青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

今夜はバードいこう! 作:藤井青銅(青春アドベンチャー)

作品:今夜はバードいこう!
番組:青春アドベンチャー
格付:B
分類:コメディ
初出:2004年12月20日~12月24日(全5回)
作 :藤井青銅
演出:大久保篤
出演:福田天球、原史奈

今年2004年も、銀河連邦は地球を監視してきた。
一向に成熟する様子をみせない人類社会。
この星の人々を銀河連邦に迎え入れることが出来るのは、まだ随分と先のようだ。
何はともあれ、そろそろ、昨年、申(サル)に変装していた監視員から、来年、酉(トリ)に変装する監視員への引き継ぎが行われるようだ。
今年、この星で何が起きたのか。
彼らの会話を聞きながら振り返ってみよう。

―――――――――――――――――――

青春アドベンチャーの年末恒例であった「年忘れ青春アドベンチャー 干支シリーズ」の一作、「今夜はバードいこう!」のご紹介です。
このシリーズは、「地球が銀河連邦に加盟するに値するかを宇宙人が継続して監視・評価している。その監視員が動物に化けていたことが人間に漏れ伝わって12支ができた」という基本設定のもと、ショートコントでまとめられたその年の出来事を、当年と次年の監視員が論評するというものです。
脚本は、ほとんど全ての年を藤井青銅さんが担当(2001年のみ複数脚本家)し、毎年、年末最後の放送枠1週間を使って放送されていました。
本作品で取り上げている2004年の主な出来事は以下のとおりです。
なお、「この星の出来事」といいつつ、なぜか日本関係の出来事ばかりを紹介しているのは、ご愛敬と言うことで。

------------------

第1回:芸能
「冬ソナ大人気」「24(トゥエンティフォー)大人気」
この頃に盛り上がった韓流ブーム。
最近は少し落ち着いた、というより、選択肢の一つとしてすっかり定着した観があります。
この回では、オチで使っている波田陽区のギャグがとても懐かしいです。
波田陽区、意外と好きだったなあ。
なお、本作品では、放送時のさらに12年前の申年に流行った曲が、毎回エンディング曲として流れるのですが、この第1回はサザンオールスターズの「エロティカ・セブン」でした。

第2回:スポーツ
「楽天イーグルス誕生」「アテネオリンピック」
東北楽天ゴールデンイーグルスはこの翌年からシーズンに参入し、当初の成績は低迷したものの、マー君こと、田中将大選手の活躍もあり、僅か球団創立9年目(2013年)で初優勝することになります。
なお、球団設立を「スーツさん」と争った「Tシャツ」さんは、その間に入獄し、すでに出所。
人の有為転変も早いものです。
この回のエンディング曲は、広瀬香美さんの「ロマンスの神さま」。

第3回:政治経済
「お札のデザイン変更」「女性が芥川賞ダブル受賞」「新・三種の神器」
第130回芥川龍之介賞は、金原ひとみさんと綿矢りさの若い女性のダブル受賞でした。
その後(131回から152回)の受賞者を数えてみると、男性10人・女性12人と女性の受賞者の方が多い状況です。
そもそも現在の芥川賞選考委員9名のうち、すでの小川洋子さん、川上弘美さん、高樹のぶ子さん、山田詠美さんと4人が女性です。
この分野も女性進出が著しいですね。
それにしても、この回に政治っぽい話題はほとんどなし。
政治に動きがない1年だったのでしょうか。
この回のエンディング曲は、チャゲ&飛鳥さんの「Ya-Ya-yah」。

第4回:文化的な出来事
「紀宮婚約」「負け犬の遠吠え」「BSE」「鳥インフルエンザ」「純愛ブーム」
テーマがてんこ盛りの回ですが、「ハルウララ」と「世界の中心でアイを叫ぶ」で上手くまとめています。
ちなみに、「ブルセラ」、「コギャル」はさらに12年前とのこと。
この辺があまり昔に思えないあたりが、おじさんの証明ですね。
エンディング曲は、THE BOOMの「島唄」。

第5回:社会的な出来事
「温泉疑惑」「過去最多の10台風の上陸」
白骨温泉の入浴剤事件があったのも2004年でした。
白骨温泉、名前が良すぎて、関係者自体がこの名前に振り回された気がします。
最後の回のエンディング曲は、ZARDの「負けないで」。

------------------

メインの出演者は、この年の年男・「申」の福田天球さんと、翌年の年女・「酉」の原史奈さん。
干支シリーズの恒例として、福田天球さんは前年の「申モノにござる」から引き続きの出演で、原史奈さんは翌年の「来年こそはワン!だふる」にも連続して出演されています。

【年忘れ青春アドベンチャー・干支シリーズの一覧】
干支一巡を大きく上回る17年間も続いた、青春アドベンチャーの年末の風物詩「干支シリーズ」の一覧はこちらです。

【藤井青銅脚本の他の作品】
ゴー・ゴー!チキンズ
ゴー・ゴー!チキンズ パート2
愛と青春のサンバイマン
超能力はワインの香り
俵のねずみがマウスでチュー
モー、ギュゥー!っとして
燃えよ虎の子
迷えるお未年



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/415-faf0dd3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad