青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

幻坂 原作:有栖川有栖(青春アドベンチャー)

作品:幻坂
番組:青春アドベンチャー
格付:C+
分類:幻想(日本)
初出:2014年3月3日~3月14日(全10回)
原作:有栖川有栖
脚色:山本雄史(1、4、5、7、9、10回)、蔭岡翔(2回)、凪司工房(3回)、武市亜由美(6回)、西村有加(8回)
演出:真銅健嗣
主演:大路恵美

ミステリー作家として有名な有栖川有栖さんの小説を原作とするラジオドラマです。
ただし、本作品「幻坂」は推理小説では全くなく(第3話のみ少しだけその要素がある)、一種のファンタジー小説です。
青春アドベンチャーは「人気作家の有名作」といった、直球ど真ん中の作品をあまり扱わない(ひょっとして予算の問題から扱えない?)傾向があり、本作品のチョイスの「ずらし具合」も青春アドベンチャーらしいと感じます。

さて、本作品は大阪の上町大地にある「天王寺七坂」を舞台として、日常生活のふとした合間に出会う、不思議な出来事を綴った連作短編集です(制作はNHK大阪局)。
全部で8編の短編から構成されており、第1週の最後と第2週の最後だけ前後編の2回の作品ですが、その他は1回で完結する作品ばかりです。
また、全8話のうち第1話から第7話までは現代劇、最終第8話だけは松尾芭蕉を主人公とした時代劇です。
さて、この作品で特徴的なことは、5人の脚本家が分担して各話を担当していること。
このような「連作短編集で単一原作者・多数脚本家」、というパターンは青春アドベンチャーの長い歴史の中でもほとんど例がないはずです。
...はずなのですが、実は本作品の次に放送された「あなたがいる場所」も同様の形式です。
これは青春アドベンチャーの新しい制作方針なのでしょうか?
気になるところです。
ただし、本作品の場合、5人の脚本家の中でも、第1話と最終話を含む4話(6回)を山本雄史さんが担当していますので、実質的に山本さん中心の作品ではあります。

本作品の各話ごとの概要は以下のとおりです。
本作品は主役を務める出演者も各話毎に異なるので、それぞれ主役級の登場人物を務めた出演者も併記しました。
なお、出演者では合計3話で主役を演じている大路恵美さんの安定感のある演技が印象的です。
青春アドベンチャーではライフシリーズで多くの役を演じている大路さんですが、本作品では、特に第6話と第7話で、生きている側と死んだ側、状況も性格も反対の(執着していることでは同じ)役を演じています。
いずれもなかなかの熱演で、ラジオドラマ慣れしている感じを受けます。

話数 タイトル 脚色 主演俳優 一言
1 清水坂 山本雄史 山野史人、川本美由紀、屋島昂太、瀬尾真優 妹のように可愛がっていた少女の記憶を語る老人。そしてその前に現れる幻。
2 愛染坂 蔭岡翔 上田康人、内山絢貴 書くことができなくなった小説家が愛染坂で遭遇する出会いと別れ。
3 源聖寺坂 凪司工房 大路恵美、堀内正美 少年の幽霊がでる家と、彼とそっくりの少年が描かれている源聖寺坂の絵の関係は?
4・5 逢坂(前編・後編) 山本雄史 城土井大智、中道裕子 死者の姿を見ることができる劇団員の男性。しかし、暫く前に他界した、妹のようにもそれ以上にも思っていた女性の姿だけは、なぜか見ることができない。
6 縄坂 武市亜由美 岸本華和、福留彩加 思春期の女子高生が縄坂(くちなわざか)で出会う心の揺らぎと猫と怪異。
7 真言坂 山本雄史 大路恵美、木内義一 7年間、ここ来ればいつでも会えた“あなた”。でも今日は...
8 天神坂 西村有加 大路恵美、堀内正美 自殺した女、その男、そして心霊専門探偵の男が不思議な小料理屋で語り合う。
9・10 枯野(前・後編) 山本雄史 山野史人、寿大聡 元禄7年、俳聖・松尾芭蕉は二つのことで苦しんでいた。ひとつは弟子達の間の不仲、もうひとつは自分にしか見えない不思議な人物と枯野のこと...

第1話から第7話の各話がそれぞれ天王寺「七」坂のうちの一つと対になっており、最終第8話だけが「枯野」という坂に関係ないタイトルになっています。
一応、各話とも坂の特徴やいわれに引っかけて話が作られていますが、必ずしも坂との関係を重視したストーリーではなく、大人の男女が人生の一場面で出会うちょっとした怪異を描くファンタジーです。
主人公達も第6話の女子高生を除けば皆大人であり、大人ならではの悲哀や情感が作品のメインテーマになっています。
また、構成も各話ともに詰め込みすぎず薄すぎず、ストーリーも雰囲気逃げすぎず分かりやすくきちんと各話毎に完結していますので、安心して聴くことが出来ました。
ただし、第3話と第8話で同じ心霊専門探偵が出てくる以外は、各話はほぼ独立して、個人的には各話の登場人物達がもう少しクロスオーバーするような試みがあるともっと面白いのにとは思いました。
ただ、そういう構成上の仕掛けを楽しむ作品ではないのか知れません。

...というわけで、それなりの好感触の作品ではあるのですが、正直言って、青春アドベンチャーの作品としては如何にもも地味すぎます。
敢えて言えばFMシアター向きかな。
このような作品を敢えて青春アドベンチャーに持ってきてしまうのは真銅健嗣さん演出作品らしいところかも知れません。
それにしても本作品が放送された2014年2月から3月の時期は、「機械仕掛けの愛」から始まって、「秘密の花園」、本作品「幻坂」、「あなたがいる場所」、「旅猫リポート」、そして「ピエタ」の再放送。
作品の出来はともかく(「ピエタ」など傑作ですが)、とにかく地味なラインナップが続いた時期でした...

さて、本作品を演出されているのは今も書いたとおり真銅健嗣さんです。
青春アドベンチャーでは1999年の「封神演義」で初めて演出を担当され、2003年から2012年までは毎年、1作品以上を担当されていました。
「封神演義」のほか、「妖異金瓶梅」、「垂直の記憶」、「ドラマ古事記」など独特な企画の作品が多い方で、個人的には真銅作品の放送を楽しみにしていたのですが、2012年の「蜩ノ記」を最後に、2013年には1作品も担当されませんでした。
青春アドベンチャーの担当を離れられたのかな、と少し残念に思っていたのですが、本作品で久しぶりにお名前を拝見して嬉しい次第です。
ただ、本作品、大阪局の制作ですので、やっぱりイレギュラーな登板なのかも知れません。
今後も是非、続投して頂きたいものです。
そしてお願いついで恐縮なのですが、是非「闇の守り人」の続編もお願いしたいものです。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。
関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/293-713c0bd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad