青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

もしかして時代劇 原作:宮本昌孝(アドベンチャーロード)

作品:もしかして時代劇
番組:アドベンチャーロード
格付:B+
分類:タイムスリップ
初出:1989年12月4日~12月15日(全10回)
原作:宮本昌孝
脚色:木皿泉
演出:保科義久
主演:小林聡美

芸能界志望の17歳の女の子・津田美雪は、「ミス花らっきょ」のオーディションのために訪れた福井県で、天正年間の戦国時代にタイムスリップしてしまった。
現代に帰る手段もなく、悲嘆に暮れる美雪……なんて事は全くなく、茶々姫(後の淀君)と入れ替わったのをいいことに、さっさと戦国時代に適応し、侍女や家来たちをあごで使い始める始末。
しかも何を勘違いしたか、「歴史を変えるようなメチャクチャなことをすればタイムパトロール(←そんなものはいない)に捕まって現代に帰れるに違いない」と思い込んでしまったから、さあ大変。
のんきで、世の中全部が自分中心に動いていると思っている少女の、成り行き任せの冒険が始まった。

―――――――――――――――――――

宮本昌孝さん原作、木皿泉さん脚色の、ライトノベル風タイムスリップSFラジオドラマが、この「もしかして時代劇」です。
主人公は、無知で無責任で無謀で、そしてこれら全てに無自覚な少女美雪。
ちゃらんぽらんな少女がタイムスリップして大騒動を巻き起こす、というプロットは、後年、番組が「青春アドベンチャー」になってから田村ゆかりさん主演でシリーズ化された「タイムスリップシリーズ」(「タイムスリップ明治時代」など)と同じであり、本作品はその元祖に当たるような内容です(もちろん両作には何の関連性もない)。
特に、両作品の主人公、「タイムスリップシリーズ」の「麓うらら」と、本作品の津田美雪の性格は、お気楽・極楽という点でよく似ています。
しかし、タイムスリップシリーズで現代に帰るための方法が「歴史の改編を修正して歴史を一本化すること」であるのに対して、本作品では「歴史をメチャクチャにしてタイムパトロールを呼ぶこと」(美雪がそう思っているだけ)ですので、一段と展開はメチャクチャです。
いや、性格も、まだしも「うらら」の方が純真かな。
美雪は意図的に悪のりしている愉快犯のように感じます。

さて、何はさておき美雪は、超有名人の淀君と入れ替わってしまった(「小袖日記」にように心が入れ替わると言うより、もともとよく似た二人が身体ごと入れ替わっている様子)訳で、登場人物たちも、日本史上の有名人物がずらり。
豊臣秀吉(演:堀内一市さん)、服部半蔵(演:端田宏三さん)、お江(演:川上律美さん)、徳川家康(演:西山辰夫さん)、そして石川五右衞門(國村隼さん)などがメインキャラクターとして登場するほか、細かいところでは、織田信長、春日局、伊達政宗、黒田官兵衛、伊藤一刀斎、風魔小太郎から、日本版サンジェルマン伯爵(「仮想の騎士」参照)ともいうべき果心居士などが登場します。
そして石川五右衞門といえば、アニメ「ルパン三世」で石川五ェ門役を演じていた井上真樹夫さんがナレーションで登場し、なぜか五ェ門の声で「ルパン!」などといったり、美雪(を演じる小林聡美)さんと話し始めるメタ展開風のシーンがあったり、自由な脚本です。
本作品を脚色している木皿泉さんは、後に本作品に主演している小林聡美さんも出演した「すいか」や「やっぱり猫が好き」で名を上げた方(正確にはその片割れ。詳細はこちら)なのですが、何とも遊び心満天です。
ちなみに木皿さんは黒田官兵衛役・三好秀次役で出演もされています。
演出面でも、「独眼竜正宗」などの大河ドラマのテーマ曲が流れたり、保科義久さんらしい楽しい演出です。

ともあれ、こんな日本史上の重要人物に囲まれてしまった美雪。
時代は小谷城の戦いのあった天正元年(1570年)から小牧・長久手の戦いのあった天正12年(1584年)まで。
茶々姫として奔放に振る舞うだけではなく、時には「出雲の阿国」となり(この作品では出雲の阿国も実は美雪であったという設定)、戦国時代で念願のアイドルになってしまう。
そして最後には日本史自体がメチャクチャなことに…
どうメチャクチャになるかは聴いての(読んでの)お楽しみです。

…というように、本作品はごく単純な娯楽作品ではありますが、娯楽作品であるからこそ、出演者の熱演が作品を引き立てています。
特に、この極楽とんぼの美雪を演じた小林聡美さんと木皿さんの分身とも言うべき井上真樹夫さんの演技が際立っており、格付けの“+”はその分だといっても良いほどです。
小林さんは、実は同じ1980年代後半に別の時間帯で放送されていた「カフェテラスのふたり」の作品に頻繁に出演されており、当ブログでもすでに「星へ行く船」と「ザ・素ちゃんズ・ワールド-"ひでおと素子の愛の交換日記"から」を紹介済みです。
エッセイ風の作品の多かった「カフェテラスのふたり」への出演が多かっただけあってか?、良くも悪くも俗っぽい美幸の演技にぴったりです。
また、井上さんは、同時期に「A-10奪還チーム出動せよ」などにも出演されているのですが、どちらかというと「カラフル」や「完璧な涙」、「サハラの涙」などナレーションの方が印象的です。

【保科義久演出の他の作品】
紹介作品数が多いため、専用の記事を設けています。
名作、迷作、様々取りそろっています。
こちらを是非、ご覧ください。




★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

時はそよ風、時はつむじ風 原作:辻真先(アドベンチャーロード)

作品:時はそよ風、時はつむじ風
番組:アドベンチャーロード
格付:AA-
分類:タイムスリップ
初出:1989年9月11日~9月15日(全5回)
原作:辻真先
脚色:妻鹿時季子
演出:川口泰典、後藤高久
主演:山下容莉枝

私は今、最高に幸せ。
だって俊司さんがプロポーズしてくれたんだもの。
俊司さんのことを知りたい?
顔は抜群。
背が高くてスポーツマン。
加えて私が勤めるホテルの御曹司!
俊司さんは、6歳のときに事故で両親を失った私にとって、神様が下さったたったひとつの宝物。
だから信じられない。
俊司さんが事故で死んだ?
しかも、俊司さんをはねた車を運転していたのは…河北課長?
どうして!どうして!
私、許さない、絶対許さないんだから!

―――――――――――――――――――

本作品「時はそよ風、時はつむじ風」は、1989年3月に辻真先(つじ・まさき)さんがソノラマ文庫から発刊したライトSFミステリーを原作とラジオドラマです。
SF的な小道具として「タイムスリップ」を使った作品であり、本ブログでのジャンルも「タイムスリップ」としています。
ところで、このブログではタイムスリップ作品はもともと「SF」というジャンルで管理していました。
それを独立したジャンルに変更した最大の原因は、NHK-FMの帯ドラマ枠であまりにタイムスリップものが多かった(この記事アップ時にも「小袖日記」を再放送していますね)からですが、実はもうひとつ理由があります。
それは、タイムスリップが、科学的な理屈付けや哲学的な思索とは無関係に、作劇上の仕掛けとしてカジュアルに使われ、SF的とはいいづらい作品が多いことに気がついたからです。
本作品「時はそよ風、時はつむじ風」もまさにそうした作品のひとつです。
そもそも、「辻真先」+「ソノラマ文庫」というあたりからすでに、B級っぽい匂いがします(別にディスっていませんよ)。
しかも、主人公がラブシーンを見られたりして「恥ずかしい!」と思った瞬間にタイムスリップするという設定!
その設定のほうがよほど恥ずかしいです(だからディスってはいませんってば)。

しかし…面白いじゃないですか、これ。
安易な設定であっても、ご都合主義の展開であっても、タイムパラドクスの処理が適当であっても、そして、放送回数がわずか全5回であっても!
まさに、

「いんだよ、細けえことは!」

なのです。
この作品は、そうした悪条件があっても優れた脚本と演出、そして出演者の熱演があれば、それなりに面白い作品になることを証明しているのです。
そう、まず脚本を書かれたのは女流脚本家の妻鹿時季子(めが・ときこ)さん。
本作品執筆後しばらくして妻鹿時季子名義での執筆は止め、やはりシナリオライターで後に結婚相手ともなる和泉務さんとともに、「木皿泉」の共同ペンネームで活動するようになります。
このあたりの時系列的な整理、後の活躍等については「遥かなる虎跡」の記事にも書いたとおりです。
そして演出は、後に番組が「青春アドベンチャー」になってから極めて高頻度で作品を演出し続け、「ジュラシック・パーク」、「北壁の死闘」、「カルパチア綺想曲」など多くの傑作をものにする川口泰典さんと、のちに連続テレビ小説「つばさ」など多くのTVドラマをプロデュースすることになる後藤高久さん。
川口さんは「青春アドベンチャー」では外国作家の作品を頻繁に取り上げ、割とハード志向のイメージもあるのですが、「サウンド夢工房」時代にも女の子が主人公のどたばたファンタジー「夢見るように愛したい」をうまく仕上げており、仕事になかなか幅が広い方です。

以上、なかなかのスタッフですが、やはり本作品は出演者の演技にも言及しなければいけないでしょう。
まずは、何といっても、主人公の瑞沢千草(みずさわ・ちぐさ)を演じた山下容莉枝(やました・よりえ)さん。
基本的に自意識過剰で思い込みが強く、一言で言うと恥ずかしい性格の千草は、演じ方によっては嫌味になりかねない役ですが、可憐でキュートに感じられるのは山下さんの功績でしょう。
はい、白状します。
当時、山下さんの声、大好きでした…
そして、ストーリー進行上は蚊帳の外に終始する恋人・俊司を演じるのは、宮川一朗太さん。
ウィンブルドン」でも書いたとおり、本作品でも主人公ではなく「主人公の相手役」。
やはり宮川さんの優しげな声が「彼氏役」にぴったりなんでしょうね。
そういえば、1987年の「彼女のライダーズシック」(カフェテラスのふたり)も、主役が山下さん、彼氏が宮川さんのコンビでした。
そして意外と効いている配役が、千草の親友・ノリコ(漢字不詳)を演じている仁科扶紀(にしな・ふき)さん。
序盤から中盤までのハイテンションな言動と終盤の少し違った言動が、全般に空回り気味の千草と良くあっています。
この人、どんな方なんだろうと思って検索してみたら、何と川谷拓三さんの娘さんだったんですね。
川谷拓三さんは前年の1987年に同じアドベンチャーロードの「サテンのマーメイド」で主演されていました。
「サテンのマーメイド」、私は最終話しか音源を残していません。
どこかで聴けないかな?
聴ければ親子出演の記事で紹介できるのですけど。

というわけで、ストーリーにはぜんぜん触れない作品紹介でした。
基本的にタイムスリップを利用して犯人探しをするという、ありがちな話ですし、全5話なので、冒頭の内容以上のことを書いてしまうとほとんどネタバレになってしまうので仕方のないところではあります。
ご容赦ください。

【川口泰典演出の他の作品】
紹介作品数が多いため、専用の記事を設けています。
こちらをご覧ください。
傑作がたくさんありますよ。



★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad