青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

不思議屋図書館 作:安形眞司ほか(青春アドベンチャー)

作品:不思議屋図書館
番組:青春アドベンチャー
格付:B-
分類:多ジャンル
初出:2006年3月20日~3月31日(全10回)
作 :(以下のとおり)
演出:川野秀明、大久保篤

全部で8作品制作された「不思議屋シリーズ」。
先日他界された名声優・永井一郎さんを案内役とするオリジナル短編集企画ですが、その第7作目として制作されたのが、本作品「不思議屋図書館」です。

「不思議屋シリーズ」は、基本的に永井さんの他、男女一組のレギュラー出演者を加えた3人で物語を進める形式であり、本作品のレギュラー出演者は女優の小西美帆さんと、俳優の宮崎吐夢さんです。
小西さんは、青春アドベンチャーでは意外と多く起用されているNHK朝の連続テレビ小説出身の方で、1998年下期の「やんちゃくれ」の主演女優さんでした。

さて、本作品の各話のタイトル、作者(脚本家)、ジャンル、格付、概要及び一言感想は以下のとおりです。
ちなみにこの企画、「不思議屋書店」という企画にすることもできたはずですが、敢えて「図書館」としたことで、「本」と「図書館」という二つの切り口で作品を作ることができるようになり、バリエーションが広がったと感じます。

なお、私、青春アドベンチャーには長編こそふさわしいと考えており、不思議屋シリーズには辛い点をつけることが多いのですが、本作品は第1話からかなり趣味に合う作品でした。
そのため期待しながら聞いていたのですが、段々と、趣味に合わない作品が増えてきて、トータルでは他の作品とあまり変わらない評価になってしまったのが残念なところです。

 
話数 タイトル 作者 ジャンル 格付け 粗筋 一言
1 お静かに 安形眞司 恋愛 AA 独身者以外お断りの図書館。若い男女の出会いの場として利用されているらしいのだが。 本の題名を使った会話は洒落ている。オチまで一貫しており脚本家の苦労が結実している。
2 吾輩は本である 浜田秀哉 幻想(日本) B+ 地下書庫に死蔵されていた不人気本についに声がかかった。勇躍、貸し出された先は? 本を擬人化した作品。荒唐無稽ながらイイ話だったが、変なオチがついていた。
3 リング しおつか夢 幻想(日本) B 先輩の女主任と使えない男の部下。しかし繰り返される毎日に女は違和感を感じていた。 意味不明のストーリーがラストで氷解するのは見事。でもあまり気分が良くないのはなぜ?
4 極道図書館 山本むつみ コメディ C+ 素人に暴力を振るったヤクザが送られたのは、刑務所ではなく極道専門図書館だった。 まさに「なんだこの展開は?」コメディなのかシリアスなのか今ひとつよくわからない。
5 花いちもんめ 林一臣 日常 C 一人地元に旅立った夫。彼が借りていた本を図書館に返しに行った妻が知る夫の思い。 毒にも薬にもならない、ありきたりな話。そういえばブログが本になるって最近あまり聞かない。
6 本がにゃい 橋本信之 コメディ C 図書館で脳内にダウンロードした「吾輩は猫である」はバグっていた。ハッカーの仕業? SFというか、コメディというか、パロディというか…でも特に感銘も受けないし、笑えない。
7 死者の書 前原一磨 幻想(日本) C 街で突然声をかけてきた自称死神の女。彼女は人の人生を書き留めているというのだか。死神の精度」とは少し違った役回りの死神が登場。特に盛り上がりはなくオチもない。
8 移動図書館 森顕一朗 日常 C+ 女が住む森の一軒家に、大雪を避けるためにやってきたのは「移動図書館」だった。 暗殺のソロ」などで書いたように私は父と娘の話にとても弱いが。この作品にはノれなかった。
9 試験前夜 原雅裕 幻想(日本) C ページを破いて食べると記載内容がすべて覚えられる!飛びついた司法浪人生だったが。 この2006年に新司法試験が始まった。ちなみに旧司法試験の一次は一般教養だったはずだが。
10 ピクニック 渥美珠巳 SF(日本) B 同じ軌道を回るだけの狭い世界での一生。男と女は人生の意義について考える。 SF風の味付けがしてあるが、特殊なシチュエーションで人生の意義を問う感覚的な作品。

【不思議屋シリーズ作品一覧】
全部で8作品制作された不思議屋シリーズの作品一覧はこちらです。
是非、他の作品の記事もご覧ください。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/416-9f98c80d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad