青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

2008年の青春アドベンチャー放送作品一覧

【青春アドベンチャー放送作品一覧⑥】2008年の総括

2014年6月27日にアップした「らせん階段」の記事をもって、2008年に青春アドベンチャーで初放送された作品は、すべて紹介することができました。
年間の初出作品のコンプリートは2012年2009年2013年2011年2010年に続いて6年目です。
2008年の新作の一覧は以下のとおりです。

番号 放送時期 回数 作品名 格付け
1 2月4日~2月15日 10 ロズウェルなんか知らない B+
2 3月17日~3月28日 10 ゼンダ城の虜 A+
3 7月7日~7月11日 5 バスパニック AAA-
4 8月11日~8月22日 10 らせん階段 B-
5 9月15日~10月3日 15 ラジオ・キラー AAA-
6 11月3日~11月14日 10 有頂天家族 C
7 11月17日~11月28日 10 バードケージ 一億円を使い切れ! B+
8 12月15日~12月19日 5 モー、ギュゥー!っとして B+

何と2008年に初放送された作品は8作品のみ。
この8作品の合計放送回数もわずかに75回。
作品数も放送回数も、1993年から放送されている青春アドベンチャーの歴史だけではなく、その系列番組を含めた1980年代から2014年に至るまでの期間で最も少ない数です。
特に、1月及び4月~6月には新作が1作品も制作されておらず、2008年前半はわずかに2作品だったことになります。
これら8作品が放送されていた期間以外は、以前制作された作品が再放送されていましたので、この年は再放送ばっかりだったことになります。
まさに暗黒時代。
番組自体がいつ終了してもおかしくない状態ですが、何とかこの危機を乗り越え、翌2009年から作品数は徐々に回復していくことになります。

この8作品のうちで、当ブログでA以上の格付けとしたのは、「ゼンダ城の虜」(A+)、「バスパニック」(AAA-)、「ラジオ・キラー」(AAA-)の3作品。
100作記念の記事で採用したのと同様の方法で、A(=平均)を3点として各作品に評点を振って、2008年の8作品の平均を計算すると、実は2.75点となります。
これはA-を超える評点であり、あくまで私個人の意見ではありますが、2008年は作品数は少ないものの、評点は近年ではかなり高かったことになります。
その原因は、何といっても、ふたつの”AAA-”作品の存在。
ひとつは「普通より短い全5話構成」、「青春アドベンチャーでは少ないオリジナル脚本」という不利を跳ね返した「バスパニック」。
もう一つは2008年で唯一の全15回作品で、最近の青春アドベンチャーでは数少ない海外原作の硬派な作品である「ラジオ・キラー」。
いずれもなかなか好印象の作品でした。
ただし、作品数が8作品と少ないため、この2作品が平均評点を引っ張っただけで、全体として粒が揃っていた印象はありません。
やはり低調な時期だったということでしょう。

***********************************
次の特集は「めぞん一刻出演者つながり」です。
***********************************

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/304-e3f9a62d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad