青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

1992年のサウンド夢工房放送作品一覧

【1992年に放送されたサウンド夢工房の総括】

1990年4月に、「アドベンチャーロード」の後を受けて、NHK-FM唯一の帯ラジオドラマ枠という重責を担ってスタートした「サウンド夢工房」ですが、わずか2年後の1992年3月にその短い生涯を終えることになります。
後番組は今も続く「青春アドベンチャー」で、番組名に「FMアドベンチャー」、「アドベンチャーロード」と続く、「アドベンチャー」という単語が復活することになりました。
「サウンド夢工房」最後の年となった1990年の新作のラインナップは以下のとおりです。
6作品と数は少ないのですが、この6作の中には、後の青春アドベンチャー時代に何度も再放送される「谷山浩子の“悲しみの時計少女”」という、とても評価の高い作品を含んでいます。

番号 放送時期 回数 作品名 格付け
1 1月3日~1月14日 10 猿がヂャラヂャラ (未紹介)
2 1月20日~1月31日 10 天使猫のいる部屋 B+
3 2月3日~2月14日 10 谷山浩子の“悲しみの時計少女” A
4 2月17日~2月21日 5 遊佐未森のひなたVOX C+
5 2月24日~3月6日 10 家族ってなんや (未紹介)
6 3月9日~3月27日 15 小高恵美の北陸旅紀行 (未所有)

なお、上記のとおり、「サウンド夢工房」最後の作品となった「小高恵美の北陸旅紀行」を聴いたことないのが、何とも心残り。
この作品の音源をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非お聴かせいただけましたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

NHK大河ドラマの主演つながり

【特集:青アド・ポーカー19】NHK大河ドラマ主演つながり

このブログで紹介したラジオドラマの緩やかなつながりを紹介するこのシリーズ。
以前には、「NHK朝の連続テレビ小説」に主演している女優さんが主演している作品をまとめて紹介しました。
今回は「朝ドラ」と並ぶNHKの看板ドラマ番組「大河ドラマ」に主演している俳優さんが出演しているラジオドラマを紹介します。

ところで、「朝ドラ」は若手女優の塔竜門として機能しているのに対して、「大河ドラマ」はすでに人気の俳優さんを起用する番組です。
また、「朝ドラ」が1年に2作品を制作しているのに対して、「大河ドラマ」は1作品です。
これらのこともあり、「朝ドラ」に比べるとかなり少ない人数になってしまっています。
何はともあれご覧ください。
なお、このシリーズのお約束として、このブログで紹介済みの作品に限定しています。

●1968年「竜馬がゆく」北大路欣也さん:「おろしや國酔夢譚
白黒時代最後の大河ドラマ「竜馬がゆく」に主演されたのが北大路さん。
その後「独眼竜正宗」などでも重要な役で出演されました。
ラジオドラマではアドベンチャーロード時代の「おろしや國酔夢譚」で大黒屋光太夫を演じていらっしゃいます。

●1969年「天と地と」・1975年「元禄太平記」・1979年「草燃える」石坂浩二さん:「ドラマ古事記
大河ドラマ初のカラー作品「天と地と」で上杉謙信を演じた石坂浩二さん。
「元禄太平記」では柳沢吉保を、「草燃える」では源頼朝を演じました。
上杉謙信や源頼朝はともかく、柳沢吉保とは随分とマニアックな主人公です。
ただ、青春アドベンチャーでは「ドラマ古事記」で太安万侶を演じているので、こちらの方がよほどマニアックではあります。
それにしても大河ドラマ3回主演とは、当時の石坂さんの人気というのものが如何に凄まじいものだったか、わかります。

●1972年「新・平家物語」仲代達矢さん:「夢源氏剣祭文
源平ものの大河ドラマで主役(平清盛)を演じた仲代さんが、青春アドベンチャーで担当したのは「夢源氏剣祭文」。
源平つながりにも見えますが、意図したものなのでしょうか。
ただし、「夢源氏剣祭文」での仲代さんの役割は役者ではなくナレーターです。

●1987年「独眼竜正宗」・1993年「炎立つ」渡辺謙さん:「大黒屋光太夫
渡辺謙さんの出世作「独眼竜正宗」ですが、その後、渡辺さんが「世界のケン・ワタナベ」にまでなるとは想像できませんでした。
ちなみに正宗の父親の輝宗を演じた北大路欣也さんが、別のラジオドラマで同じ大黒屋光太夫役を演じているのは、上記のとおりです。
なお、「炎立つ」での渡辺さんは、藤原経清(ふじわらのつねきよ)と「藤原泰衡」(ふじわらのやすひら)の二役でした。

●2006年「功名が辻」上川隆也さん:「あたしの知らない私の声」「サンタクロースが歌ってくれた」「天使のリール
「功名が辻」は山内一豊とその妻・千代の物語です。
どちらかというと千代役の仲間由紀恵さんの方が主役格だったのかも知れませんが、一応、上川さんもダブル主役ということでここに挙げさせていただきました。
実は、上川さんは演劇集団キャラメルボックス所属の舞台役者だった時代に、初期の青春アドベンチャーに何作も(しかも割と重要でない役で)出演されています。
青春アドベンチャーファンには割と有名な事実ですが。

●2007年「風林火山」内野聖陽さん:「モンテ・クリスト伯
男臭さが魅力の内野さんが大河ドラマで演じたのが山本勘助であり、青春アドベンチャーで演じたのがモンテ・クリスト伯ことエドモン・ダンテス。
ともにいかにも内野さん向きの役ですね。

●2016年「真田丸」堺雅人さん:「不思議屋薬品店
2004年の大河ドラマ「新選組!」で名を上げた堺さんが、主演で戻ってきたのが「真田丸」。
一般には真田幸村として知られる真田信繁を演じます。
青春アドベンチャーでは、女優の増田未亜さん、声優の永井一郎さんとともに、2002年の「不思議屋薬品店」に主演。
第3話「恋のバストアップ大作戦」のはじけた演技が聴きどころです。


北大路さん、仲代さん、石坂さん、渡辺さんの4人が「すでに大河ドラマの主演経験がある方の起用」。
上川さん、内野さんが「昔、青春アドベンチャーに出演された経験のある方が大河ドラマの出演を勝ち取った例」。
ここに、2016年の「真田丸」で堺さんが加わりました。
今後も青春アドベンチャーから出世した方が増えるのが楽しみです。





★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad