青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

放課後はミステリーとともに『探偵部への挑戦状』  原作:東川篤哉(青春アドベンチャー)

作品:放課後はミステリーとともに『探偵部への挑戦状』
番組:青春アドベンチャー
格付:AA
分類:推理
初出:2014年5月12日~5月23日(全10回)
原作:東川篤哉
脚色:福田卓郎
演出:佐々木正之
主演:朝倉あき

私立鯉ヶ窪学園 探偵部の副部長・霧ヶ峰涼(きりがみね・りょう)。
犯人をのけぞらせる鋭い推理力と、男子のハートを直撃する明るい笑顔が取り柄の16歳のボクっ娘・迷探偵が帰ってきた!
今回の事件の舞台も、校舎を結ぶ渡り廊下、校内の池、教室、部室と、至って平凡!
被害者も、男子高校生、男子高校生、男子高校生、液晶テレビと、これまた至って平凡?
例によって、解いても解かなくても、人生にはさしたる影響をない怪事件を、霧ヶ峰涼が快刀乱麻に解いていく...のか?
そして今回は探偵部と敵対する謎の組織も登場...!

―――――――――――――――――――

「謎解きはディナーのあとで」で一躍有名になったミステリ作家・東川篤哉さんのユーモアミステリー小説(死語?)のラジオドラマ化作品です。
青春アドベンチャーでは2011年9月に第1弾「放課後はミステリーとともに」がラジオドラマ化されており、本作品「放課後はミステリーとともに『探偵部への挑戦状』」はその続編になります。
ちなみに、前作は原作単行本の発売後約7カ月でラジオドラマ化されているのですが、本作品の原作単行本小説が発売されたのもこのラジオドラマ放送の約8カ月前(2013年10月)ですので、順調にラジオドラマ化されたことになります。
やはり前作のラジオドラマが人気があったればこそでしょう。

さて、この「放課後はミステリーとともに」シリーズは、「鯉ヶ窪学園探偵部シリーズ」の番外編という位置づけのシリーズだそうです。
具体的には「鯉ヶ窪学園探偵部シリーズ」の長編作品では脇役である探偵部副部長・霧ヶ峰涼を主人公とした連作短編のシリーズです。
前作は霧ヶ峰涼の魅力だけで引っ張っているような作品でしたが、この続編は前作では登場しなかった、多摩川部長や八ツ橋先輩、それに長編の主役である赤坂といった長編の主要キャラクターも登場し、一層、賑やかな内容になっています。

なお、このラジオドラマでは各話のサブタイトルは明示されていないのですが、原作に従って各回のサブタイトルを記載すると以下のとおりです。
前作は単行本に掲載された短編のうち一部がラジオドラマ化されなかったのですが、今回も残念ながら「霧ヶ峰涼と十二月のUFO」が省略されています。

第1回:霧ヶ峰涼と渡り廊下の怪人
第2・3回:霧ヶ峰涼と瓢箪池の怪事件
第4・5回:霧ヶ峰涼への挑戦
第6回:霧ヶ峰涼と映画部の密室
第7・8回:霧ヶ峰涼への二度目の挑戦状
第9・10回:霧ヶ峰涼とお礼参りの謎

本作品の第4回からは霧ヶ峰涼の所属する探偵部と対立する組織「鯉ヶ窪学園ミステリー研究会」(鯉ミス)が登場します。
鯉ミスのリーダーは「霧ヶ峰涼」の永遠のライバル「大金(おおがね)うるる」。
「霧ヶ峰」と「うるる」。
言うまでもなくエアコンの商品名なのですが、そこはNHK。
前作と同様に「エアコン」とは言わず「家電製品」と言い続けています。
この言い換え、恐らく最初はNHKの内規に従い、三菱電機とダイキン工業(大金はダイキンの意味なのでしょう)の宣伝にならないように仕方なく「家電製品」と言っていたのだと思います。
しかし、本作品ではむしろ意識的に「家電製品」と連呼しているようにも聞こえます。
制作側も自虐ネタとして半ば悪乗りでやっているのかも知れません。

さて、鯉ミスがらみの2編を除くと、各話で起こる事件は意外と暴力的で、冷静に見ると大事故につながりかねない作品も多いのです。
しかし、事件の背景や動機が基本的にしょーもないものばかりなので、どちらかというとトホホ感が残る作品になっています。
また、いかんせん各話が短いので、詰め込みすぎの感こそありますが、トリック自体はキチンと伏線が張られ、それがいちいち回収されているおり、お見事です。
これについては、原作者の東川さんは、もともと本格ミステリー作家として有名だった方だったそうなので、それを聞くと納得です。
ただし、その東川さんも、ブレイクして世の中で有名になったキッカケは、本格ミステリーではなく、前述のとおりユーモアミステリーである「謎解きはディナーのあとで」です。
以前、「春休み少年探偵団」の記事の中で、昨今、本格ミステリーがあまり人気がないのではないかという趣旨のことも書きました。
本作品中で東川さんも、主役の霧ヶ峰涼に「本格ミステリーを売っているの?そりゃ、売れないよ!」という自虐的な台詞を言わせていますが、やっぱりそれが現実なんでしょうかね?


ところで、このラジオドラマシリーズを語る上で避けて通れないのが、主人公である霧ヶ峰涼を演じる朝倉あきさん。
青春アドベンチャーでは前作のほか「幻想郵便局」にも主演されています。
その他、NHK-FMのもうひとつのラジオドラマ番組であるFMシアターでも「想い出あずかります」などに出演され、若手の女優さんでは「砂漠の歌姫」や「風神秘抄」などに出演された石川由依さんと並んで、数少ない常連の出演者さんです。
2013年にスタジオジブリの「かぐや姫」にも主演され、これからの活躍がますます期待されたところだったのですが...
何と本作品が放送される前の2014年3月末をもって芸能活動を休止されたとのこと!

(朝倉さんのブログ-外部リンク):http://ameblo.jp/asakura-aki/

NHKのスタッフブログを確認したところ、本作品の収録は3月31日から4月2日と、芸能活動を休止される直前(厳密にはちょっとオーバーしてますね)だそうで、まさに朝倉さんの休止前の最後の仕事になったようです。

(NHKスタッフブログ-外部リンク):http://www.nhk.or.jp/drama-blog/1360/187687.html

朝倉さん、特別に演技が上手い!、と感じさせられるわけではないのですが、とても気持ちのいい声、いい演技です。
現在、「放課後はミステリーとともに」は、ラジオドラマ化から漏れているいくつかのエピソードを除けば、ひととおりのラジオドラマ化は済んでいます。
しかし、今後、原作が再開される可能性もあるし、「鯉ヶ窪学園探偵部シリーズ」本体のラジオドラマ化だってありうると思います。
上記のスタッフブログでは演出の佐々木正之さんが、「続編があっても朝倉さん以外ではラジオドラマ化しない」と明言されています。
私としても続編があればやはり是非、朝倉さん主演でつくって頂きたいと思いますが、前途のある若いひとりの女性の生きる場所として芸能界というのが必ずしも健全な場ではないとも感じます。
そのため、休止も仕方ないと思いますし、(僭越ながら)朝倉さんの納得できる人生の選択をして頂きたいとも思います。
(その後、芸能界に復帰されました。復帰後の青春アドベンチャー第一作は「ニコイナ食堂」です。)

また、霧ヶ峰涼のライバル?である大金うるる役は「見かけの二重星」で主演されている大後寿々花さん。
その他、前回から引き続きの石崎浩見先生役の木下ほうかさんや、今回初登場した多摩川部長役の堀田勝さん、八ツ橋先輩役の松田悟志さん、赤坂君役の山口翔悟さんなど、レギュラー陣が豊富なのが本作品の特徴です。




★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


【2014/12/12追記】
先日、NHKの公式ホームページに、青春アドベンチャー2015年2月の新作として「ニコイナ食堂」の記事がアップされたのですが、何と主演に朝倉あきさんのお名前が!
本格的に復帰されるのか、ラジオドラマだけご出演いただけるのか。
現時点では全く情報がありませんが、楽しみに待ちたいと思います。
関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

はじめまして

ここ最近、青春アドベンチャーを熱心に聞くようになった者です。
現在放送されているニコイナ食堂ですが、朝倉さんは活動休止中なはずなので、以前放送されたものを再放送しているのかと思い聞いていました。
が、「2015年の今」というセリフが出てきたので不思議に思い、調べるうちにこちらのブログにたどり着きました。
いつ収録されたものかはわかりませんが、ラジオドラマのお仕事だけでも復帰してくださったのだとしたら、嬉しいことです。

過去の作品の情報の豊富さに驚きました。
これからブログを少しずつ拝見するのを楽しみにしています。

  • 2015/02/06(金) 23:35:53 |
  • URL |
  • おまさ #RWHOVgww

Re: はじめまして

コメント、ありがとうございます。
朝倉さんのことは、本当に状況がわかりませんね。
確実なのは「ニコイナ食堂」が再放送ではないことくらいです。
東宝芸能からも何のアナウンスもないし、休業の時にコメントがあったNHK-FMのスタッフブログも今回は沈黙を守っています。
ファンの方はやきもきしているでしょうね。

  • 2015/02/07(土) 01:02:02 |
  • URL |
  • Hirokazu #-

Re: はじめまして

朝倉さんですが、詳細は不明ながら、こちらの事務所でお仕事を再開されているようです。
ご確認下さい。

http://www.connie.co.jp/concept.html

  • 2015/02/08(日) 20:42:29 |
  • URL |
  • Hirokazu #-

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/319-402617d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「探偵部への挑戦状 放課後はミステリーとともに2」東川篤哉

鯉ケ窪学園、秋の学園祭。探偵部員と久しぶり(?)に、お好み焼き屋台へ興じる涼のもとへ「ミスコン」への誘いが。だがそれは、探偵部のライバル、ミステリ研究会から「ミステリ・コンテスト」への招待だった。挑戦者の名は大金うるる。やはりエアコンの名を持つ美少女が、霧ケ峰涼へ推理ゲームを持ちかけて来た。架空に設定された密室事件を挑まれた涼。エアコン探偵同士の推理合戦は―(『霧ケ峰涼への挑戦』)。鯉ケ窪学...

  • 2015/08/11(火) 14:57:07 |
  • 粋な提案

FC2Ad