青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

出演者(その1)

この記事は出演者さんのお名前が多数出ますので、敬称略とさせて頂きます。
ご容赦下さい。
なお、この記事は特に俳優さんの名前で検索されていらっしゃった方が多いようです。
gこの記事だけだと意味不明だと思いますので、このブログの概要を記載したココもご参照ください。

++++++++++++++++++++

青春アドベンチャーの出演者は洋画系の声優、アニメ系の声優、舞台俳優、映画俳優、宝塚の方から歌手、グラビアアイドルなどなど様々です。
個人的な意見をまず書いてしまうと、どのバックボーンの方も良い演技をされていると思います。
例えば某ジブリ映画に出演されている某コピーライターの演技(ご本人は尊敬に値する素晴らしい方だと思います。)のような極端な例は見当たりません。
絵があるアニメは専門でない方が声をあてるのは難しいのかなと思いますが、ラジオドラマは各出演者それぞれの話し方の「間」を生かすことが出来るので、専門の声優さんでなくても出演しやすいのではないでしょうか。
もちろん専門の声優さんが訓練された技術を存分に発揮されるのを聞くのも楽しいもので、多少オーバーであっても是非専門家ならでは特徴を全面に出して演じて欲しいと思います。

時期別に見ると、特にアドベンチャーロード時代以前(「ふたりの部屋」時代を含む)にはいわゆる「大物俳優」が多数出演されていた時期があり、私が直接聞いたことがある方だけを挙げても以下のとおりです。
凄いというか渋いというか...

北大路欣也(おろしや国酔夢譚)、役所広司(21世紀のユリシーズ)、名古屋章、石橋蓮司、宅麻伸、原田芳雄、藤岡弘、石田純一(マージナル)、東野英心(CF愚連隊)、国広富之(遥かなる虎跡)、鶴見辰吾、大和田獏(名探偵なんか怖くない)、榎木孝明・奥田暎二(グリーン・レクイエム)、

サウンド夢工房以降はこの傾向は弱まっていますが、青春アドベンチャーは実は約20年もの歴史がありますので、その間には色々な俳優さんが出演されています。詳しくはwikipediaの「青春アドベンチャー」を見ていただければ良いのですが、出演経験がある方をざっと挙げただけでも以下のとおりです。
さすがNHK。

渡辺いっけい(北壁の死闘など→詳しくは「出演者(その2)」)、岸部一徳(ふたり)、萩原聖人(エンジェルス・エッグ蒲生邸事件)、阿部寛(新宿鮫・氷舞)、仲代達矢(夢源氏剣祭文)、渡部篤郎(海賊モア船長の遍歴)、堺雅人(不思議屋薬品店)、金子貴俊、大鶴義丹、佐々木蔵之介(仮想の騎士黒いユニコーン)、石坂浩二(ドラマ古事記)、江守徹(神々の山嶺、ドラマ古事記)、森繁久彌(ドラマ古事記)、宅麻伸(風になった男)、若村麻由美(プラハの春)、河相我聞(有頂天家族終末のフール闘う女。)、勝村政信(ロズウェルなんか知らない)、鶴見辰吾・賀集利樹(マナカナの大阪LOVERS)、嶋田久作・宮崎美子(スカラムーシュ)、永島敏行(スカラムーシュ、神々の山嶺)、田辺誠一・阿部サダヲ・高橋由美子(不思議屋博物館)、尾美としのり(不思議屋博物館、不思議屋貿易商)、内野聖陽(モンテ・クリスト伯)、田口トモロヲ(神去なあなあ日常)、鈴木蘭々(ゴー・ゴー!チキンズパート2)、西岡徳馬(スフィア)、橋爪功(魔術師)、石立鉄男・せんだみつお(蒲生邸事件)、上川隆也(天使のリールサンタクロースが歌ってくれたあたしの嫌いな私の声)、石田ひかり(恋愛映画は選ばない)、綿引勝彦(あでやかな落日、闘う女。新宿鮫・氷舞)、中村梅雀(魔岩伝説)、ふかわりょう(燃えよ虎の子)、岩崎良美(なぞタクシーにのって…哲ねこ七つの冒険)、長門裕之(ハッピーバースデー)、藤岡弘・大和田伸也(封神演義)、近藤正臣(封神演義2「朝廷軍の逆襲」)、山本耕史(オーバー・ザ・ハポン~空の彼方へ家族ホテル)、若林豪()、ベンガル(世界でひったひとりの子)、渡辺徹(白狐魔記 洛中の火、白狐魔記 元禄の雪)、林隆三(ベルリンの秋)、岡田義徳・名古屋章(邪鬼が来る)、市原悦子(フラワー・ライフ)、篠田三郎(人喰い大熊と火縄銃の少女)、国広富之(あなたがいる場所あなたに似た自画像

その他、NHKの朝の連続テレビ小説に主演された女優さんも多数出演されています。

ちなみに、上記で挙げたのは青春アドベンチャー系の帯ドラマだけの出演者ですが、NHK-FMのもうひとつのラジオドラマ枠である土曜日50分の枠(主としてFMシアター放送)でも、渡辺謙(大黒屋光太夫)、市毛良枝(もう一度、夫婦で)、イモトアヤコ(ほかの誰でもないアヤコ)など、多くの有名人が出演されています。

さて、話を青春アドベンチャー枠に戻しますと、その他、意外と軟派というべきか、若手女優やグラビアアイドルを起用することもあったりします。
小田茜(少年探検隊)、川村ひかる(迷えるお未年申モノにござる)、原史奈(今夜はバードいこう!来年こそはワン!だふる)、加藤夏希(モー、ギュッー!として、燃えよ虎の子)、黒川芽以(珊瑚の島の夢僕たちの戦争)、山崎真美(ゴー・ゴー!チキンズ)、磯山はるか(スカラムーシュ)などです。
最近では「幻想郵便局」の朝倉あき(放課後はミステリーとともに)や「93番目のキミ」の杉本有美などです。
また、特殊な役にあわせて一発狙ったような配役もあります。
代表例がゴー・ゴー!チキンズシリーズ()の水木一郎、ローリー、鼠先輩、マーティ・フリードマンでしょうか。
このような意外とミーハーな(または柔軟な)出演者の選定方針は実はアドベンチャーロード時代からの一貫した傾向です。
当時、アイドル的な位置づけであった坂上忍、伊藤つかさ、風見慎吾(幽霊海戦)、錦織一清(西遊妖猿伝続・西遊妖猿伝)などを積極的に起用していましたし、柔軟といえば、古舘伊知郎(赤川次郎の天使と悪魔)、関根勤(泥棒をつかまえろ!)などかなり「狙った」配役もありました。
アドベンチャーロード時代の変わり種配役といえば、一時期常連であった青木愛(暗殺のソロ最後の惑星)。
この方、青木愛前衆議院議員ですよね?
もちろん狙ったわけではなく結果としてこうなっただけ。
元気でとてもかわいい声であったのが印象的です。

++++++++++++++++++++++++++

長くなってしまったので(その2)に続きます!

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/13-77fc432e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad