青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

作品タイトルのひと文字目に最も多く使われている数字

【なんでもベストテン⑧】作品タイトルの1文字目に最も多く使われている数字

NHK-FMのラジオドラマ番組である「青春アドベンチャー」(及びその前身番組)にまつわる様々な事柄をランキング形式で紹介する、この「何でもベストテン」のコーナー。
2013年2月にアップした「最多原作者シリーズ」以来、久しぶりの記事になります。
今回はいつもの「何でもベストテン」とは少し違い、もともと10個しかない答えの中で順位付けをしてみたいと思います。
今回のテーマは作品タイトルの出だし、それも数字で始まる作品タイトルについて、どの数字が多いか調べてみようというものです。
二桁以上の数字は、最初のひと文字をランキング対象としますので、当然、答えは、0から9までの10文字。
数字はアラビア数字でもローマ数字でも漢数字でも良いものとし、どの数字で始まる作品タイトルが多いか集計してみました。
なお、今回の集計対象となる番組は、青春アドベンチャー、サウンド夢工房、アドベンチャーロード、ふたりの部屋、カフェテラスのふたりの5番組。
ここまで範囲を広げて集計する「何でもベストテン」は初めてですが、その分、不足しているデータも多いと思います。
不備等に気がつかれましたら、是非、ご指摘下さい。

それではスタートです。
いきなりですが、まずは番外編から。


番外編:“十”で始まる作品
●「十二人の手紙」(1979年・ふたりの部屋)

あれ?そうか!“十”があったか。
上記のルールを決めたときには気がつかなかったのですが、漢数字ならひと文字で“十”もあり得たのでした。
次に出てくる第6位と実質的にタイということでご理解下さい。
ちなみに、とても古い作品なので、私は全く聴いたことがありません。
さて、次からはまともなランキングです。
まずは第6位タイからです。
二つあります。


第6位タイ:“8” で始まるタイトルの作品:1作品
●「87分署のキャレラ」(1985年・ふたりの部屋)

これも古い!
当然、聴いたことがないためよくわからないのですが、エド・マクベインの超有名な87分署シリーズの研究本として同名の著作があるようですので、それが原作なのではないかと思います。
「ふたりの部屋」ってこんなものもやっていたのですね。
聴いてみたいなあ。
ちなみに87分署シリーズは「警官嫌い」がFMアドベンチャー時代に放送されています。


第6位タイ:“9” で始まるタイトルの作品:1作品
●「93番目のキミ」(2014年・青春アドベンチャー)

一方、こちらは青春アドベンチャーの2014年最新作。
長い番組の歴史で初の“9”から始まるタイトルの作品です。
続いて、第5位です。


第5位:“3”で始まるタイトルの作品:2作品
●「三匹のおっさん」(2011年・青春アドベンチャー)
●「三銃士」(1995年・青春アドベンチャー)

有川浩さん原作の現代のエンターテイメント小説とアレクサンドル・デュマ原作の超有名な古典的エンターテイメント小説が並びました。
両方とも漢数字です。
続いて、第4位!


第4位:“6”で始まるタイトルの作品:3作品
●「645~大化の改新・青春記」(2001年・青春アドベンチャー)
●「6月19日の花嫁」(1991年・サウンド夢工房)
●「六色クレヨンの島」(1983年・ふたりの部屋)

意外にも“6”という微妙な数字が第4位に入りました。
青春アドベンチャーの世界では“6”は割とメジャー?みたいです。
「6月19日の花嫁」は聴いてみたいなあ。
次はいよいよ第3位です。


第3位:“5”で始まるタイトルの作品:5作品
●「五つの夢」(2011年・青春アドベンチャー)
●「5つの贈りもの」(2005年・青春アドベンチャー)
●「5DROPS」(2001年・青春アドベンチャー)
●「五番目のサリー」(1993年・青春アドベンチャー)
●「五つの魔法の物語」(1987年・カフェテラスのふたり)

青春アドベンチャーは毎週、月曜日から金曜日まで放送されており、5回が一つの放送単位になっています。
そのため、例えばオリジナル脚本の短編集で、この放送スケジュールを反映したタイトルを付けると自動的に“5”が入ることになり、これがこの高順位につながったわけです。
これらの作品のうち「五番目のサリー」だけは放送スケジュールと無縁に付いたタイトルだと思います。
さていよいよ第2位の発表です!


第2位:“2”で始まるタイトルの作品:7作品
●「二分間の冒険」(2012年・青春アドベンチャー)
●「二の悲劇」(2000年・青春アドベンチャー)
●「二役は大変!」(1996年・青春アドベンチャー)
●「21世紀のユリシーズ」(1987年・アドベンチャーロード)
●「二都物語」(1986年・アドベンチャーロード)
●「二人だけの珊瑚礁」(1984年・ふたりの部屋)
●「二分割幽霊綺譚」(1983年・ふたりの部屋)

「二役は大変」は「TWO MUCH」というタイトルとどちらが正式なのかよくわからないのですが、一応、算出対象としました。
それにしても何と“2”で始まるタイトルの多いことか!
実はそもそも「“2”で始まる作品が多いなあ」と思ったのが、私がこの企画を思いついた切欠だったりします。
1980年代から2010年代まで万遍なく分布していますね。
ちなみに、これらの作品のほかに青春アドベンチャーには「ふたつの剣」と「ふたり」という作品があります。
これらをカウントすべきか迷ったのですが、アラビア数字も漢数字も入っていないため、今回は選外としました。


第1位:“1”で始まるタイトルの作品:7作品(シリーズ)
●「1985年のクラッシュ・ギャルズ」(2013年・青春アドベンチャー)
●「一瞬の風になれ」(2007年・青春アドベンチャー)
●「14歳のエンゲージ」(1992年・青春アドベンチャー)
●「101便着艦せよ」(1984年・FMアドベンチャー)
●「10人のシンデレラ」シリーズ【1・2・3】(1986年~1988年・カフェテラスのふたり)
●「12の星座の物語」シリーズ【1~4】(1982年~1985年・ふたりの部屋)
●「12月の馬」(1979年・ふたりの部屋)

合計7シリーズが“1”で始まっています。
実はよく見るとマジックがありまして、単純な“1”ではなく、二桁以上の数の最初が“1”である作品が多いですね。
なお、第2位の“2”とタイなのですが、“1”にはシリーズものが多く含まれているので、こちら上位にしました。

まあ、どうでも良い企画ではあったのですが、“5”のように青春アドベンチャーの番組特性を反映した順位になっていたり、私自身全く知らなかったタイトルを知ることができて、ちょっと楽しい集計でした。
それではまたいつか、次回の「なんでもベストテン」でお会いましょう。


+++++++++++++++++++++++++++
次回の「200作品紹介記念:新ジャンルによる紹介作品の
集計」です。
+++++++++++++++++++++++++++
次回のなんでもベストテンは、「このブログにどんな検索語句
で辿り着いているか(作品名編)
」です。
+++++++++++++++++++++++++++


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/259-e63305b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad