青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

昔、火星のあった場所 原作:北野勇作(青春アドベンチャー) 

作品:昔、火星のあった場所
番組:青春アドベンチャー
格付:C
分類:幻想(その他)
初出:1994年6月27日~7月8日(全10回)
原作:北野勇作
脚色:北野勇作
演出:角井佑好
主演:菊池健一郎

強引な方法で火星を地球化する計画は、火星の分解・消失という悲惨な結末を迎えてしまった。
そして、火星のあった場所に今あるのは、地球とも火星ともつかない不思議な空間。
しかもその空間は地続きで地球ともつながっているという。
こんな世界で、「ぼく」は、火星を開発することを目的とする“HCO”(Human Corporation=人類共同体)に入社する。
そして、「ぼく」は、ドロップアウトした社員が変化するという「鬼」や、火星開発のために作られた人工生命体である「タヌキ」、そして時間の流れが周囲と異なるという遺跡「カチカチ山」などの不可思議なもの、ことに出会う。
この怪しく幻想的な世界に、どのような意味が、どのような謎があるというのだろう。

―――――――――――――――――――

小説家で役者でもある北野勇作さん原作の小説をラジオドラマ化した作品です。
原作である小説「昔、火星のあった場所」は、日本ファンタジーノベル大賞の1992年の優秀賞を受賞した作品です。
ちなみにこの年の日本ファンタジーノベル大賞は、「大賞」が「該当作なし」だったので、「昔、火星のあった場所」は事実上の1等賞でした。
原作者の北野さんは2001年に「かめくん」で日本SF大賞を受賞したSF作家でもあります。
また、本作品は原作者自らが、ラジオドラマの脚本も担当している珍しい作品です。
青春アドベンチャー系の番組で同様の形態の作品としては、「恋愛映画は選ばない」(2013年、吉野万理子さん)、「ダーク・ウィザード~蘇りし闇の魔導士~」(1996年、寺田憲史さん)、「愛と青春のサンバイマン」(1991年、藤井青銅さん)、「ぼくらのペレランディア」(1989年、島田満さん)、「盟友」(1989年、村田喜代子さん)などがあるようです(一部推定)。
北野さんの名前は一部の回の最後で、出演者としてもコールされていますので、どの役かはよくわからないのですが、役者としても本作品に出演もされているようです。
なお、青春アドベンチャーで原作者が出演している他の作品についてはこちらの記事をご参照ください。

北野さんご自身以外の出演者をご紹介しますと、主役の「ぼく」役は俳優の菊池健一郎さんが演じています。
1988年には映画「ぼくらの七日間戦争」で宮沢りえさんと競演された方だそうです。ちなみに「ぼくらの七日間戦争」はアドベンチャーロード時代にNHK-FMでラジオドラマ化もされています。
また、ヒロインの「彼女」役はあべのめありさんが演じています。
この方は、検索しても本作品とFMシアター「梅を売る家」の出演くらいしかでてこず、来歴がよく分からないのですが、ちょっと安永亜衣さんに似たカワイイ声の方です。
その他、須永克彦さん(部長役)、國村隼さん(時計屋役)、奇異保さん(主任役)などがご出演されています。

さて、今回はいつもと異なり、まずキャストを紹介してから内容を説明するという順序でこの記事を書いているのですが、そうしたのは理由があります。
本ブログでは基本的にネタばれにならないように書いているのですが、今回はネタばれ前提で記事を書くつもりなのです。
という訳で、ここ以降にはネタばれがあります。
ネタばれしたくない方は読まないでくださいね。







本作品は冒頭の紹介文のような幻想的な雰囲気の作品ですが、同時にSF的なモチーフが随所にちりばめられた作品でもあります。
具体的には、鬼、タヌキ、カチカチ山、下水道士といった童話的なイメージを連想させる用語と、テラフォーミング、人工知能、人工生命体、相対性理論などのSF的な小道具の両方が違和感なくちりばめられています。
また、全体のBGM、効果音などの演出は、どちからいうと無機質な、それでいてどこかとぼけたような印象なのですが、印象的なテーマ曲や一部の効果音など、どことなく不安感を煽るような要素も強く、独特の雰囲気を醸し出しています。
また、ストーリーも、予想外の展開が続くエキセントリックなものですが、ついていけないほど突飛なものではありません。
多くの曖昧さと不可解さがリスナーの混乱を誘うのですが、その混乱の程度はリスナーが投げ出してしまう一歩手前でとどまっている印象です。
個人的にも、この不思議な世界がどのような結末を迎えるのか、飽きる一歩寸前ながら、終盤まで楽しく聴くことができました。できたのですが...
...ファンのみなさま、すみません。
私には本作品のラストが正直期待はずれでした。
結末を知っている状態で改めて聴いてみると、前半から微妙な不条理さをさりげなく滑り込ませていたり、舞台を明示しないでぼかしていたり、結末で明らかになる要素を随所に暗喩的に取り込んでいたり、結末を見据えて伏線を積み上げているのがわかります。
でも、結局ところ“夢オチ”なんですよね。
夢オチが悪いとは思いません。
ファンタジーやギャグでは大いにありだと思っています。
私自身、例えば、夢オチではありませんが「悲しみの時計少女」のように、最後に突然、それまでと違う方向で謎解きされる作品も十分にありだと思っています。
ただ、私、SFで夢オチはないだろうと思っているんですよね。
北野さんが日本SF大賞受賞作家であることを無意識のうちに意識していたのかも知れませんが、もっとSF的な解決が待っていると期待していました。
だから、前半ちりばめられていたSF要素が、夢オチの複線にすぎなかったのが、残念と感じられてしまいました。
よく考えてみると、本作は「日本ファンタジーノベル大賞優秀賞」受賞作なので、私が勝手に思い込んでいただけではありますが。
ただ、せっかくの入念な伏線や暗喩、登場人物たちの含みのあるせりふや態度も、結局、夢で済ませられてしまったので、興ざめしてしまいました。
重ね重ね、ファンのみなさまには申し訳ないですが、まあ、一個人の勝手な感想と思ってください。
それにしても「有頂天家族」といい、「タヌキ」には相性が悪いなあ。



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/226-42ba81cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad