青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

伸坊の哲学的 原作:南伸坊(カフェテラスのふたり)

作品:伸坊の哲学的
番組:カフェテラスのふたり
格付:C+
分類:日常
初出:1985年4月15日~4月26日(全10回)
原作:南伸坊
脚色:津川泉
演出:(不明)
主演:伊武雅刀

本作品「伸坊の哲学的」は南伸坊さんのエッセイ「哲学的」をもとに、少しだけドラマ風に味付けした番組です。
放送された「カフェテラスのふたり」という番組は、1985年4月に前身番組の「ふたりの部屋」から模様替えされた番組であり、本作品はその2作品目にあたります。
「カフェテラスのふたり」は、全般的に女性や若者を意識した現代的な題材を採用することが多く、また、ラジオドラマ(例:「星へ行く船」)だけではなく本作品のようなエッセイ風の作品(例:「ザ・素ちゃんズ・ワールド-"ひでおと素子の愛の交換日記"から」)を多く放送したことも併せて、「ふたりの部屋」と似た傾向の番組でした。
では違いは何かというと、「ふたりの部屋」が15分番組(番組開始当初は10分番組)であったのに対して「カフェテラスのふたり」が10分番組になってこと、また、「カフェテラスのふたり」はラジオドラマであっても出演者が基本的に2人に限られていたことが挙げられます。
総じていうと、基本的にライト側に振られた番組であったと言って良いと思います。

本作品もその流れに乗っており、出演者は伊武雅刀さんと島津冴子さんの2人だけ。
またエッセイの一部をお二人がドラマ風に演じるだけで、基本的にはエッセイにBGMと効果音を付けて伊武さんが朗読したような作品です。
エッセイの内容自体も、何せ南伸坊さんのものですので、良くも悪くも軽やか(あるいは軽薄な?)ものです。
ところでみなさん、南伸坊さんってご存知ですかね?
一時期は文化人的な扱いでかなりTVにもでていたので、一定以上の年齢の方はよくご存知かと思いますが、ここ10年くらいはあまり活動していないので若い方はご存じないかも知れません。
出版社青林堂ではかの「ガロ」の編集長などもしていた南伸坊さんですが、フリーランスになったのが1979年。
1980年代から1990年代にかけては、イラストレーター、エッセイスト、漫画家として、あの特徴的な三角形(?)のお顔もあり(画像検索してみてください)かなり有名でした。
確かに軽薄と言ってしまえばそれまでの内容なのですが、さすが有名エッセイスト。
着眼点はなかなかに面白く、気軽に聞く分にはなかなか楽しい作品です。
良く聴いてみると、賛成しかねる内容も多いのですが。
各回のタイトル及び簡単な内容は以下のとおりです。
毎回冒頭に「使用上の注意」というテーマ紹介の時間があります。

 
回数 タイトル 内容
1 伸坊の哲学的恋愛論 伸坊さんの初めてのナンパの話し。確かにすご美人って無意識のうちに見つめちゃいますよね。
2 伸坊の哲学的変態論 どんなエロ話かと思ったらおしっこネタだった。おしっこの我慢は美徳、根性、維持といったある種のヒロイズムにつながるらしい。
3 伸坊の哲学的差別論 伸坊さんは差別より正義の方が気に入らないようだが、差別と正義は同質のものであり容易く結びつきうるから問題なのではないか。
4 伸坊の哲学的女性論 伸坊さんは小学校5年生時代の栄光の記憶と、そのしょーもない終わりについて。
5 伸坊の哲学的男性論 「女性論」と対になる回…かと思ったら「男性論」の「男性」とは、つまりはアレのことだった。
6 伸坊の哲学的変装論 今でいうところの「コスプレ」。コスプレすると世の仕組みがほの見えたりするらしい。子どもが何か大変なことを発見したと思い込んでいるのと同じにしか見えないが。
7 伸坊の哲学的分類論 スペースが一番高くつく、というのは全く賛成だが、背表紙で本を分類するやり方は全く理解できない。
8 伸坊の哲学的感情論 TVドラマから受ける感動は自分の暖かさに感動しているだけ、とのこと。概ね同意だが、だからといって感動できないエッセーが偉いわけでもなかろう。
9 伸坊の哲学的風呂論 「外から風呂におしっこするのは駄目だが、風呂の中でするのは大丈夫」って理解できないし、西洋の風呂が合理的というのも疑問に思う。
10 伸坊の哲学的群衆論・大衆論 正義とか生命の尊厳とかで手っ取り早く片付けるのは良くないとは思うが、建前が本音の堕落を防ぐという面もあるのでは?

基本的にどうでいい話が多いのですが、特に第5回や第9回ははひどいです(笑)。

さて出演者は、伊武雅刀さんと島津冴子さんのお二人。
伊武雅刀さんは「ふたりの部屋」時代に「さらば国分寺書店のオババ、かつをぶしの時代なのだ」などで怪演されていますし、島津さんも「絶句」などに出演されています。
「カフェテラスのふたり」の2作品目ということもあり、まだ「ふたりの部屋」の色を強く感じる作品です。
それにしてもお二人が色々な声を出されることに感心しました。
特に伊武さんはいつもの派手でオーバーな演技ばかりではなく、地味で普通な会話調の演技も自然なのが印象的です。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

ベルサイユのばら外伝 原作:池田理代子(青春アドベンチャー)

作品:ベルサイユのばら外伝
番組:青春アドベンチャー
格付:B-
分類:歴史時代
初出:1992年11月9日~11月20日(全10回)
原作:池田理代子
脚色:高取英
演出:川口泰典
主演:前田悠衣

女性ながら王太子妃付きの近衛士官を務めるオスカル・フランソワ・ド・シャルジェのもとに、一番上の姉の娘であるル・ルーが行儀見習いにやってきた。
しかし、この少女、男勝りと言われたオスカルが驚くほどの、お転婆。
洞察力が鋭くて行動力があり、小生意気ですばしっこいが、幼稚で泣き虫。
この少女が巻き起こす様々な事件のせいで、オスカルも、彼女の従卒のアンドレも右往左往。
はてさて、次はどんな事件が起こりますことやら。

――――――――――――――――――――――――――

「ベルサイユのばら」といえば、漫画家・池田理代子さんの代表作。
しかし、それ以上に宝塚歌劇団の代表的な演目として知られています。
「あ~い~、それは~気高く~」というやつです。
今でこそあらゆる分野から原作を持ってくる悪食な宝塚歌劇団ですが、意外なことに1974年の「ベルサイユのばら」初演当時には「漫画が原作ではだめだ」との意見もあったそうです。
まさに宝塚歌劇団の歴史を変えた一作であったともいえると思います。

本作品「ベルサイユのばら外伝」の原作は、1984年~1985年に掛けて「月刊Jam」に連載された同じ池田理代子さんによる漫画作品です。
ちなみに2008年に宝塚歌劇団向けに池田理代子さんが書き下ろした「外伝ベルサイユのばら」は全くの別作品です。
本作品の設定は「ベルサイユのばら」本編とほぼ同じで、本編の主役ペアであるオスカルとアンドレ、そしてマリー・アントワネットも主要登場人物として登場します。
しかし主人公はオスカルの姪の少女(というか幼女)ル・ルーであり、事件が始まるたびにオスカルとアンドレがル・ルーに振り回されるコメディミステリー的な作品です。
とにかくこの作品の魅力はル・ルーの魅力とも言い換えてもよいと思います。
オスカルが持ち前の行動力でつかんでくる真実をル・ルーは推理だけで洞察してしまいます。
また、行動力もなかなかのもので、アンドレが「お転婆っているのはオスカルみたいのを言うのだと思っていたが、まだ上がいた」と漏らすほどです。
でも作中で何度も迷子になるなど、あくまで幼女なのがポイント。
結局、アンドレとオスカルを加えた3人が良いトリオになって物語は解決に向かいます。
3人が巻き込まれるのは以下の3つの事件。

タイトル 内容
ル・ルーと、いっしょに来た人形 第1回~第3回 オスカルの家に来る途中で勝手に馬車を下りてしまったル・ル―。ひょんなことから、ある人形を拾うのだが…
トルコの海賊と修道女 第4回~第7回 川を流れてきたトランクから見つかった女の手首。それが修道院を舞台した事件の始まりだった。
悪魔のくすり 第8回~第10回 パリで急に有名なったエベーラという名前の女祈祷師。彼女の作る薬は万能である上に運勢まで良くなるというのだか…

原作ではこのほか、「ジェルジェ将軍の息子あらわる!?」という話があるようですが、残念ながらこのラジオドラマでは省略されています。
そのせいかわかりませんが、「ル・ルーと、いっしょに来た人形」でこれ見よがしに出てきた「泥棒貴族デュフレ一族」がその後出てこなかったのは意外でした。

さて、本作品を演出した川口泰典さんは、自身の演出作品で宝塚出身の女優さんを多用していたのが特徴だった方。
その演出意図を「今日は一日ラジオドラマ三昧」では「派手な演技がさまになる」からと説明されていましたが、正直なところ単に川口さんが宝塚好きだったのではないかというようにも感じます。
本作品のキャスティングも当然のように全員元宝塚の女優さん。
いうまでもなく男性の役も女性が演じる宝塚方式です。
せっかくなら、生歌を披露していただいても良かったのではないかと思いますが、歌の部分はどうも既存の音源を利用されているようです。

さて、具体的なキャストを紹介しますと、まず主役のル・ルー役が青春アドベンチャーではお馴染みの前田悠衣さん。
わたしは真悟」、「ジュラシック・パーク」、「霧隠れ雲隠れ」など、前田さんの幼女(または少女)役は青春アドベンチャーの一つの様式美といっても過言ではないでしょう。
また、準主役のオスカルとアンドレは、「あずみれいか」さんと瀬川佳英さん。
また、マリー・アントワネットは元花組トップ娘役の秋篠美帆さん。
その他、毬藻えりさん、桂紫緒里さん、なかいおりさん、紘美雪さん、蘭このみさん、珠みゆきさん、 郷真由加さんといったところ。
語り(ナレーション)はこの方々が交互に担当されていますが、本編ではほとんどナレーションがない脚本なのでナレーションの存在感はありません(セリフでの状況説明が多いのがやや気になる…)。
実は私のような素人は、宝塚歌劇団は年中、ベルばらをやっているようなイメージがあったのですが、調べてみると本公演に限れば公演回数は意外と少ない。
本作品が制作された1992年までの間だと、 本公演に限れば約20年間で9回だけです。
宝塚歌劇団が4つの組(当時)に分かれていることを考えると、1度もベルサイユのばらの主要キャストを担当せずに退団される方も多いわけです。
実際、本作品のキャストでは、毬藻えりさんが1989年星組公演のマリー・アントワネット役をやっている程度です。
ひょっとしたら、この作品は、そんな本公演でベルばらに縁のなかった方々への川口泰典さんからのプレゼントなのかもしれません。

【川口泰典演出の他の作品】
紹介作品数が多いため、専用の記事を設けています。こちらをご覧ください。傑作がたくさんありますよ。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad