青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

2017年の青春アドベンチャー放送作品一覧【仮設】

【青春アドベンチャー放送作品一覧★仮設記事★】2017年の総括

各年ごとの作品一覧の記事は、通常、その年に新規に制作されたすべての作品について放送時期、格付け等を付して作成しているのですが、2017年の作品はこれから放送されますので、まずは仮設として番組名だけのこの記事を作成しました。
今後、新作が発表されるたびに追加していき、2017年12月に全作品の放送が終わってから、正式な記事に洗い替える予定です。

●「ちいさなちいさな王様
●「帝冠の恋
●「つばき、時跳び
●「UFOはもう来ない
●「青春離婚
●「タイムライダーズ
●「きりしたん算用記
●「あおなり道場始末
●「エヴリシング・フロウズ
●「金魚姫」(予定)
●「斜陽の国のルスダン」(予定)
●「また、桜の国で」(予定)
●(放送内容未定)
●「風の向こうへ駆け抜けろ」(予定)

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

ファイティング40、ママはチャンピオン 原作:鈴木一功(FMシアター)

作品:ファイティング40、ママはチャンピオン
番組:FMシアター
格付:A
分類:スポーツ
初出:2016年10月29日(全1回)
原作:鈴木一功
脚色:藤井青銅
演出:真銅健嗣
主演:佐藤B作

きっかけはママがボクの学校のPTA会長になったことだったんだ。
「プリティ(P)でタフな(T)あたしたち(A)」で知り合ったお母さんたちとボクシングジムに通うことになったママは、突然こう言い出したんだ。
「見つけたわ! これが私の道!」
七宝焼き、フラメンコ、コモンジョ(ってなんだ?)…
パパとふたりで、「またいつもどおりにすぐに飽きるさ」と言っていたんだけど、今回はちょっと違うみたい。
そのうちボクシングジムの会長さんまでうちにやってきて言い出したんだ。
「奥さまは100年に一人のイツザイです!」
「イツザイ」ってなんだ?

――――――――――――――――――――――――――

本ラジオドラマ「ファイティング40、ママはチャンピオン」は、俳優・鈴木一功さんが書かれた同名の小説をラジオドラマ化した作品で、FMシアターでは珍しく原作小説がある作品です。
主役の「正和」を演じたのは俳優の佐藤B作さん、ママの「佳代子」を演じたのは女優(というより声優として有名な)の朴璐美(ぱく・ろみ)さんです。
原作小説における正和と佳代子は、鈴木一功さんご自身とその妻で女優の松坂わかこさんをモデルにしているらしいのですが、実はこのお二人とも、このラジオドラマに別人の役で出演されています
特に、鈴木一功さんは「河童屋」という結構出番の多い役です、

さて、さきほど「モデルにした」と書きましたが、松坂さんは単にキャラクター造形においてモデルにされただけではなく、実際にボクシングをやっているのだそうです。
ただ、松坂さんは女優としてボクサーの役を演じるために始めたそうで、原作小説はこの動機そのままの設定で描かれているそうですが、このラジオドラマ版では妻・佳代子が女優であるという設定はなく、彼女はボクササイズを目的としてボクシングを始めます。
FMシアターは小説一冊を丸ごとラジオドラマにするにはかなり窮屈な50分枠の番組であり、例えば「レインツリーの国」などもかなり場面を整理したシンプルな構成に変更されていました。
本作品の原作小説も139ページありますので、脚本家・藤井青銅さんが色々と工夫をした結果の一つが、この設定変更なのだと思います。
ただ、藤井青銅さんは、「ボクササイズ目的で始める」という緩い設定にすることによって、敢えてコメディ色を強めたような気もします。
原作に「ヨーグルト納豆」は出てくるのかな?

さて、この記事の冒頭では、息子の「真一」(演:山崎智史さん)目線で作品内容を紹介したのですが、ラジオドラマ自体は夫の正和目線で展開します。
本来は佳代子が主役なのかも知れませんが、敢えて佐藤B作さんのモノローグで全体を構成することにより、何となく柔らかい雰囲気の作品になっています。
また、佳代子を演じる朴璐美さんも、青春アドベンチャーでの「太陽の簒奪者」、「レディ・パイレーツ」などの凜々しいイメージが強いのですが、本作品ではいい感じのおばさんぶりを発揮しています。
思えば、1999年(当時27歳)「∀ガンダム」の主人公ロアン・セアック役や2003年(当時31歳)「鋼の錬金術師」の主人公エドワード・エルリック役でブレイクした朴さんも、もう44歳。
母親役が似合うはずです。
ただ、朴さんの本領はやはり「強い女」(あるいは男)。
ボクシングに取り組むファイティング40は朴さんにぴったりの役でしょう。

そういえばこのボクシング、ラジオドラマでありそうでなかなかない題材です。
FMシアターでの採用例はよくわからないのですが、よりエンターテイメント色の強い「青春アドベンチャー」でもボクシングを題材にした作品はありません。
プロレス(「1985年のクラッシュ・ギャルズ」、「ハリーとアキラ」)やキックボクシング(「闘う女。」)はあるんですけどね。
本作品のボクシングシーンは、正直言って「ウォー」というセリフや「フッフッ」という息づかい、それにバンバンというパンチの音などが目立つばかりで、あまり工夫が凝らされているようには感じないのですが、それなりに迫力があるシーンになっているのは、朴さんとクリスティーン・ライカを演じたリン・ホブディさんの好演があってこそでしょう。
それにこの作品、「ファイティング40」(佳代子40歳の1年間の情熱の向け先)がボクシングであっただけで、勝負の内容や結果自体が大きな意味がある作品ではありませんしね。

【藤井青銅原作・脚本・脚色の他の作品】
青春アドベンチャーの長い歴史において、最も多くの脚本と最も多くの笑いを提供しているのが脚本家・藤井青銅さんです。こちらに藤井青銅さん関連作の一覧を作成していますので、是非、ご覧ください。



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad