青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

夢巻 原作:田丸雅智(青春アドベンチャー)

作品:夢巻
番組:青春アドベンチャー
格付:A+
分類:幻想(日本)
初出:2016年8月22日~8月26日(全10回)
原作:田丸雅智
脚色:ふじきみつ彦
演出:景山潮
主演:マギー

長年の親友・村上に指定されたバーにやってきた堀川。
最近、管理職になったばかりで何かと多忙の堀川を村上が気遣って、とっておきの店を紹介してくれたのだ。
しかし店に一歩、足を踏み入れた堀川は目の前の光景に驚いてしまった。
よだれ、鼻水、涙…
村上が穴という穴から液体を出しながら、至福の表情で、葉巻の様なものを吸っていたからだ。
村上は煙草すらやらなかったはずだ。
一体どうしたのだ。
狼狽する堀川に対して、村上が説明を始める。
彼が吸っているのは葉巻ではなく「夢巻」であること。
そして、「夢巻」は、特殊な処置をした紙で燃やして吸うことにより、その紙に込められた思いを追体験できるものであるということを。

――――――――――――――――――――――――――

「夢巻」、意外といいじゃないですか。
いえね、このブログで何度も書いている通り、私、青春アドベンチャーではしっかりとした原作が付いた硬派な冒険ものをラジオドラマにして欲しいと常々思っている訳です。
そのため、「不思議屋シリーズ」や「ライフシリーズ」など、青春アドベンチャーで時々放送されるオムニバス形式の1話15分の短編作品集には、あまり高い評価を付けないことが多いのです。
もちろんオムニバス作品のファンを否定するつもりではなく、そういう作品もあっても良いと思っています。
あくまで個人の趣味嗜好の問題。

ではありますが、この夢巻はなかなかイイ!
特に、第5回の「星を探して」はなかなか気に入りました。
「曜日をカスタマイズできる世界」というだけでは単なるトンデモ設定のファンタジーですが、「星曜日」(せいようび)という発想が何だか宮沢賢治チックでとても素敵じゃないですか。
この回だけなら格付けもAAにしたいくらいです。

その他の回も、部下がいつの間にか別人に入れ替わっている「白石」(第2回)、大根で人を切る"大根剣"の争いを描く「大根侍」(第3回)、紙に押した印影が逃げ出す「印鑑騒動」(第4回)となかなかバラエティーに富んだお話。
原作者の田丸さんは「星新一の孫弟子」という何とも微妙なキャッチフレーズで売り出されているようですが、あまり星新一くささは感じられず、むしろもっとファンタジー寄りのお話が多いように感じました。
また、考えてみると、本作品の奇妙な世界観は「不思議屋シリーズ」にも似た印象も受けます。
しかし、脚本家の競作である「不思議屋シリーズ」と違って、ショートショートを得意とする田丸さんが一貫したシリーズとして書いたからか、とても聞きやすい作品という印象を持ちました。
聞きやすいという意味では、夢巻を吸い終わってからバーで「堀川」と「村上」がさりげなく作者の意図を伝えるセリフ(例:第2回であれば「誰もが自分は他人と替えのきく存在であることを潜在的に恐れているのでは」)が入るなど、親切設計であることも聞きやすい原因であると思います。
青春アドベンチャー初登場の脚本家、ふじきみつ彦さんは、これからも注目ですね。

実はこの作品、第1話は「村上」と「堀川」の過去を追体験する作品であり、これを聴いた段階では過去の体験をノスタルジックに追体験する回が続くのだと思っていました。
しかし、第2話で体験する内容は過去に合った現実の出来事ではなく、誰かの思いを拡大・再構築した内容であり、夢巻の効果は明らかにファンタジー方向に振れていきます。
この辺では個人的にはあまり嬉しくないなあ、と思っていたのですが、拒否反応を示すほどではない良作が続いた後に、「星を探して」で締まったので、なかなか良い視聴後感が残りました。
確かに名刺だって手帳だって、色々な思いがこもっているんですよねえ。
同じような構成(キーとなる場所・人に戻ってくる形式のオムニバス)を取る「なぞタクシーに乗って…」や「神南の母(ママ)の備忘録(メモワール)」と比較しても一番のお気に入りです。

さて、本作品の主役である「堀川」を演じるのは俳優のマギー(男性)さん。
ハーフのモデルのマギー(女性)さんではありませんし、ましてや「マギー四郎」さんや「マギー審司」さんではありませんよ。
マギーさんは青春アドベンチャーではすでに「ロズウェルなんか知らない」や「プリセス・トヨトミ」などでのユーモラスな演技が印象的でしたが、今回はついに主演。
もともとは明治大学の演劇サークルのメンバーで結成された演劇集団「ジョビジョバ」のリーダーで、現在ではテレビドラマや映画など多方面で活躍されています。

また、もう一人の主役ともいうべき「村上」を演じたのは蟹江一平さん。
蟹江敬三さんを父に持つ俳優さんで、青春アドベンチャーでは「ゼンダ城の虜」、「ゼンダ城の虜~完結編・ヘンツォ伯爵」で主演されています。
本作品、夢巻を吸って不思議な世界に入っていくのは基本的には「堀川」なのですが、第3回のみ「村上」が吸う立場になりこの回のみ、蟹江さん主演と言っても良いと思います。

その他、お笑いコンビ「ラバーガールズ」のふたり(大水洋介さん・飛永翼さん。どういう縁で声がかかったのでしょうかね?)が出演されていたり、相変らず小林勝也さんの声は渋かったり、全般的にユーモラスでありつつ安心して聴けるキャスティングです。
本作品、NHK本局の制作ではなくNHK松山局の制作なのですが、意外とやるな松山局。

それにしても一つだけ疑問が残ります。
「穴という穴から液体を出しながら至福の表情」とか「特殊な処置をした紙を燃やして吸う」とか、これって改めてみると完全にヤバいものなのでは?
堀川!、村上! 大丈夫か?騙されていないか?
マスター(演:ジェフ・ゲダート)!これって本当に安全なのですか!?
「だいじょ~ぶ~ お楽し~み~ください~」(byマスター)



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

夢の10分間 原作:豊田有恒(ふたりの部屋)

作品:夢の10分間
番組:ふたりの部屋
格付:B-
分類:SF(日本)
初出:1982年1月11日~1月22日(全10回)
原作:豊田有恒
脚色:加藤直
演出:(不明)
主演:斎藤晴彦

SF作家・豊田有恒さんの同名のショートショート集「夢の10分間」の中から10編をドラマ化した作品です。
本作品を放送した「ふたりの部屋」は、本作放送当時、月曜日から金曜日のそれぞれ10分ずつ放送される帯番組でした。
そのため、この「夢の10分間」というタイトルを見ると、あたかもこの番組のために書き下ろされたオリジナル作品のようですが、別途、原作本があるようですので、「10分間」が一致しているのは偶然のようです。
ちなみに「ふたりの部屋」は、本作品放送の約3カ月後の1982年4月から15分番組になっています。
もし、4月以降に放送されていたなら、「夢の10分間」というタイトルなのになぜか放送時間は15分という奇妙な作品になってのでしょうね。

さて、豊田有恒さんと言えば、私にとっては「宇宙戦艦ヤマトの原案者」であり、アニメやジュブナイル方面での活躍が印象的ではあるのですが、いうまでもなくそれに止まる方ではなく、小松左京さん、星新一さん、筒井康隆さん、眉村卓さんなどに代表されるSF第一世代を代表する書き手のひとりです。
特にショートショートの書き手という点では(星新一さんは別格として)かなり有名な方であったと思います。
NHK-FMでは豊田さんの原作作品としては他に「パチャカマに落ちる陽」もラジオドラマ化していますが、やはり豊田さんらしいショートショートとといえばこの作品でしょう。

さて、全10回の概要は以下のとおりです。
古い作品ですが、お蔭さまで何とか全話聞くことができました。

回数 タイトル 内容 一言
1 隣りと戦争 隣りの家とどうしても馬が合わない。こうなったら宣戦布告だ。 段々とエスカレートしていくのはショートショートの定番かな。
2 カーマニア異変 ある朝、気がついたらガレージにいた。目は見えるが身体は動かない。一体何が? 変身もの。一体何に返信してしまったのかは聴いての(読んでの)お楽しみ。
3 子供 超能力者は殺しても構わない。だって心の中を読まれるなんて耐えられないじゃないか。 一種のディストピアもの。展開もオチもブラック。
4 女の子 息子が同級生の女の子に虐められた。最近は女の子の方が男っぽいらしいのだが。 「男の方が美しく、夢はお婿さん」という社会だからといってディストピアとは限らないか。
5 出ておいで(※) 山奥のコテージ。夜、獣の吠え声が聞こえてくる。あれは日本狼?まさか。 人口減少社会に入った日本。いつかこういうこともあるのか知れない。
6 逆上コンサルタント 逆上こそ全ての秘訣、逆上こそ全ての扉を開ける鍵。そう、私は逆上コンサルタント。 「コンサルタントもの」。「逆ギレ」といえばそれまでだが意外と今でも有効なのかも。
7 悪運 「人間の運はトータルで決まっている」が持論の友人・遠山が急にツキ始めたのだが… とてもストレートなオチ、というと大体想像できてしまうかな。
8 さらば、スピードよ ある日、車に乗ったら急にスピードを出すことが怖くなった。しかも私だけではなく… 進化の方向性を「恐竜は巨大化、人類はスピード化」と捉えたのは面白い。
9 分身 30世紀の未来から、子孫の未来人が私の身体の中にサイコポーテーションをしてきた! 言ってみればドタバタSF。勝手に身体を操ったり、良くある展開ではある。
10 ご当地邪馬台国 私は邪馬台国コンサルタント。邪馬台国ブームで、あちこちの町と村から依頼殺到中だ。 これもコンサルタントもの。それにしても魏志倭人伝って2000字足らずなんですね。
(※)おんおんさんから情報をいただきました。詳細はコメント欄をご参照ください。

前半5回が「マイホームショートショート」と銘打たれていることからも分かるとおり、必ずしもSF色が強い作品ばかりではありません。
シチュエーションが特殊なだけの話しが多く、SFといっても「すこし不思議の方のSF」といったところでしょうか。
なお、原作小説(講談社文庫版)に掲載されていた25作品のうちラジオドラマ化されなかった14作品は以下のとおりです。

「美人コンサルタント」「愛しのGT-R」「最後のGT」「赤ん坊」「報酬」「用語コンサルタント」「恋人」「小さいことはいいことだ」「オフィス」「奇跡」「オリジナリティー」「晩秋の海」「USA騒動記」「恐竜観光」「夢の10分間」

出演者は、「ふたりの部屋」の名のとおり、斎藤晴彦さんと神保共子さんのおふたり。
後半の5話にはゲストとして服部吉次さん(放送からお名前を聞き取ったので本当にこのかたかはわかりません)も出演されています。

斎藤晴彦さんは、早稲田大学文学演劇学科を卒業後、小劇団を主な活躍の舞台としていた方で、本作放送当時は一般的には無名の方でした。
その後の1986年にKDDのCMでクラシックの替え歌を披露して一躍ブレイク。
突然TVに出始めたのを覚えています。
NHK-FMでは、「斎藤晴彦の試験によく出るモーツァルト」など、1990年から1992年に放送された「サウンド夢工房」の作品に多く出演されていました。
本ブログではすでに「フランケンシュタイン家の家庭読本」を紹介済みです。
惜しくも2014年に他界されているようです。
神保共子も文学座に所属する主に舞台を主戦場とされてきた女優さんです。
神保さんはまだご健在のようです。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad