青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

秘密の花園 作:仲井美樹ほか(青春アドベンチャー)

作品:秘密の花園
番組:青春アドベンチャー
格付:B-
分類:多ジャンル
初出:2014年2月24日~2月28日(全5回)
作 :仲井美樹・鹿目由紀・桜井稔・朝倉寛・西脇良典
演出:松木健祐(1、2、5)、福井充広(3、4)
主演:中村ゆり、眞島秀和

NHK名古屋局が制作した「秘密」をテーマにしたオリジナル脚本・全5品の短編ラジオドラマ集です。
ちなみにアメリカの作家フランシス・ボジソン・バーネットの有名な小説や、松田聖子さんのヒット曲とは関係ありません。

さて、本作品「秘密の花園」は、1996年から続く名古屋局制作のオリジナル短編のラジオドラマの系譜を継ぐものです。
名古屋局制作の短編集は、「夢」(新・夢十夜)、「嘘」(嘘の誘惑)、「記憶」(記憶の城)、「悪戯」(悪戯の楽園)など抽象的で難解なテーマの作品が多く、「秘密」も既に取り上げられてそうなイメージのテーマですが、改めて確認すると今回が初めてのようです。
ちなみに本作品の直前に放送された「機械仕掛けの愛」も名古屋局の制作でしたので、この時は2作品連続で名古屋局作品だったことになります。
ただし、2作品を合計しても全10回に過ぎないのではありますが。

さて、上で述べたとおり青春アドベンチャーの脚本家競作の短編集シリーズは毎回何らかのテーマが設定されています。
その中でも本作品「秘密の花園」の特徴は、「秘密」というテーマと「花」というモティーフの、ふたつのキーワードがあること。
テーマとモティーフの違いが今ひとつ分かりませんが、キーワードが一つである他の脚本家競作作品では、脚本家さんの個性によって1話1話の内容と雰囲気が全く異なり、作品としての統一感がなくなることがよくありました。
しかし本作品は、ふたつの要素で縛ることにより、各作品がかなり似た雰囲気になっています。
具体的には本作品の場合、キーワードが「秘密」と「花」ですので、少し小昏い、華やかだけどどこか密やかな雰囲気で統一されています。
まあ、いつもの名古屋局の短編集作品の雰囲気どおりでもあるのですが。
なお、この二つのキーワードのうち「花」は、2015年に放送された「フラワー・ライフ」と同じキーワードですが、本作品「秘密の花園」の方が先に制作されています。

話数 タイトル 作者 ジャンル 格付け 粗筋 一言
1 曼珠沙華の音 仲井美樹 幻想(日本) B 女性が別れた男を忘れる話、と思いきや… 幻想的な話だが展開が早く聞き入ってしまう。ただ、オチは概ね予想どおり。
2 崖っぷちに咲くバラ 鹿目由紀 SF(日本) C+ 自殺が禁じられた日本。自殺志望の男性と自殺防止官の女性の駆け引き?の行方は? 私の彼はポアンカレー」の鹿目さんの作品。これもオチが読めるなあ。
3 クロッカスは主張する 桜井稔 ホラー B- 久しぶりに帰ってきたわが家の隣室には美しい女性が引っ越してきていたのだが… 「秘密」+「花」というテーマどおりの作品。そこそこ怖いが、オチはない。
4 俺×コスモス=世界滅亡? 朝倉寛 幻想(日本) C+ 俺は世界の秩序の中心で、俺が生活リズムを崩すと世界が滅ぶ?そんな馬鹿な... 着想は面白い。ちなみに、この話し、花は関係ないな、と思っていたら最後にちょっとした種明かしあり。
5 つつじ丘公園 西脇良典 日常 C+ 売れない女優サツキと彼女の死んだ妹。サツキという名前に込められた思いとは。 秘められた思いに感動!といいたいところだが、淡白な話であまり感動には至らず。

出演は女優の中村ゆりさんと俳優の眞島秀和さんが各話の主役級で出演されています。
中村ゆりさんはテレビ東京の「ASAYAN」で歌手としてデビューされた方で、映画「パッチギ!LOVE&PEACE」のヒロイン・キョンジャ役等、女優として活躍されている方だそうです。
本作品では第3話でのキレた演技が印象的です。
一方、眞島さんは青春アドベンチャーでは「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」にも出演されていましたが、主役級ではこれが初めてだと思います。

【10人作家シリーズ(名古屋脚本家競作シリーズ)作品一覧】
その難解さとアンニョイさで青春アドベンチャーでも異彩を放つ、名古屋局制作のオムニバス作品シリーズの一覧は、こちらです。
本作品以外の作品の記事もご覧ください。



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/302-d472d0c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad