青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

2014年の青春アドベンチャー放送作品一覧

【青春アドベンチャー放送作品一覧⑧】2014年の総括

2014年の青春アドベンチャーにおいて新作として放送された作品も、2014年12月21日アップの「びりっかすの神さま」の記事をもってすべて紹介できました。
年間の初出作品のコンプリートは2012年2009年2013年2011年2010年2008年2007年に続いて8年目です。
2014年の新作の一覧は以下のとおりです。

番号 放送時期 回数 作品名 格付け
1 1月6日~1月17日 10 93番目のキミ A+
2 1月20日~1月31日 10 獅子の城塞 A+
3 2月17日~2月21日 5 機械仕掛けの愛 AA-
4 2月24日~2月28日 5 秘密の花園 B-
5 3月3日~3月14日 10 幻坂 C+
6 3月17日~3月28日 10 あなたがいる場所 B
7 3月31日~4月11日 10 旅猫リポート AA-
8 5月12日~5月23日 10 放課後はミステリーとともに「探偵部への挑戦状」 AA
9 5月26日~5月30日 5 小惑星2162DSの謎 AA+
10 6月2日~6月20日 15 鷲の歌 A
11 7月21日~7月25日 5 白狐魔記 源平の風 B-
12 9月8日~9月19日 10 砂漠の王子とタンムズの樹 AAA
13 9月29日~10月10日 10 白狐魔記 蒙古の波 B
14 10月27日~11月7日 10 さいごの毛布 B
15 11月10日~11月21日 10 あたたかい水の出るところ A-
16 12月15日~12月19日 5 びりっかすの神さま AA

2014年に初放送された作品は16作品・140回で、昨年よりは僅かに少なめでした。
ちなみに、当初は「予言村の転校生」も2014年12月に放送予定と公式ホームページでアナウンスされていましたが、なぜかその後2015年1月の放送に変更になりました。
これが2014年に放送されていればほぼ昨年通りの新作の量でした。
さて、作品内容を見ると、いきなりロボットネタが被ったり(「93番目のキミ」と「機械仕掛けの愛」)、「秘密の花園」から「旅猫レポート」まで4連続でちょっと苦手な系統(日常系の作品や日常をベースにちょっと不思議な要素が混じったような作品)の作品が続き、先行きが心配される展開でしたが、終わってみれば平均的な評点(AAA:5点~C:1点として平均)が2.98(A相当)と近年にない高評価の年となりました。
その最大の原因が、2012年4月放送の「ピエタ」以来久しぶりとなる、“-”なしの“AAA”を付けた「砂漠の王子とタンムズの樹」。
原作は少年少女向けの作品のようですが、善悪をはっきり付けない結論は大人にこそ共感を得られそうな気がします。
これは、努力すれば報われことの多い(でもそれに気が付いていないことも多い)学生にはなかなかわかりづらいことだとは思いますが。
それにしても、まだまだ探せば良い原作はあるものですね。
また、全5回の小品ながら緊張感のある展開が続いた「小惑星2162DSの謎」(AA+)や、思いもかけない展開が魅力の「びりっかすの神さま」(AA)、第1作目よりも賑やかだった「放課後はミステリーとともに『探偵部への挑戦状』」(AA)もなかなか楽しめました。
他に、「機械仕掛けの愛」(AA-)、「旅猫リポート」(AA-)、「93番目のキミ」(A+)、「あたたかい水の出るところ」(A-)と、さして期待せずに聴き始めたのにまずまずだった作品が多い年でした。
期待以上の作品が多かったために思わず「期待以上だった作品」の記事を書いてしまったくらいです。
その他、以前から希望していた(「蜩ノ記」参照)歴史・時代小説を原作とする作品が「獅子の城塞」(A+)と「鷲の歌」(A)の2作品も制作されました。
ただし「歴史時代小説」とはいえ、2作品とも直球勝負というより、青春アドベンチャーらしい、やや変化球の題材選択だったと思います。

また、2014年は原作付きの作品ばかりでオリジナル脚本の作品が少なかったのも特徴です。
わずかに、全5回の短編集作品の小品「秘密の花園」が1作品あっただけで、長編は1本もありませんでした。
2012年(「屋上デモクラシー」と「私の彼はポアンカレー」)と2013年(「泥の子と狭い家の物語」と「僕たちの宇宙船」)は2作品ずつあったのと比較すると明らかに少なめです。
青春アドベンチャーは脚本家の作家性を前面に出した番組ではないので、オリジナル脚本作品は脚本さんの意気込みが空回りしていることも多いとも感じます。
しかし、最初から青春アドベンチャーのフォーマットありきでつくっているので、「これは行き届いているなあ」と唸らせられる作品もあります。
時々はオリジナル脚本の作品にもチャレンジして頂きたいものです。

その他、本年採用された作品の特徴として、2度目の登場となる原作者さんの作品が多かったことが挙げられると思います。
「旅猫リポート」の原作者・有川浩さんの青春アドベンチャーの原作第1作は2011年11月放送の「三匹のおっさん」でした。
白狐魔記 源平の風」の斉藤洋さんは、2013年5月の「シュレミールと小さな潜水艦」についで2作品目。
白狐魔記はすぐに第2作「蒙古の波」が制作され、2015年1月には第3作「洛中の火」の放送も予定されています。
「びりっかすの神さま」の岡田淳さんも2012年9月の「二分間の冒険」に次いで2作品目ですし、同一シリーズの2作目ではあるものの東川篤哉さんも2011年9月の「放課後はミステリーとともに」についで2作品目の「放課後はミステリーとともに『探偵部への挑戦状』」が制作されました。
これらの原作者さんが今後、どの程度青春アドベンチャーの常連原作者さんになっていくのか注目ですね。

**********************************************
次の特集は青アドポーカー「兄弟・親子での出演」です。
**********************************************

★本文内のリンクについて★本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/308-b120bbae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad