青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

10人のシンデレラ パートⅢ 作:湯本香樹実(カフェテラスのふたり)

作品:10人のシンデレラ パートⅢ
番組:カフェテラスのふたり
格付:B
分類:幻想(その他)
初出:1988年2月29日~3月11日(全10回)
原案:山室静
作 :湯本香樹実
演出:角岡正美
主演:中尾幸世、銀粉蝶

「シンデレラ」といえば、今ではすっかりディズニーアニメがイメージされる訳ですが、もともとは世界中に類似の話が伝わっている民間伝承なのだそうです。
その範囲はとてつもなく広く深く、西欧のみならず中国にも類似の話があり、古くは紀元前1世紀にギリシアの歴史家ストラボンが記録したエジプトが舞台の話にまで遡る。
どの話も継母や義姉にいじめれたり、王子や王様に見初められたり、何かの道具を切っ掛けに幸せになったりといった基本的な構造は同じです。
そして、17世紀にフランスの文学者シャルル・ペローが、「ガラスの靴」や「かぼちゃの馬車」といった要素を取り入れたのものが、ディズニーのシンデレラの原型になりました。
この話に、これほど広汎な人々に受け入れられるに値する如何なる普遍的な価値があったのか、また、出所がひとつだとするとどのように伝播したのか、興味は尽きないところです。

さて、本作品「10人のシンデレラ」はそのような世界中に散らばったシンデレラのバリエーションをラジオドラマにした作品です。
本作品が放送された「カフェテラスのふたり」という番組は、本作品のようなリリカルな作品も多く、童話を題材にしているという点では「女たちの15の伝説/グリム幻想」も同様の作品でした。
本作品の元ネタは山室静さんの「世界のシンデレラ物語」(新潮選書)で、本作品ではこの中の8編を、脚本家の湯本香樹実さんが脚色(構成)しています。
湯本さんは非常に多くのNHK-FMのラジオドラマの脚色を担当されている方で、青春アドベンチャーの記念すべき第1作「14歳のエンゲージ」も湯本さんの脚色作品でした。

なお、「カフェテラスのふたり」では、合計3回、「10人のシンデレラ」という作品が放送されています。
1986年7月と1987年7月、そして1988年2月~3月。
それぞれの回がどのような内容だったのかは、いまひとつ判然としないのですが、ネットで調べてみると、1986年7月の作品が高樹沙耶さんと倉崎青児さんの出演、1987年7月の作品(「パートⅡ」と表記されている資料もある)が山下花奈さんの出演、1988年2~3月の作品(「完結編」や「総集編」と表記されている資料もある)が中尾幸世さんと銀粉蝶さんの出演とされていますので、出演者からすると今回紹介する作品は、最後の「完結編」だと思います。
ただし、作品中では「完結編」とは特に言っておらず、最終回で「パートⅢ」といっていますので、本ブログでもそのように表記しています。
何はともあれ、このパートⅢで紹介する「シンデレラ」は以下の全8話。
第1回・第2回で放送された「アイスランドのシンデレラ」と第6回・第7回で放送された「インドのシンデレラ」が前後編です。
作品は全体的にとてもリリカルなのですが、中尾幸世さんと銀粉蝶さんが淡々と話されることもあり、作品全体が落ち着いた雰囲気です。
そのため、一見分かりづらいのですが、良く聞くと、重く、残酷な要素が多いのが内容上の特徴になっています。
ただ、もともと童話とか民話とかは本当は結構残酷なものが多いのかも知れません。
「シンデレラ」なのでどの話しも一応、ハッピーエンドなのが救いでしょうか。

回数 タイトル 一言
1 アイスランドのシンデラレラ 前半で完結しても良かった話だが、後半も一波乱、二波乱。それにしても、靴を履かせるために踵を削る、母親に娘の肉を食べさせる、火薬を使って爆殺するなど、やたらと残酷な内容。
2
3 タイのシンデレラ 途中で本当に死んでしまうシンデレラと、それでもストーリーは続いて、結局ハッピーエンドになる展開は斬新。
4 日本のシンデレラ さすがに日本のシンデレラにはガラスの靴も舞踏会も出てこない。シンデレラの両手が切断されてしまうという展開は「タイ」以上に衝撃的。
5 フィンランドのシンデレラ 継母は登場しないが意地悪は姉は健在。一番、愚かな者が幸せをつかむ、何が賢くて何が愚かなのかはわからない。ちょっと考えさせられた。最近「一番伸びるのは、素直な頑張り屋さんだなあ」とつくづく思う。
6 インドのシンデレラ シンデレラが二人いるのは、それほど重要なポイントではなかった。最後に中尾さんも言っていたが王様が来ない方が幸せだったかも知れない。それにしてもなぜシャコ?
7
8 ドイツのシンデレラ こどもの首を切るとか、スープにするとか、これまた結構残酷。また、いじめられるのは男の子という特殊なパターン。何となくシンデレラというより猿蟹合戦風。
9 ジャワのシンデレラ こちらは王子様が登場しないパターン。運命を決めるのは山姥。義理の姉がシンデレラの真似をしようとするが…というのは昔話によくあるパターンだと思う。
10 イタリアのシンデレラ 一見、最も正統的なシンデレラストーリーに見えるが、よく考えると実はシンデレラ自身が一番最初にとんでもない行動をしているのがすべての原因だったりする。

あまりにリリカルな内容で、本来私があまり好きなパターンの作品ではないのですが、典型的なシンデレラストーリーと比べて、どこが違うかという視点で聴いているとなかなか楽しめました。
私は音源を持っていないのですが、パートⅠ、パートⅡも聞いてみたいと感じました。
もしお持ちの方がいらっしゃいましたら、お聞かせいただけると嬉しいです。

出演者は、伝説のパートタイム女優・中尾幸世さんと、銀粉蝶さんのお二人。
中尾さんについては熱心なファンがいるので、詳しく知りたい方は以下をご確認くださった方が良いと思います。
TVドラマでは佐々木昭一郎さん演出のものにだけ5本出演された中尾さんですが、ラジオドラマには結構出演されており、本ブログでは過去、「赤糸で縫い閉じられた物語」を紹介済みです。

(外部リンク:微音空間)http://www.bion.sakura.ne.jp/

また、芸名が印象的な銀粉蝶さんは、2016年7月に「オリガ・モリソヴナの反語法」で久しぶりにNHK-FMの帯ドラマに出演されました。
本記事は「オリガ・モリソヴナの反語法」に連動して書いてみたというのが真相です。

なお、本作品の次に放送された東理夫さん作の「さよならの春」で「カフェテラスのふたり」は終了することになります。
1978年に市村正親さん主演の「銀河鉄道999」でスタートした「ふたりの部屋」に始まる帯ドラマの枠はひとまずここで終了し、NHK-FMの帯ドラマは、よりエンタメ色の強い「アドベンチャーロード」に一本化されます。
しかし、アドベンチャーロードの後番組として1990年に始まった「サウンド夢工房」において、「ふたり」系の番組でよくつくられていたリリカルだったりカジュアルだったりする作品群が復活することになります。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

遊佐未森のひなたVOX (サウンド夢工房)

作品:遊佐未森のひなたVOX
番組:サウンド夢工房
格付:C+
分類:日常
初出:1992年2月17日~2月21日(全5回)
原作:遊佐未森
脚色:遊佐未森
演出:川口泰典、佐藤譲
主演:遊佐未森

サウンド夢工房」で放送された、この「遊佐未森のひなたVOX」は、シンガーソングライター遊佐未森さんのエッセイ、おしゃべり、歌で構成された作品でした。
遊佐さんの言葉を借りるならば、「日々、遊佐さんが感じている様々なことを、ひなたぼっこをするつもりで聞いてもらいたい作品」とのことです。

「サウンド夢工房」は、ラジオドラマ主体の番組ではありましたが、前身番組の「アドベンチャーロード」や、後継番組の「青春アドベンチャー」のようにラジオドラマ専門の番組ではありませんでした。
そのため、エッセイ風の作品も数多く制作され、「谷村有美の雨のち、夕焼け」も本作品と同様に歌手本人が、まるで自分の冠番組のパーソナナリティのように自らのエッセイを読んだり、歌を紹介するような作品でした。
私は聞いたことがないのですが、同じ川口泰典さんが演出した「斉藤由貴の愛の詩集」や「平松愛理のとっておきの15分」、「関口誠人の今夜のみみたぶ」あたりも同様の作品だと思います。

なお、この「遊佐未森のひなたVOX」には「原作」と目される書籍があります。
1991年に音楽之友社から発売された「ひなたVOX」です。
この本は週刊FMに掲載された記事をベースに撮り下ろし写真やロングインタビューを加えたものだそうです。
このエッセイ作品をラジオ化したのが本作品だと思うのですが、実は「ひなたVOX」は、NHK-FMでラジオ化される前に1988年に三重エフエム放送でもラジオになっているようです。
早い物好きのNHK-FMスタッフですので、同じ作品を後追いでラジオ化するのはなかなか珍しいことだと思います。

さて、本作品は上記で説明したように、遊佐さんがあたかもラジオのパーソナリティのように話す作品なのですが、自作のエッセイを著者自らが読むという面では、一種の朗読作品でもあり遊佐さんのしゃべりも演技的な側面があります。
しかし、残念ながら、演技としてみた場合、遊佐さんのトーク?はあまり上手とは思えませんでした。
この辺、シンガーソングライターとは思えないほどラジオドラマの演技が上手い(「おしまいの日」など)谷山浩子さんなみのクオリティを求めるのは、基本的に無理があるように感じられ、むしろ台本で縛らず、もっと自然に、自由に話して頂いた方が良かったのではないかと感じます。
まあ、それではまるっきり普通のトーク番組になってしまうのですけど。
さて、本作品で遊佐さんが選んだテーマは以下のとおりです。
これらのエッセイ・フリートークに、「Echo of Hope」を始めとする遊佐さんの楽曲が挟まる構成になっています。

回数 お題 内容 楽曲
1 夜の少年、イタリアからの手紙 地図をください、Echo of Hope
2 食べ物 大好きなお総菜屋さん、スコーン いつの日も、午前10時午後3時
3 お休み アーリーモーニングティー、かたつむり、長靴 Forest Notes、だいじょうぶ
4 映画 ブロッコリーをゆでる、読書する女、バロン シリウス、真夜中のキリン
5 シャガールブルー、ドビュッシー 君のてのひらから、空

第1回の話しでは一見ファンタジックな展開になるのかなと思えた部分もありました。
サウンド夢工房は、谷山浩子さん原作の「悲しみの時計少女」や「電報配達人がやってくる」といった、シンガーソングライター原作のれっきとしたラジオドラマも放送しています。
遊佐さんも谷山さん同様、ファンタジックな癒やしの音楽で有名な方ですので、この作品も単なるエッセイに止まらず、ラジオドラマ色が強くなるのかとも思いました。
しかし、結局は日常生活の話しが中心で、やはり限りなく「エッセイ」でした。

【川口泰典演出の他の作品】
紹介作品数が多いため、専用の記事を設けています。こちらをご覧ください。傑作がたくさんありますよ。
それにしても、本作品の川口泰典さんと佐藤譲さんのコンビって珍しいですね。
ちなみに、佐藤譲さんは後の青春アドベンチャー時代に名古屋局で難解で沈鬱な作品をたくさん演出することになります。


★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad