青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

燃えよ虎の子 作:藤井青銅(青春アドベンチャー)

作品:燃えよ虎の子
番組:青春アドベンチャー
格付:B
分類:コメディ
初出:2009年12月14日~12月18日(全5回)
作 :藤井青銅
演出:小島史敬

この星の文明を監視するために、銀河連邦から派遣されている監視員。
彼らは毎年12月末になると、様々な動物に変装してやってきて前任の監視員と交代する。
交代に当たっては、前任の監視員から、その年にあった主な出来事のレクチャー受けるのが習わしだ。
さて、今年はウシに変装していた監視員から、来年のトラに変装する監視への引継ぎが行われる。
今年、2009年の日本は、宇宙人からはどのように見えていたのであろうか。

―――――――――――――――――――

1年の出来事をコントで振り返る、藤井青銅さんの人気シリーズ「年忘れ年末アドベンチャー 干支シリーズ」の一作です。
藤井さんは、青春アドベンチャーに圧倒的に多くのオリジナル脚本を提供されている方です(詳細はこちらの記事参照)。
本作品が含まれる干支シリーズの概要については「俵のねずみがマウスでチュー!」の記事をご参照ください。
特に告知はありませんでしたが、17年連続で制作されたこのシリーズも、本作品が事実上の最後となり、翌年以降は放送されていません。
物事には全て終わりがあるとはいえ、少し寂しいですね。
さて、本作品で取り上げている主な2009年のできごとは以下のとおりです。

------------------

第1回:政治経済
「政権交代」「定額給付金」「小澤ガールズ」「激安ジーンズ」
定額給付金、確かに何だったんでしょうね。
1万2千円がどこに消えてしまったのか、今では思い出すことも出来ません。
小澤ガールズも、今では(2013年現在)概ね落選してしまい、隔日の感があります。

第2回:スポーツ
「2016年オリンピック東京落選」「Jリーグの雨天中止」「松井選手の移籍」
前回のオリンピック開催都市選定で落選したのが2009年でした。
この記事を書いている2013年秋は、2020年の東京開催が決定したばかりであり、不思議な縁を感じます。
本作品では「エコ五輪ではなく、経済刺激五輪、景気浮揚五輪を謳った方が国民の理解を得やすかっただろうに」と、皮肉っぽくいわれています。
実際、2020年の招致は、建前はどうあれ、みんなその線で望んでいた気がします。
正直、オリンピック開催より前に、やるべきことはたくさんある気がしてなりませんが、せめて後生に悪影響を及ぼさない大会にして欲しいものです。

第3回:社会的な出来事
「エコポイントと家電芸人」「婚活」「お台場のガンダム」
エコポイントも2009年でしたね。
家電量販店が猛烈な人混みだったのを思い出します。
このあと家電量販店は一気に冬の時代を迎えたわけですが。
お台場のガンダムは、その後、ダイバーシティに復活。
最初はなんじゃそりゃ、と思っていましたが、実際見てみると確かに大仏的なありがたさを感じますね。

第4回:文化的な出来事
「歴女」「草食男子」「1Q84」
歴女ってこの頃から流行っていたんですね。
今(2013年)となってみると結構、息の長いブーム。
ひょっとして定着するかも知れませんね。

第5回:芸能
「のりぴーの麻薬事件」「1分間芸人」「おくり人のヒットと逝去された方々」
のりぴーこと酒井法子さんの事件は衝撃的でした。
逝去された方々は、加藤和彦さん、忌野清志郎さん、マイケル・ジャクソン、大浦みずきさん、大原麗子さん、クレヨンしんちゃんの作者(臼井儀人さん)、円楽師匠、山城新伍さん、森繁久弥さんが紹介されていました。

------------------

その他、このシリーズでは番組の終わりの12年前のヒット曲を少しだけ流すのが恒例で、この作品では以下の曲が流れています。

・「誘惑」GLAY
・「Time goes by」Every Little Thing
・「夜空ノムコウ」SMAP

メインの出演者は、昨年に引き続きウシ役がグラビアアイドル・女優の加藤夏希さんです。
また、トラ役はお笑いタレントのふかわりょうさんです。
作中でも自らおっしゃっていますが、寅年生まれなのに全く「トラ感」のない方です。

なお、冒頭で書いたとおり、本作品は2013年現在、干支シリーズの最終作になっています。
正直、最後はかなりマンネリの感もあったので、終わってしまったことにそれほどの感慨はありません。
しかし、こうして時間をおいて改めて聴き直してみると、当時の世相が思い出され、意外と楽しい作品です。
時事ネタなので再放送は期待できませんし、今となっては私自身ごくわずかしか干支シリーズの録音音源を持っていないのが、ちょっと残念だったりします。

【年忘れ青春アドベンチャー・干支シリーズの一覧】
干支一巡を大きく上回る17年間も続いた、青春アドベンチャーの年末の風物詩「干支シリーズ」の一覧はこちらです。

【藤井青銅原作・脚本・脚色の他の作品】
青春アドベンチャーの長い歴史において、最も多くの脚本と最も多くの笑いを提供しているのが脚本家・藤井青銅さんです。
こちらに藤井青銅さん関連作の一覧を作成していますので、是非、ご覧ください。





★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。
関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/201-24145b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad