青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

西遊妖猿伝 原作:諸星大二郎(アドベンチャーロード)

作品:西遊妖猿伝
番組:アドベンチャーロード(ダミーヘッドによるオーディオコミック)
格付:B
分類:伝奇
初出:1989年10月30日~11月2日(全4回)
原作:諸星大二郎
脚色:佐々木守
演出:伊藤豊英

花果山(かかざん)の麓の村で暮らす若者・孫悟空は、大猿・玃猿(かくえん)に攫われた母から生まれた運命の子である。
父を戦乱で失い、野女になった母からも捨てられ、孤児として生きてきた悟空。
しかし、大猿(かくえん)に出会い、彼から斉天大星の名を受け継いだことにより、虐げられた民衆のために闘うことを決意する。
そして同じように民衆のために闘う紅孩児(こうがいじ)や竜児女(りゅうじじょ)と出会い、目の前の敵と闘いを繰り返す自分の倒すべき敵が大唐帝国であることに気がつく。
一方、度重なる戦乱とそれに伴う国土の荒廃に心を痛める若き僧侶・玄奘は、それが真の御仏の教えが根付いていないからだと考える。
そして彼は真の仏法を体得するための万難を排して遙か遠くの天竺に行くことを求め始める。

------------------

本作品は、アドベンチャーロード(番組の歴史については別の記事をご参照下さい)が放送されていた時代に、「ダミーヘッドによるオーディオコミック」という名前で、1話=30分に特集番組として放送された作品です。
そのため、厳密にはアドベンチャーロードの作品ではありません。
しかし本ブログでは、青春アドベンチャーの関連作品として紹介した「アルジャーノンに花束を」と同じように、放送時期・作品内容から本作品をアドベンチャーロードに準じるものとして扱います。
ちなみに「ダミーヘッド」とは本作品あたりから青春アドベンチャーの初期まで非常に頻繁に使われていた音響効果の技術です。
詳しい技術的な内容はわかりませんが、ヘッドフォンをつけて聴くと周辺で音が発生しているように聞こえるのが売りだったと思います。
個人的にはそれほど臨場感がある訳ではなかったと思いますが、時々、後ろを振り返りたくなるような臨場感があるシーンもありました。

さて、本作品は諸星大二郎さんの漫画(劇画)を原作とした作品です。
本作が放送されたのは1989年ですが、原作は今でも続いており、諸星さんのライフワークといえる作品です。
中国三大奇書のひとつである西遊記の設定を生かした作品ですが、冒頭の粗筋のとおりストーリーは基本的に諸星さんのオリジナルです。
このラジオドラマは原作の冒頭部分(講談社版大唐篇全10巻のうちの1~2巻部分)に該当し、タイトルは「西遊」とありますが、西域に旅立つ前の部分に当たります。
怪奇漫画で名を馳せた諸星さんの作品ですので、本作も非常に独特な雰囲気のある作品です。
また、ダミーヘッド技術の採用や、後述のとおりの豪華なキャスト、安定感のあるスタッフなど傑作の条件が揃っています。
だからもちろん面白いのですが、本作品が傑作というほど面白いかというと実はやや微妙なところです。
やはり漫画作品のラジオドラマ化は難しいなあ、というのが印象です。
漫画原作作品については別の記事でも書いているのですが、やはり音を聴いただけですぐに舞台を映像としてイメージできるような設定の作品でないとなかなか難しいと感じます。
映像のストックがリスナーの中にあり音を聴いただけで映像を想像できる作品なら良いのですが、本作のような独特な映像的な雰囲気・世界観を持つ作品の場合、原作の良さを完全に再現するのは特に難しいと感じます。

出演者は主人公の孫悟空役が少年隊(ジャニーズ)の錦織一清さん。
少年隊は1985年のレコードデビューで、1987年にブロマイドの年間売上げが第1位になっていますので、本作が放送された1989年はトップアイドルの地位にありました。
今でいえば嵐のメンバーが青春アドベンチャーに出るようなイメージでしょうか。
また、孫悟空の盟友?の紅孩児(こうがいじ)役の中村繁之さんも当時はジャニーズのアイドルでしたし、ヒロイン・竜児女(りゅうじじょ)役の河合美智子さんも売り出し中の若手女優でした。
河合さんが、連続テレビ小説「ふたりっ子」(少女期の主役を三倉佳奈さん・茉奈さん)の「オーロラ輝子」役でブレイクするのはこの少し後の1996年のことになります。
NHKらしい豪華で、そしてちょっとミーハーな配役です。
ところで「ブロマイド」ってご存知ですか?
一定以下の年齢の方はご存知ないかと思うのですが、要は役者・アイドルなどの写真です、昭和末期まではブロマイドの販売枚数が芸能人の人気のバロメーターだったんです。
さて、話を本作の出演者に戻しますと、無支奇(むしき)役の石田太郎さん(「有頂天家族」・「三匹のおっさん」などにも出演)や通臂公(つうひこう)役の三谷昇さん(「西風の戦記」・「穴(HOLES)」などにも出演)などNHK-FMのラジオドラマに多数の出演経験のあるベテラン俳優が脇を固めています。
そして、講釈師役(ナレーション)を、ルパン三世役やクリント・イーストウッドの吹き替えで有名な山田康雄さんが勤めています。
本作でのナレーションはルパン三世やクリント・イーストウッドでの癖のあるしゃべり方とは少し違う、素直で優しい語り口です。
なお、青春アドベンチャー系の作品に出演されている、アニメ「ルパン三世」関係の声優さんを別途、特集記事にしています。こちらの記事も是非ご覧ください。

スタッフについては、脚本が佐々木守さん、演出が伊藤豊英さんの懐かしのコンビ。
佐々木さんは青春アドベンチャー系の番組では主にアドベンチャーロード後期を中心にいくつかの作品を担当されています。
個人的に最もお気に入りはやはり「A-10奪還チーム出動せよ」。
その他「ウインブルドン」や「黄昏のベルリン」なども印象深いです。
一部の作品を除き手元には断片的な音源しか残っていないのが残念です。
ちなみに佐々木さんは「ウルトラマン」の脚本などを書いた有名な脚本家さんのようで、高畑勲さん・宮崎駿さんの作品として有名なテレビアニメ「アルプスの少女ハイジ」の約半分は佐々木さんの脚本のようです。

なお、本作は翌年、続編「続・西遊妖猿伝」が作られています。
そちらについては別の紹介記事をご覧ください。

【伊藤豊英演出の他の作品】
多くの冒険ものの演出を手掛けられた伊藤豊英さんの演出作品の記事一覧は別の記事にまとめました。
詳しくはこちらをご参照ください。





★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、上記のカセットブックはこのラジオドラマを発売したもののようです。廃盤ですが。
その他、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。

関連記事

□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://seisyunadvroad.blog.fc2.com/tb.php/117-0537696b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad