
「森繁久彌さん・石坂浩二さん出演の古代ドラマ」 … ドラマ古事記~神代篇~
「青春アドベンチャー最長作品の完結編」 … おいしいコーヒーのいれ方Ⅹ~夢のあとさき~

以上からわかるとおり、大人の男性が主人公の作品が多いという、近年の青春アドベンチャーの中では際立った特徴のある年でした。
しかも、青少年向きの作品が手薄かというとそうでもなく、バランスも十分に取れています。
作品の紹介記事の中で、「黄金の2006年」、「青春アドベンチャーの中のアドベンチャーロード年」など様々な表現をしましたが、私にとっては至福の1年でした
ただし、残念ながら、この際立った特徴は翌年には引き継がれることなく、作品チョイスはまた元の路線に戻り、作品も減少していくことになります。
ちなみに特徴といえば、年末の恒例だった「年忘れ青春アドベンチャー 干支シリーズ」は本年は青春アドベンチャーの枠では放送されなかったのですが、実はFMシアターの枠で単発番組として放送されました(「イノシシ ボンバイエ!」)。
これもこの年だけの特別措置で、翌年の「俵のねずみがマウスでチュー!」からはまたもとの青春アドベンチャーの枠に戻ることになります。
その他、夕方の青春アドベンチャー再放送枠がなくなったのもこの年でした。
これは本当に残念なことだと思います。

**********************************************
次の特集は未定です。
**********************************************

★本文内のリンクについて★本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/417-59b2189e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad