青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

白狐魔記 源平の風 原作:斉藤洋(青春アドベンチャー)

作品:白狐魔記 源平の風
番組:青春アドベンチャー
格付:B-
分類:伝奇
初出:2014年7月21日~7月25日(全5回)
原作:斉藤洋
脚色:山本雄史
演出:藤井靖
主演:成河

狐を狩る一方で、狐に騙されることを恐れてもいる。
そんな賢いと同時に愚かな、人間という不可思議な生物に興味を持ち、人間の言葉を覚えようと思い立った一匹の狐がいた。
そして、彼は、ある若武者に出会う。
崖を駆け下りていく鹿を指さし、「鹿も獣なら馬も獣。同じ崖を降りられないはずがない」と宣言し、自ら崖を騎馬で駆け下りていく、その若者の名は源義経。
彼の作り出した凄惨な戦場を目の当たりにして、狐は再び考え込む。
なぜ、彼は、そして彼ら人間は、そうまでして殺し合うのか。
後に「白狐魔丸」(しらこま・まる)と名乗ることになるその狐は、人間という不思議な生き物への興味を募らせていくのだった。

―――――――――――――――――――

斉藤洋さんによる児童文学作品「白狐魔記 源平の風」を原作とするラジオドラマです。
斉藤洋さん原作の作品としては、2013年放送の「シュレミールと小さな潜水艦」に続いて、2作品目の青春アドベンチャー化であり、演出も同作と同じ藤井靖さんです。
また、全5回というボリュームや、主要キャストに今井朋彦さんが加わっている点でも、両作品は似ている面があります。

さて、本作品は、歴史上の人物の事績や、彼を取り巻く人間の営みを、狐という第三者の目から描く作品です。
本作品において狐の観察対象となるのは源義経。
人ならぬ狐の視点ですので、基本的には武人である義経の行為の愚かさを批判的にみることになります。
しかし、狐自身が人間が持つアンビバレントな魅力にひかれている存在であること、いてもたってもいられなくなり観察者の立場を捨てて介入してしまう熱血狐であることから、単純な人間批判のようような説教臭さはあまり感じませんでした。
ただ、全5回という青春アドベンチャーでは短めの枠であることに加え、前半は狐が修行をして人に化けられるようになるまでに使ってしまっているため、義経との関わり合いはかなり端折って描かれています。
そのため、何となく物足りない印象が残りました。

ただ、個人的に私、この源平期の話って好きなんですよね。
特に、本作品は武蔵坊弁慶や伊勢三郎の陰に隠れがちな佐藤忠信にスポットライトが当たっており、意外とわかっているなあ、と感じます。
NHK新大型時代劇「武蔵坊弁慶」の終盤の回、例えば「吉野の灯」(第24回)、「地に潜む」(第25回)、「荒ぶる海へ」(第28回)、「安宅の関」(第29回)、「衣川立往生」(最終回)などを見て涙した私としては、意外と嬉しい内容でした。
ただ、ラストはいくらなんでも尻切れトンボすぎです。
少なくとも義経主従の末路までは描いてほしかった。

出演者は主役の狐(白狐魔丸)役を俳優の成河(ソンハ)さんが演じています。
成河さんは、青春アドベンチャーでは「海賊モア船長の遍歴」などに出演歴があり、単発の特集ドラマとしては「東の国よ!」で印象的な役を演じられていましたが、本作品は満を持して?の青春アドベンチャー初主演(多分)です。
また、仙人役は、藤井靖演出作品を始めとする多くの青春アドベンチャー作品の超常連である、今井朋彦さんが演じていらっしゃいます。
そのほか、源義経役は、「星を掘れ!」の主演が印象的な川口覚さん、武蔵坊弁慶役は“いわいのふ健”さん(変わった芸名ですねえ)が演じられています。
なお、青春アドベンチャーで過去に源義経が登場した作品としては、本作品と同じ山本雄史さん脚色の「タイムスリップ源平合戦」がありますが、この作品では義経は今井朋彦さんが演じられていました。
ちなもに、今井さんは「風神秘抄」では源義平を演じられています。
そういえば、青春アドベンチャーでは「夢源氏剣祭文」でも源氏が登場します。
歴史ものの王道である江戸時代や幕末よりも、マイナーな時代を取り上げることが多いのが青春アドベンチャーの特徴の一つです。

ところで、この「白狐魔記」の原作はシリーズものであり、「源平の風」はその第1作にあたるそうです。
原作はこのあと「蒙古の波」、「洛中の火」、「戦国の雲」、「天草の露」、「元禄の雪」と続きます。
本作品の結末があまりに唐突だったこともあり、この青春アドベンチャー版も続編ができるのか、楽しみです。

【2014/10/11追記】
何と早くも2か月後に続編「蒙古の波」が放送されました。
予想外の早さでした。
【2015/1/25追記】
そして第3作「洛中の火」も2015年1月に放送です。
ハイペースで続編が制作されています。
【2015/8/30追記】
第4作「戦国の雲」が放送中です。
ここまできたらあと2作。
最後まで行くのか?



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/344-27d98839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad