青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

星の感触 原作:薄井ゆうじ(青春アドベンチャー)

作品:星の感触
番組:青春アドベンチャー
格付:B
分類:幻想(日本)
初出:1997年5月19日~5月30日(全10回)
原作:薄井ゆうじ
脚色:じんのひろあき
演出:松浦禎久
主演:古澤徹

テープ起こしを職業とする良治は、自分が録音テープから起こした台本を届けに行った際に、身長2m67㎝の俳優、猫田研一と出会う。
それまでの人生も性格も職業もそして身長も、すべてが違う二人だが、不思議と気が合い、良治は研一の求めに応じて、研一の人生を記録する係りとなることを決める。
その後、研一は定期的に不思議な長期睡眠に入ることを繰り返し、その度に一段と身長が伸び続ける。
世間からどんどん逸脱した存在になっていく研一。
彼の生き方は、良治をはじめ、研一の恋人・妹といった周囲の人々の生き方を大きく変えていくことになる。

―――――――――――――――――――

薄井ゆうじさん原作の小説のラジオドラマです。
薄井さん原作の作品はすでに「青の時間」を紹介しています。
青の時間」もとてもジャンル分けが難しい不思議な作品ですが、本作品はそれ以上に説明の難しい作品です。
舞台はあくまで現代の日本であり、少なくとも中盤までは、研一の身長がひたすら伸び続けること以外には不思議な出来事は起きません。
しかし研一の身長が3m、4mと明らかに常識を逸脱し始めるにつれ、作品は不思議な雰囲気をまとい始めます。
そして研一が長期睡眠の度に見る不思議な夢の世界との二重の展開がはじまるに及び、一気に作品世界全体に靄がかかったような不思議な雰囲気になっていきます。
この作品は「青の時間」と同じように明確なメッセージを持った作品だと思います。
本作品の印象的なフレーズである「誰の心の中にも巨人は眠っている。その目覚めを望まないものは誰もいない。」から推測すると、本作品のテーマは「逸脱や変化こそ成長であり、それを恐れるな」といったところでしょうか。
しかし「青の時間」と同様に、そのメッセージが作品中で詳らかに提示されることはりありません。
これが薄井さん独特の語り口なのでしょう。
正直、私はこのようなテーマがボンヤリとしていて不思議な展開が続く作品は苦手です。
しかし、薄井さんのストーリー展開が巧みであるのと、例によって無駄をそぎ落とした「じんのひろあき」さんの脚本が巧みであったからか、最後まで興味深く聞くことができました。
子供が主人公のファンタスティックな作品はいくらでもあると思います。
しかし、地に足をつけて人生を生きているごく普通の成人男性を主人公にして、これだけの独特な雰囲気をつくっている薄井作品は、青春アドベンチャーの中でもやはり特異な作品群だと思います。
本作品中でも、巨大化しつつある研一が、自家製の自転車で汐留を疾走するシーンは他ではちょっと考えらえない不思議なシーンです。

出演は、語り手にして主人公である波田野良治役を、青春アドベンチャーではお馴染の古澤徹さんが演じています。
青の時間」でも同じような立ち位置の主人公を演じていらっしゃいました。
また、もう一方の主役である猫田研一役は、“井之頭五郎”こと松重豊さん。
2013年8月現在、初の主演作品である「孤独のグルメ」が、無事に第3シリーズに突中にしています。
こちらも「バッテリー」や「バイオレンス・ジャック」にもご出演されている常連出演者さんでした。
そういえば「バイオレンス・ジャック」でも巨人の役でしたね。
あの茫洋とした風貌とお声が巨人のイメージに合うのでしょうか。
その他、海津義孝さん(「ジュラシック・パーク」など)や中島朋子さん、小川範子さん(「二の悲劇」、「モー、いいかげんにして!」など)など、脇役が意外と充実しているのも本作品の特徴です。

【じんのひろあき脚本の他の作品】
スピーディーな展開、的を絞った見せ場。
青春アドベンチャー初期の名脚色家・じんのひろあきさんの担当作品一覧はこちらです。




★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/161-03850d27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad