青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

2013年の青春アドベンチャー放送作品一覧

【青春アドベンチャー放送作品一覧③】2013年の総括

2013年の青春アドベンチャーは、12月20日の「クリスマス・キャロル」最終回をもって、すべての放送が終了しました。
12月21日には「クリスマス・キャロル」の記事のアップし、2013年初放送の全作品の記事がアップできましたので、その一覧を紹介します。 ちなみに、年間の初出作品のコンプリートは2012年及び2009年に続いて4年目です。
2011年の新作の一覧は以下のとおりです。

番号 放送時期 回数 作品名 格付け
1 1月7日~1月18日 10 1985年のクラッシュ・ギャルズ AA-
2 1月21日~2月1日 10 髑髏城の花嫁 A
3 2月4日~2月15日 10 新・動物園物語 C
4 2月25日~3月8日 10 DINER(ダイナー) B
5 3月11日~3月22日 5 A-
6 4月1日~4月12日 10 泥の子と狭い家の物語~魔女と私の七十日間戦争~ AA-
7 4月29日~5月3日 5 ヘウレーカ B
8 5月6日~5月10日 5 シュレミールと小さな潜水艦 B
9 6月3日~6月14日 10 恋愛映画は選ばない B
10 7月1日~7月12日 10 ツングース特命隊 A
11 7月22日~7月26日 5 世界の終りの魔法使い B+
12 8月26日~9月13日 15 リテイク・シックスティーン AA-
13 9月30日~10月11日 10 エイレーネーの瞳 シンドバッド23世の冒険 B+
14 10月28日~11月8日 10 僕たちの宇宙船 A-
15 11月25日~12月13日 15 いまはむかし~竹取異聞~ AAA-
16 12月16日~12月20日 5 クリスマス・キャロル B

合計16作品・150回であり、150回を超えたのは2006年以来であることを考えると十分な制作数です。
例年どおり基本的に連続10回の作品が多く、連続15回の作品が2作品、連続5回の作品が5作品だっため、1作品当たりの平均回数は約9.4回でした。

当ブログでA以上(A-含む)の格付けとしたのは、「1985年のクラッシュ・ギャルズ」(AA-)、「髑髏城の花嫁」(A)、「」(A-)、「泥の子と狭い家の物語」(AA-)、「ツングース特命隊」(A)、「リテイク・シックスティーン」(AA-)、「僕たちの宇宙船」(A-)、「いまはむかし~竹取異聞~」(AAA-)の8作品。
100作記念の記事で、A(=平均)を3点として各格付けに振った評点で計算すると、2013年作品の平均評点は2.68点(概ね格付けA-相当)となり、2011年、2012年と比較して高得点です。
ただし、聴いていた実感としてそれほど良作が多かったという印象はありません。
原因として考えられるのは、まず短編集作品が「新・動物園物語」だけだったこと。
短編集作品がダメなわけではありませんが、このブログでは私の趣味であまり短編集作品に高い格付けを付けていないため、これが少ないと年間の平均格付けは上がる傾向にあります。
また、もう一つの理由としては、「泥の子と狭い家の物語」や「僕たちの宇宙船」、「ツングース特命隊」など、終盤の出来がいまいちな作品が多く、それが全体の印象を悪くしている気がします。
その中で、「いまはむかし」は全体的には子供向けのライトな作品でしたが、気持ちの良いエンディングが印象的で、2013年では唯一“AAA”クラス(AAA-)の格付けとさせていただきました。
この辺については、あくまで一意見と考えてください。

もう一つ今年の放送でおもしろかったのは、土曜日のFMシアターの枠(1回で放送)で「特集オーディオドラマ」として放送された「星を掘れ!」。
これ、2012年に青春アドベンチャーの枠(月曜日から金曜日の帯番組)で放送された「海に降る」の関連作品でした。
同じNHK-FMとはいえ、違う番組・放送形態続編が作られたのは、かなり珍しいケースだと思います。
すぐに思いつくところでは、特集オーディオドラマとして作成された番組を帯番組として再編集した「古事記~神代篇」や、毎年、青春アドベンチャー枠で放送されているのに、2006年だけ単発枠で放送された2006年の干支シリーズイノシシ ボンバイエ!」くらいです。
このような特殊な企画もおもしろいですね。

その他、2013年の青春アドベンチャーで個人的に気になったのは真銅健嗣さんの演出作品がひとつもなかったこと。
真銅さんの担当作品は癖の強い作品が多いのですが、結構楽しみにしていました。
恐らく担当替えなどがあったのでしょう。
残念ですが、またいつの日か再び演出していただけることを期待しています。
(その後2014年の「幻坂」で再び青春アドベンチャー作品の演出をご担当されました。)
一方、「泥の子と狭い家の物語」、「恋愛映画は選ばない」、「僕たちの宇宙船」という今期の作品の中でも尖がった作品群を演出されていたのが小見山佳典さん。
小見山さんは青春アドベンチャーでは暫く前から「制作統括」という位置づけでクレジットされていましたが、これらの作品では「演出」も担当されているようです。
「制作統括」をされているということは、NHKでもそれなりの立場の方なのだと思いますが、そういう方が今でも情熱をもってラジオドラマ制作の現場に立たれているのだとすると、とても嬉しくなりますね。

***********************************
次の特集は2011年の作品一覧です。
***********************************

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/238-cb5ea97d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad