青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

あなたに似た自画像 作:新井まさみ他(青春アドベンチャー)

作品:あなたに似た自画像
番組:青春アドベンチャー
格付:B-
分類:多ジャンル
初出:2016年10年17日~10月28日(全10回)
作 :(下表のとおり)
演出:小見山佳典
主演:国広富之ほか(詳細は下表のとおり)

少し前の青春アドベンチャーでは、「不思議屋シリーズ」(不思議屋百貨店、不思議屋旅行代理店など)や「ライフシリーズ」(インテリア・ライフアクア・ライフなど)といった脚本競作によるオムニバス作品が頻繁に制作されていました。
2015年に「フラワー・ライフ」が制作されていますので、一応、ライフシリーズは継続しているようですが、昨今、タイトルの一部を共用するオムニバスシリーズはすっかり下火になっています。
そんな中で制作された、この「あなたに似た自画像」は2016年の新作で唯一のオリジナル脚本のオムニバス短篇ドラマ作品です。
この「あなたに似た自画像」というタイトルで思い出されるのは、2014年に同じ小見山佳典さんの演出で制作された「あなたがいる場所」。
「おっ、新しく『あなた』シリーズが始まったのか?」と思ったのですが、よく考えたら「あなたがいる場所」は、全話、沢木耕太郎さんの原作がある作品でした。
よって、この「あなたに似た自画像」と「あなたがいる場所」は似て非なる形態の作品ではあるのですが、オムニバス作品であることは共通しており、今後、「あなた」シリーズとして継続していく可能性はあると思います。
そういえば青春アドベンチャーとは縁の深い藤井青銅さんの小説に「あなたに似た街」というものがあります。
この作品もオムニバス作品のようですので、これを使えば簡単にシリーズっぽくなりますね。

さて、本作品は毎回冒頭に「人生はコンフリクト。不合理で矛盾に満ちている」と言葉から始まり、人生の一断面を切り取ったようなドラマが始まります。
なお、公式ホームページでは「現代の家族のありようを10人の脚本家が描く」と書いてありますが、「家族のありよう」とはあまり関係ない作品も結構含まれています。
また、「あなたがいる場所」との比較で言うと、「あなたがいる場所」が基本的に不思議な出来事は起こらない現実的なドラマであるのに対して、「あなたに似た自画像」には一定のファンタジー要素が織り込まれている作品が多いことが特徴です。
各回の概要は以下のとおりです。

話数 タイトル 脚色 主演俳優 ジャンル 格付 粗筋 一言
1 いない、いない、ばあ 新井まさみ 国広富之 幻想(日本) B 育児休暇を取ったが空回りばかりの男。そこに小学生の女の子が育児ボランティアにきたのだが。 これはズルイ。本当にベタベタの展開だがそれでもしんみりさせられてしまう。子を持つ親には反則ものの作品。
2 ある日、ヤモリは縁側で 山田文恵 永宝千晶 幻想(日本) B- 男と別れた。しかし、彼と住むはずだった家にひとりで引っ越すとそこには男の声が。しゃべっているのは、ヤモリ? 子離れできない母親から、責任感を持たない男に乗り換えても、共依存からは脱せない。そもそも自立するなら空いている祖母の家ではなく、自力で部屋を借りるべき。
3 あのひとのカナリア 中澤香織 手塚祐介 少年 AA 渡り廊下で、見覚えない眼鏡の女子に急に手を引かれた。「全然変わっていないね。トモ君が私にしたこと、忘れてないから…」 小飯塚貴世江さんの演技が期待どおりの気持ち悪さで絶品。後味の悪さがとても気に入った作品(ん?、褒めていますよ!)
4 欲望は転移する 石原理恵子 植田真介 職業 B 人と関わるのは煩わしい。今日も森田さんにお昼の自由な時間を邪魔された。いい加減にして欲しい… 友達が少なくてもいい。人に頼ってもいい。どちらも正解。でも、一歩を踏み出す勇気は大切なもの。ありきたりな話だが、最後の上田さんの演技はちょっと好ましかった。
5 息子までの飛距離 時乃真帆 浅野雅博 日常 C 幼い息子との距離の取り方がわからない。これではまるで、あんなに嫌っていた父親と同じじゃないか。 ひねりのないお涙頂戴もの。自分の言動を親のせいにする主人公も、「器用じゃない」を言い訳にする親も好きになれない。浅野さんの演技はさすがだが。
6 車の羽音 中庭順子 前東美菜子 日常 B 育児と仕事の両立に悩んで母に相談したら、なぜか高齢の祖父に運転をやめるように説得に行けと言われた。 F1ドライバーのスターリング・モスは「男には下手だと認めたくないことが2つある。運転とセックスだ」といったらしい。
7 誠実な浮気 田中攝 吉見一豊 日常 C 育児ノイローゼ気味だった妻が最近、機嫌がいい。薄っすら化粧もしている。機嫌がいいのは良いが何だか気になる。 主婦の孤独(?)と工場の環境変化を関連付けられても、こじつけにしか聞えない。結末は諧謔的にしたのかもしれないが、単に後味が悪い。
8 夜明け前の朝日 湯川立子 手塚祐介 幻想(日本) B- 青いビー玉みたいだけど、ぼくは生まれる前の魂。明日までにママを探さなければいけないんだ。 パパは探してくれないのか(涙)。それにしても、今時、不動産はノリで買わない方がいいと思います。
9 愛の相対性理論 中治人 谷川清美 恋愛 C+ 「このままではあなた方の愛は破たんする」突然、話に割って入ってきた女。「しかし二人の愛は永遠に不滅なんです!」 相対性理論を社会心理学に絡める?浮気はどうなったの?何でみんなで歌うの?意外な展開は楽しめたが、ストーリーはさっぱりわからない。
10 ひと部屋ホテル 吉田海輝 国広富之 幻想(日本) B- 離婚協議の心労で全く執筆が進まない作家がようやく見つけた場所は、地下に客室が一部屋だけのホテルだった。 第9話から一転、こちらはオチが読めすぎるなあ、なお、こちらの小飯塚さんはいたってまとも。ベテラン女優さんらしい演技。

国広富之さんと手塚祐介さんが2回ずつ主演を務められています。
手塚祐介さんは「雨にもまけず粗茶一服」に続き2作品連続の出演です。
そろそろ手塚さんを主役に据えた長編があっても良いように感じます。
また、国広富之さんは「あなたがいる場所」でも2回主役を務められていました。
本作品でも第1回と最終回で主演していることも併せると、やはりこの作品の看板は国広富之さんだと思います。
ただ、個人的に一番印象的だったのは第3回「あのひとのカナリア」に出演されている小飯塚貴世江さん。
双子島の秘密」に出演された時もとても気になっていたのですが、残念ながら「双子島の秘密」では終盤に存在感がなくなってしまう役でした。
「あのひとのカナリア」では、終始、ぐさっとくるセリフを独特の声と演技で連発しており、一種独特の迫力があります。
例えば、「遠くから見ると人の笑った顔ってバカに見えるね」、「謝れば許して貰える世界観か」、「罪悪感って人をコントロールできるね」、「あたし罪悪感についてはちょっと詳しいよ」などなど。素敵です。
この回のシナリオを書かれたのは中澤香織さんなのですが、今回の脚本家10人のなかでは田中攝さん(「なくしたものたちの国」、「いまはむかし~竹取異聞」、「クラバート」)と並んで、数少ない青春アドベンチャーで長編の脚色経験のある方(「リテイク・シックスティーン」)。
さすがに経験の違いを感じます。
それにしてもこのお二人を始めとして、今回の脚本家陣に何と女性の多いことか。
この分野でも女性の活躍は著しいですね。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

ぼくらのペレランディア 原作:島田満(アドベンチャーロード)

作品:ぼくらのペレランディア
番組:アドベンチャーロード
格付:A
分類:SF(その他)
初出:1989年7月3日~7月7日(全10回)
原作:島田満
脚色:島田満
音楽:BANANA
演出:角岡正美
主演:丸山匠

人類最後の英雄キャプテン・ポードキンに率いられたアレフ80号が、謎の惑星ペレランディアへ向かう途上で消息を絶ったのは、ぼくが4歳のときのこと。
その後、宇宙開発は急速に萎んでいき、今では冥王星基地すら全面的に閉鎖、宇宙船もほとんど飛んでいない。
人類は地球に引きこもってしまった。
どうしてこんなことになってしまったんだろう。
ぼくは飛びたいんだ。
宇宙の大海原をどこまでも、キャプテン・ポードキンのように。
大人になったら宇宙飛行士になれる?13歳では早すぎる?
でも今の状況では宇宙飛行士になったって宇宙飛行が出来る可能性は僅かだ。
それよりなにより、僕は今すぐにでも飛びたいんだ。

――――――――――――――――――――――――――

本作品「ぼくらのペレランディア」は脚本家・島田満さんの小説「ぼくらのペレランディア!」をラジオドラマ化した作品です。
このラジオドラマ版のタイトルに「!」が付いていたかは、放送を聞いただけではわかりません。
いずれどこかの紙ベースの資料で確認したいと思います。
さて、放送を聞いただけという面からいうと、もう1点、不明確なことがあります。
本作品の放送中では「作 島田満」と言っているのですが、この「作」という言い方はNHK-FMの場合、通常、オリジナル脚本の作品に使われます(原作がある場合「原作」という)。
しかし、本作品にはこのラジオドラマが放送される約3年前に発刊された立派な原作小説があるようです。
一方、脚色者は読み上げられていません。
島田満さんはもともと脚本家であり、「五つの魔法の物語」のようにNHK-FMでもラジオドラマの脚本を書いたことがある方ですので、恐らく自らの原作小説をご自身で脚色したのが本作品だと思います。
このようなパターンは本作品のほかにも、「あたしの嫌いな私の声」(成井豊さん)、「愛と青春のサンバイマン」・「笑う20世紀」など(藤井青銅さん)、「昔、火星のあった場所」(北野勇作さん)、「恋愛映画は選ばない」(吉野万理子さん)など結構、例があります。
本作品が原作者による脚色であるという前提で聞いてみると頷ける点があります。
本作品、なかなか脚本が素晴らしいのです。
全5回と、この番組枠としては短めの作品ですが、主人公ダーゼット少年のモノローグを中心に、かなりのスピード感でグングン進んでいきます。
10分番組だったFMアドベンチャー時代を彷彿とさせるテンポの良い構成です。
物語の中盤、第3回のラストで提示される「キャプテン・ポードキンは生きており、しかも密かに地球に帰ってきているのではないか」という謎もなかなかスリリングで、適度なミステリー要素にもなっています。
この第3回は、他の回と違い、劇部分が終わったあと「ぼくらのペレランディア第3回。ではまた明日。」という最低限のナレーションが流れるだけで、出演者紹介などは一切なしでそのままBGMとともにストンと終わるなど、演出もなかなか洒落ています。
そうそうBGMといえば、本作品はアドベンチャーロード時代ではかなり珍しいオリジナルの劇伴が付いた作品であることも好印象の原因かも知れません(作曲家はBANANAさん)。
本作品、主役のダーゼットが13歳であり、彼と共に「宇宙戦士同盟」を結成し古い宇宙船(「ペレランディア号」と命名)を復活させようと奮闘する面々、ビリー、フリル、サボイ、ウンガノボも同級生の少年少女。
ただでさえ姦しい子どもの集団であるうえに、彼らの役に(たぶん)子役を当てていることから演技自体もちょっとたどたどしい。
彼ら声を合わせて叫ぶシーンなどは如何にも児童劇団風でちょっと引いてしまいます。
これらの点で個人的にあまり好きなタイプの作品ではないのですが、脚本の良さが優り、それがあまり気になりませんでした。
小さいところを見ると、例えば修理可能な宇宙船が子どもの行動範囲に放置されていることの不自然さなど、いくつも気になることもあるのですが、全5回では説明不足になるのはある程度やむをえないと思います。
いずれにしろ、さすがご自分の小説の脚色だと思います。

さて、作品のストーリーを全く無視して説明を進めてしまいました。
今更ですが少しだけストーリーの説明をしますと、時代設定は2075年。
ワープ航法の開発により人類は外宇宙への飛躍を約束されたようにみえたのですが、居住可能な惑星の発見に失敗し、一挙にクールダウン。
人類はすっかり宇宙開発を諦めている時代です。
そんな時代にダーゼットたちは少年少女だけで宇宙船を修理しようといます。
そこに現れるウォレスという男性。
最初は単なる管理人と思われたものの、宇宙に関する知識と立ち居振る舞いはとても普通の人間とは思えない。
ダーゼットは彼が消息を絶ったポードキンなのではないかと思うのですが…
ここからは聴いて(読んで)のお楽しみとしましょう。

本作品の出演者は丸山匠さん、北浦義典さん、榊原忠美さん、小川裕二さん、安保信之介さん、桜井さやかさんといったところ。
誰がどの役かさっぱり分からないのですが、並び順からすると丸山匠さんがダーゼットなのでしょう。
個人的にはウォレスを演じていた人の名前が気になる。
ちょっと正宗一正さんにも似たなかなか印象的な声でした。



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad