青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

盗まれた街 原作:ジャック・フィニィ(青春アドベンチャー)

作品:盗まれた街
番組:青春アドベンチャー
格付:AA
分類:SF(海外)
初出:1995年7月24日~8月4日(全10回)
原作:ジャック・フィニィ
脚色:髙橋いさを
演出:芦田健、川口泰典
主演:松重豊

私の名はマイルズ。
カリフォルニア州の地方都市サンタ・マエラで開業医をしている。
サンタ・マエラ生まれでサンタ・マエラ育ちの根っからの地元っ子で、開業医なんてしているから、近所の人たちとは大抵顔見知りだ。
そんな長閑な田舎町で、ある時、マス・ヒステリーとも言うべき奇妙な現象が起きた。
妻が夫を、子どもが親を、近親者が近親者を、いつの間にか全く別人になってしまったと訴え始めたのだ。
違う人間になったと名指しされた人間は、私、マイルズにとっても昔からの顔なじみばかり。
私が見る限りでは以前と違ったようには見えないのだが…

―――――――――――――――――――

アメリカのSF作家ジャック・フィニィの代表作「盗まれた街」(原題:The Body Snatchers)を原作とするラジオドラマです。
この原作は1956年に「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」として映画化されたのを始めとして何度も映画化されている古典的名作SFなのだそうです。
なお、上記のとおり原題では「盗まれた」(snatch)のは「body」なのですが、「盗まれた街」とするあたりが翻訳の妙というヤツなのでしょう。
ちなみにアドベンチャーロード時代の1987年にラジオドラマ化された「盗まれた空母」の原題は「Forced Landing」で「盗まれた」という言葉は原題にはありません。
いずれにせよ、何となく昔の翻訳小説っぽくて何だかいい感じです。
それにしても、どこかで「盗まれた空母」を聴くことはできないものでしょうか。

ちなみに本作品、初回放送されたのは、この記事をアップする2016年3月より20年以上前の1995年7月。
何と2016年4月に20年の時を経て再放送されることが決まっています。
1992年に初放送されて2007年に再放送された「谷山浩子の“悲しみの時計少女”」、1989年に初放送されて2009年に再放送された「空色勾玉」、1992年に初放送されて2012年に再放送された「アンデルセンの雪の女王」に並ぶインターバルの長い再放送です。
こうしてみると2~4年に1作品のペースで超長期のインターバルの再放送をしているみたいですね。
2015年作品のアンケートを採った際にも提案がありましたが、1年に1作品くらい、リクエストを受け付けてこのような昔の作品を放送するのも面白いかも知れませんね。

さて、本作品は宇宙人(?)の侵略を描く侵略もののSFなのですが、その「侵略」の仕方が気持ちが悪く、どちらかというとホラー色の強い作品です。
舞台は陽光輝く開放的なカリフォルニア。
登場人物達は陽気なヤンキー。
しかも田舎町ですので人々はフレンドリーで、風景も広々(のはず。ラジオなので見えないけど)。
そういえば作中にでてくる家にやたらと地下室があるのも、土地に余裕のあるアメリカならではでしょうか。
しかし、その陽気な人がいつの間にか「暗記してしゃべっている」ような口調になってしまっていたら?
そして、その地下室でジャックが対面することになる恐怖とは!
ホラーを言葉で語っても面白さが伝わるとは思えないので、ここはいつもどおり「聴いてのお楽しみ」という言葉で締めましょう。
今回は再放送も控えていますしね。

本作品の主演は、2012年スタートの「孤独のグルメ」(井之頭五郎役)で一躍人気役者になった松重豊さん。
本作初放送時には弱冠32歳の若手俳優でした。
ブレイクまで随分かかった松重さんですが、青春アドベンチャーでは1990年代に早くも多くの作品で主役又は準主役級の役を演じています。
例えば、「バイオレンスジャック」、「星の感触」、「時間泥棒」、「猫のゆりかご」など。
そういえば2016年にアニメ化される「バッテリー」にも出演されていましたね。
その中でも本作品はエンターテイメント作品として一番の出来で、松重さんの青春アドベンチャーにおける代表作と言っても良いと思います。
松重さんの渋い声が全編で堪能できますよ。
その他の出演者さんは、毬藻えりさん(メインの役はヒロインのベッキー)、大高洋夫さん(メインの役は小説家のジャック。原作者ジャック・フィニィの分身?)、千紘あいさん、舵一星さん、橋本潤さん(メインの役は精神科医のマニー)。
松重さん以外の5名の方々で全ての役を演じ分けています。

【川口泰典演出の他の作品】
紹介作品数が多いため、専用の記事を設けています。こちらをご覧ください。傑作がたくさんありますよ。




★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

上映時間108分。映画版「レインツリーの国」はFMシアターの限界を超えたか。そして「フェアリーゲーム」は?

【FMシアター・メディアミック情報①】レインツリーの国

2007年にNHK-FMの「FMシアター」でラジオドラマ化された「レインツリーの国」が映画化され、2015年11月21日から公開されました。
この記事をアップする2016年3月時点ですでに公開は終わっているようですが、2016年5月25日にDVD及びBlu-rayの発売が発売開始になることが、3月10日に発表されたようですので、このタイミングで紹介します。
なお、有川さんの作品について、NHK-FMでは「レインツリーの国」がFMシアターでラジオドラマ化されたほか、「三匹のおっさん」及び「旅猫リポート」が「青春アドベンチャー」でラジオドラマ化されています。

さて、ラジオドラマ版「レインツリーの国」については上記の作品紹介記事をご覧頂きたいのですが、FMシアターは約50分の枠の番組であり、単行本1冊を丸々ラジオドラマ化するにはやや尺が短すぎるのが実態です。
ラジオドラマ版の脚色は脚本家の山本雄史さんなのですが、それを踏まえてかなり省略したシナリオになっています。
省略といっても、全場面を薄く伸ばす形ではなく、前後を切り落とし、さらに中心となる部分の中でも主要なエピソードだけを中心に再構成したような脚色だった記憶があります。
これしかないということだったのかも知れませんが、全部のエピソードをやらなかったことにより、逆に原作のエッセンスが伝わる作品になっていると思います。
ちなみに映画は上映時間108分だそうで、ラジオドラマの倍の時間があります。
どのように再構成されているか興味が湧きますね。

また、興味が湧くと言えば、やはり気になるのは劇中劇?「フェアリーゲーム」の扱い。
「レインツリーの国」の記事や「妖精作戦シリーズ」の記事に詳しいのですが、「レインツリーの国」のストーリーでキーとなる架空のジュブナイル「フェアリーゲーム」は、明確に笹本祐一さんの小説「妖精作戦」をモデルとしています。
ラジオドラマ版でも「フェアリーゲーム」の1シーンが再現されていたのですが、「妖精作戦」とは似ても似つかないものになっていました。
映画でこの「フェアリーゲーム」がどうなったのか。
「妖精作戦」に近づいたのか、遠ざかったのか、はたまた華麗にスルーされてしまったのか。
この辺は、DVDにて確認したいと思います。

ラジオドラマ及び映画のそれぞれの出演者は以下のとおりです。

役名 ラジオドラマ 映画
向坂伸行(しん) 赤星マサノリ 玉森裕太
人見利香(ひとみ) 前田亜季 西内まりや
ミサコ 押谷かおり 森カンナ
その他 たかしまみき、福寿淳、一木美喜子、小山典子、中庭淳史、藤沢としや 阿部丈二、山崎樹範、矢島健一、麻生祐未、大杉漣、高畑淳子、片岡愛之助

主人公の「しん」を演じたのは、ラジオドラマ版では赤星マサノリさんで、映画では玉森裕太さん。
「しん」は関西人という設定なので、東京出身の玉森さんに対しては、共演者の片岡愛之助さん(大阪府堺市出身)が関西弁のアドバイスをしたそうです。(赤星さんはもともと関西の方。そもそもFMシアター版はNHK大阪局の制作)。
また、ヒロインの「ひとみ」を演じたのは、ラジオドラマ版では前田亜季さんで、映画では西内まりやさんです。
ラジオドラマ版ではこの「ひとみ」というハンドルの理由が作品全体のオチになっているのですが、映画の公開情報では最初からオープンですね。
また、このブログに関連した点では、映画版の主役の二人以外を演じた方々に、このブログですでに紹介した作品への出演歴のある方が多いことが一つの特徴です。
森カンナさんは「アグリーガール」(主演)に、阿部丈二さんは「旅猫リポート」、「髑髏城の花嫁」などに、麻生祐未さんは「赤と黒(第一部)」に、高畑淳子さんは「CF愚連隊」に出演されています。
ちなみに、まだ出演作品を紹介したことはないのですが、大杉漣さんも「すばらしき日々」・「ハローワーク」・「あなた」など、多くのFMシアター作品に出演されています。

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

次のページ

FC2Ad