青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

放課後はミステリーとともに 原作:東川篤哉(青春アドベンチャー)

作品:放課後はミステリーとともに
番組:青春アドベンチャー
格付:A
分類:推理
初出:2011年9月26日~10月7日(全10回)
原作:東川篤哉
脚色:福田卓郎
演出:佐々木正之
主演:朝倉あき

私立鯉ヶ窪学園高等部2年の霧ヶ峰涼は、カープファンでミステリーマニアの探偵部(未公認)副部長である。
本作は、「学校行事のビデオ」や「校庭で倒れている陸上部部長」、「体育倉庫に隠されたタバコ」など、日々の学園生活で起こる様々な謎やトリックを霧ヶ峰涼が快刀乱麻に解き明かしていく...わけではなく、実はほとんど別の人たちが解き明かしていく学園ユーモアミステリーである。

------------------

アドベンチャーロード・青春アドベンチャーでは意外と少ない推理もの。
殺人事件や謎解きが含まれる作品は多いのですが、数少ない本格ミステリーである「二の悲劇」や宮部みゆき原作作品(「今夜は眠れない」・「夢にも思わない」など)、明智小五郎・少年探偵団関連の作品を除くと、合理的にトリックを解く推理系の作品は非常に少ないのです。
その中で本作は、学校内で起こる身近な事件を巡るユーモアミステリーです。
悲劇的な事件が起こったり、天才的な犯罪者がでてきたりはしませんが、トリックや伏線も趣向が凝らされており、ミステリー作品としてきちんと成立している数少ない作品です。
原作者は「お嬢様の目は節穴でございますか」というフレーズで有名な「謎解きはディナーのあとで」の著者でもある東川篤哉さん。
ユーモアミステリーの書き手として有名になりましたが、もともとは本格ミステリー作家だそうです。
なるほど。
基本的には軽い話ですし、ラジオドラマとしても1~2話程度ごとに小さい事件が続く、いわゆる連作短編形式で、気軽に聞ける作品です。
ただ一点残念なのは、トリックや謎を説明している箇所をぼーっとしていて聞き逃すと、話がすっかりわからなくなってしまうことです。
聞き逃した自分がいけないといえばそれまでなのですが、活字ならゆっくり読んだりその場で読み返したりができるところ、ラジオドラマだと録音でもしていないとそれは無理です。
この辺がラジオドラマでミステリーを扱うことの難しさなのかもしれません。
なお、このラジオドラマ内では各話のサブタイトルを明示していませんが、原作に準拠して各話のサブタイトルを記載すると以下のとおりです。
なお、残念ながら「霧ヶ峰涼と見えない毒」と「霧ヶ峰涼とエックスの悲劇」はラジオドラマ化されていません。

第1・2回:霧ヶ峰涼の屈辱
第3・4回:霧ヶ峰涼の逆襲
第5回:霧ヶ峰涼の絶叫
第6・7回:霧ヶ峰涼の放課後
第8・9回:霧ヶ峰涼の屋上密室
第9・10回:霧ヶ峰涼の二度目の屈辱

その他、自分を「ボク」と呼ぶ主人公・霧ヶ峰涼(♀)役の朝倉あきさんの演技も、嫌味じゃない適度なボーイッシュさで聞いていて心地よいです。
よく聞いてみるとあまり自然な演技ではないのですが、ラジオドラマであり、声と話し方に魅力があればこのくらいのしゃべり方でも特に不自然さは感じませんでした。
この霧ヶ峰涼という役、探偵役と見せかけて実はワトソン役(実質的な探偵役は木下ほうかさん演じる石崎先生)であり、ちょっと抜けたキャラクターなのですが、朝倉さんの快活な声がとてもよく合っています。
朝倉さんはこの後、「幻想郵便局」でも主演されています。
ちなみにこの「霧ヶ峰」という名字、作中では「家電みたいだ」と揶揄されています。
恐らく「エアコンみたいだ」としたいところをNHKの事情で言い換えているのだと思います。
このような言い換えは他の作品でもみられます
NHKらしいですね。

なお、「霧ヶ峰涼」シリーズの原作にはまだドラマ化されていない話があるようです。
いつの日か続きが聞けることを祈っています。

...と記事を締めくくっていたのですが、なんと2014年5月に続編が青春アドベンチャーにてラジオドラマ化されました。
主演はもちろん朝倉あきさん。
その続編、「放課後はミステリーとともに『探偵部への挑戦状』」の記事はこちらです。





★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/19-36c18fbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad