青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

バードケージ 一億円を使い切れ! 原作:清水義範(青春アドベンチャー)

作品:バードケージ 一億円を使い切れ!
番組:青春アドベンチャー
格付:B+
分類:日常
初出:2008年11月17日~11月28日(全10回)
原作:清水義範
脚色:富永智紀
演出:小島史敬
主演:中尾明慶

竹沢遥祐(たけざわ・ようすけ)はお調子者で面倒くさがり屋の普通の大学生。
推薦で入学した大学で毎日を無気力に過ごしていた。
しかし、駅のホームで荒んだ男性の命を助けたことにより彼の生活は一変する。
その助けた男が1億円を持って遙祐の前に現れたのだ。
「これを君に使って欲しいんだ。
これはお礼であり、お願い。
そしてゲームでもある。
ゲームの条件は1億円を3カ月間で使い切ること。
誰にも話さないこと。
そしてこのお金で幸せになること。」
学校、お金そして幸せ。
遙祐の3カ月のゲームが始まった。

―――――――――――――――――――

清水義範さんの小説を原作としたラジオドラマです。
本作品「バードケージ 1億円を使いきれ!」の原作である小説「バードケージ」は、NHKテキスト「新基礎英語」に連載されたものに加筆して単行本にしたものだそうで、出版社も日本放送出版協会です。
その意味ではもともとNHKに縁がある作品だったわけですが、青春アドベンチャーでこのような、いわば「身内」の作品を採用することはあまり多くありません。
すぐに思いつくものでは本作品の他には「碧眼の反逆児 天草四郎」(2009年)くらいでしょうか。
しかも、もともと本作品の原作者の清水さんは、番組が「アドベンチャーロード」と呼ばれていた時代に「怪事件が多すぎる」(Ⅰ・Ⅱ)、「サウンド夢工房」だった時期に「学問ノススメ-挫折編」、「青春アドベンチャー」になってからは「尾張春風伝」と本作品と、数多くの作品がラジオドラマ化されています。
NHKつながりというより、もともとこの系列の番組にあった内容の小説を書かれる方だということでしょう。
むしろNHKらしいといえば、作品中で「世界タリラン滞在記」なる番組や「ドドバシカメラ」なる家電量販店(原作では単に「総合安売店」)がでてくるところです。
これはそれぞれ「世界ウルルン滞在記」、「ヨドバシカメラ」ですよね。NHKらしい言い換えですね。

さて、本作品のストーリーは、突然1億円を渡された若者が、その使い道を探していくというものです。
そのため、大金に振り回される若者の大騒動を描いているものと想像しがちです。
確かに前半はそのような展開ではあるのですが、特にネパールの実情を描いた後半については、NHKらしい、そしてもともとが中学生向けだった作品らしい、極めて真面目な作品です。
後半も、もちろんつまらなくはなかったのですが、やや教育色が感じられ、正直、エンターテイメント作品としては今ひとつかな、と思いながら聴いていました。
しかし、登場人物達が(瀬戸川を含めて)基本的に善良で嫌みな感じがなく、作品タイトルの「バードケージ」に込められた意味が最後に改めて思い出させる構成も印象的で、なかなか爽やかなエンディングでした。
あと、「暗殺のソロ」などでも書いたのですが、やっぱり私が父と子の話しには弱いということを含めて格付けは”+”分あがった印象です。


さて、本作品の出演については、主役の遙祐役は俳優の中尾明慶さんが演じています。
本作品出演時に丁度20歳でしたので、遙祐とほぼ同年代の方が演じていたことになります。
また、ヒロインの笹原真由役は女優の倉科カナさん。
2009年下期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ウェルかめ」で主演された方です。
本作品では、倉科さん演じる真由はタレントの卵で、NHKのオーディションを受けるという設定があったりして、絶妙な起用にニヤリという感じです。
ちなみに倉科さんは5回目のオーディションでようやく朝ドラのヒロインを射止めた、なかなかのど根性女優さんです。
5回目のオーディションといえば2003年上期の「こころ」で主役を演じた中越典子さんも5回目のオーディションで合格した方でした。
中越さん、私大好きなんですけど、青春アドベンチャーでもFMシアターでも聴いたことがないなあ、残念。
青春アドベンチャーでは多くの朝ドラ女優さんが出演されています(こちらの記事参照)が、主役でないことが多いのが意外です。
さらに謎の紳士・瀬戸川を演じるのは文学座の俳優・小林勝也さん。
小林さんは「赤と黒」、「窓辺には夜の歌」、「アドリア海の復讐」など、多くの青春アドベンチャー作品に出演されている割には、(失礼ながら)意外と印象に残る役が少ない気がします。
しかし、本作品では癖のある瀬戸川を独特の迫力で演じており、存在感がありました。
その他、ネパール人役で出演しているタパ・ジギャンさんは、調べてみるとネパール政府公式通訳者でラジオやテレビにもコメンテーターとして出演されている方のようです。
この辺が妙に本格的なのがNHKらしいところです。





★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/279-9c54b9d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad