青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

小袖日記 原作:柴田よしき(青春アドベンチャー)

作品:小袖日記
番組:青春アドベンチャー
格付:A
分類:タイムスリップ
初出:2011年4月4日~4月15日(全10回)
原作:柴田よしき
脚色:堀田りえこ
演出:木村明広
主演:木内晶子

不倫相手に別れを告げられた29歳の“あたし”は、公園でヤケになって騒いでいるときに雷に打たれてしまった。
そして、ふと気がつくと、見知らぬ時代、見知らぬ場所にいることを知る。
彼女は平安時代にタイムスリップ、それも「小袖」という女官の体の中に精神だけタイムスリップしてしまったのだ。
小袖は中宮の家庭教師をしている才媛である香子(こうし)という女性に仕えているという。
仕方なく小袖として生活を始めた“あたし”だったが、実は香子は後生に「紫式部」として知られることになる女性だった。
こうして、小袖と香子はコンビを組んで、後に「源氏物語」としてまとめられる様々な物語の元ネタとなる事件に取り組んでいくことになるのだった。

―――――――――――――――――――

柴田よしきさんの小説「小袖日記」を原作とするラジオドラマです。
柴田さん原作の作品としては、1998年の「レッドレイン」以来、10年以上ぶりの登場になります。

さて、本作品は、冒頭の紹介文のとおりタイムスリップを題材とする作品です。
青春アドベンチャーでは、実は多くのタイムスリップ作品が取り上げられています。
本作品は放送された2011年は、特にタイムスリップ作品が多かった年で、本作品以外にも鯨統一郎さん原案の「タイムスリップ大坂の陣」、三木卓さん原作の「ほろびた国の旅」、伊佐治弥生さん作の「珊瑚の島の夢」と3作品も放送されました。
その他、過去には宮部みゆきさんの「蒲生邸事件」や、ハインラインの「夏への扉」などの有名なタイムトラベル作品も青春アドベンチャー化されています。
ちなみにタイムスリップ系と言っても、本人の意思で時間旅行をする(タイムトラベル)のか否か、本人が実体ごと時間移動するのか精神だけ過去に行くのか、頻繁に戻ってくることができるのかできないのかなど、色々なパターンがあります。
本作品は、完全に本人の意思と関係なく時間移動し、精神は過去に生きっぱなしになるものの体は現地人の体を利用、というパターンです。

ところで、本作品がタイムスリップ系の作品であるのは確かなのですが、小袖と香子が扱う、夕顔、末摘花、六条御息所、明石の君、紫の上に関するそれぞれの話しはちょっとした謎とその解明がセットになった物語です。
サブカテゴリーを付けるならば推理系とすべきミステリー的な作品でもあるわけです。
ちなみに、香子が探偵役、小袖がワトソン役です。
このふたりが事件の解決に乗り出すのですが、個々の話しには殺人事件などシリアスな話しもあります。
しかし、主人公である「小袖」の中身がお気楽な現代人なので、湿っぽさは適度に押さえられた作品になっています。
なにせこの「小袖」(として振る舞っている“あたし”)、最初に不倫の破綻というシリアスな場面から始まるものの、基本的に平和ぼけのアラサー女性。
「小袖」の体の中に入った際に、小袖の平安時代に関する知識や言葉を受け継いでいるという都合の良い設定になっていることもあり、タイムスリップというとんでもない目に会っていながら、悠々と平安時代に適応して、しかもその生活を楽しんでいる様子です。
彼女の独白(ナレーション)も、「香で臭い」だの「おかめばっかりだが美人のおかめの区別が付くようになってきた」だの、常に適当で前向きです。
こののんきなワトソンと才媛の香子が実によいコンビで、気軽に聴ける楽しい作品になっています。
「源氏物語のこの巻は実は...」という構成もなかなか楽しめました。
さて、物語は第9話で急展開を迎えます。
タイムスリップものに限らず、異世界や秘境を冒険する話しは、「帰ってきてから」のエピローグが読後感に大きな影響を与えると思います。
蒲生邸事件」や「レディ・パイレーツ」、「北壁の死闘」などはとてもエピソードが美しい作品です。
本作品はその点で少しあっさりしすぎているように感じる面もありましたが、一見、のほほんとしてはいても、心の底では不安を抱えていた“あたし”にどんな結末が待っているのか、その辺は、聴いてのお楽しみとしたと思います。


主役の小袖役は女優の木内晶子(きのうち・あきこ)さん。
小袖こと“あたし”を軽やかに演じていらっしゃっており、楽しく聴けます。
また、もう一人の主役である香子こと紫式部を演じているのは宝塚出身の女優の純名里沙(じゅんな・りさ)さん。
1994年のNHK朝の連続テレビ小説「ぴあの」の主人公を演じられた方です。
とても1000年前の女性とは思えないほど理知的で、かつ情にもあふれた香子を好演していらっしゃいます。
朝ドラ主演女優の青春アドベンチャー出演については、こちらの記事をご参照ください。

また、脚色の堀田りえこさんは青春アドベンチャーでは本作品と「スーツケース・キッド」の2作しか担当されていませんが、両作品ともなかなかテンポの良い作品になっており、とても好印象です。





★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/172-11fe6524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad