青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

直木賞受賞作つながり

【特集:青アド・ポーカー18】直木賞受賞作つながり

この「青アド・ポーカー」のコーナーは、NHK-FMのラジオドラマ番組「青春アドベンチャー」(系列番組を含む)で放送されたラジオドラマについて、緩やかなつながりを見つけて、それをポーカーの役になぞらえて楽しもうというコーナーです。
以前、青春アドベンチャーの原作として取り上げられた芥川賞作家を紹介しましたが、今回は芥川賞と対になる直木賞(正式には「直木三十五賞」)を取り上げます。
純文学の賞である芥川賞と異なり、直木賞は大衆小説に対して贈られる賞であり、エンタメ作品を放送する青春アドベンチャーとは相性の良い賞です。
そのため、芥川賞と同じように直木賞の受賞「作家」を特集するのであれば、まさに枚挙に暇はありません。
このブログで紹介した作品の中からざっと上げるだけでも以下のとおりになります(敬称略)。

佐藤賢一(「ジャガーになった男」)、三浦しをん(「神去なあなあ日常」)、山田詠美(「ぼくは勉強はできない」)、篠田節子(「聖杯伝説」)、村山由佳(「エンジェルス・エッグ」、「おいしいコーヒーのいれ方」)、逢坂剛(「あでやかな落日」)、宮部みゆき(「蒲生邸事件」、「今夜は眠れない」、「夢にも思わない」)、朱川湊人(「鏡の偽乙女~薄紅雪華文様」)、東野圭吾(「虹を操る少年」、「分身」)、森絵都(「DIVE!!」、「カラフル」)、道尾秀介(「」)、角田光代(「なくしたものたちの国」)、石田衣良(「エンジェル」)、佐々木譲(「獅子の城塞」)、大沢在昌(「アルバイト探偵」)、海音寺潮五郎(「鷲の歌」)、半村良(「女たちは泥棒」)、高橋克彦(「ドールズ~闇から来た少女」)、桐野夏生(「顔に降りかかる雨」)、連城三紀彦(「黄昏のベルリン」)、荻原浩(「僕たちの戦争」、「押入れのちよ」)

しかし、青春アドベンチャーの「やや外す」という方針(勝手な想像)もあるのか、直木賞受賞作自体を取り上げることは稀です・
今回、「サウンド夢工房」で放送された「青春デンデケデケデケ」を取り上げたことにより、ようやく「直木賞受賞作スリーペア」ができましたので、ご紹介いたします。


●「蜩ノ記」(原作:葉室麟さん)
青春アドベンチャーでは数少ない本格時代劇の「蜩ノ記」は第146回(2011年下半期)の直木賞受賞作です。
青春アドベンチャーではSF作品がよく取り上げられるのですが、SF作品に対して直木賞はなぜかとても辛い。
一方、時代劇は青春アドベンチャーではあまり取り上げられませんが、直木賞における受けはいい。
それが青春アドベンチャーで直木賞受賞作が少ない一つの原因になっていると考えます。

●「遠い海から来たCOO」(原作:景山民夫さん)
放送作家として、小説家として一世を風靡された景山さんの代表作ではある「遠い海から来たCOO」は、第99回(1988年上半期)の直木賞受賞作です。
ラジオドラマとしては「アドベンチャーロード」の時代に放送されましたが、正当的で単純な冒険小説すぎて、受賞に当たっても議論があったようです。

●「青春デンデケデケデケ」(原作:芦原すなおさん)
「青春デンデケデケデケ」は第105回(1991年上半期)の直木賞受賞作。
ラジオドラマは1991年5月の放送ですが、直木賞発表は例年7月ごろですので、ラジオドラマ放送後に受賞したものと思われます。
ちなみに翌1992年には大林宣彦監督の手で映画化されています。
本作品は高校生のバンドを巡る青春物語ですが、ラジオドラマは「スラップスティック」というバンドをやっていた有名声優4人をそのまま起用した意欲作でした。


なお、上記の3作品以外の直木賞受賞作としては、「アドベンチャーロード」時代に放送された逢坂剛さん原作の「カディスの赤い星」があります。
是非もう一度聞いてみたいと思っているのですが、音源が手元にありません。
もしお持ちの方がいらっしゃいましたらお聞かせいただけましたら幸いです。

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

タイトルに「青春」と付くラジオドラマ

【特集:青アド・ポーカー17】タイトルに「青春」と付くラジオドラマ

はじめに」にも書きましたが、本ブログはNHK-FMで放送されている「青春アドベンチャー」系列の番組で放送されたラジオドラマを紹介することを主目的としています。
以前、この番組名に入っている「アドベンチャー」(冒険)という単語が、作品のタイトルの一部となっている作品を紹介しましたが、今回はもうひとつのキーワードであり、番組名がどうにも気恥ずかしくなっている最大の原因である「青春」がタイトルに入っている作品を紹介したいと思います。
「青春」と「アドベンチャー」というふたつの単語のうち、「アドベンチャー」は前身番組である「FMアドベンチャー」や「アドベンチャーロード」から引き続き利用されてきたキーワードですが、「青春」はこの番組名になって初めて入ったワードです。
2015年9月に放送された「今日は一日ラジオドラマ三昧」内において、青春アドベンチャーの演出をされていた川口泰典さんがおっしゃったところによれば、若者に向けてエンターテイメント性の高い作品を提供する、というのが青春アドベンチャー当初のコンセプトだったようです。
その意味では、まさにこのコンセプトを宣言したのが、この「青春」部分だったのだと思います。

しかし、いざ探してみると、作品名に「青春」の入っている作品の少ないこと。
「青春デンデケデケデケ」の紹介でようやく"スリーカード"が成立したのですが、実は3作品のうち2作品は前身番組であった「サウンド夢工房」にて放送された作品です。
青春アドベンチャーで放送された作品は「645~大化の改新・青春記」しか見つかりませんでした。
(2017/2/25:「青春離婚」を追記、2017年4月11日:「さだまさしの青春症候群」を追記)


●「愛と青春のサンバイマン」(1991年)
「サウンド夢工房」時代に放送された抱腹絶倒のコメディ作品が「愛と青春のサンバイマン」です。
出演は山口良一さんと天地総子さん。
原作は藤井青銅さんで、各種のパロディ満載の、NHKの度量が試されるような脚本でした。
実際のところ、この作品のタイトルに「青春」が入っているのにあまり深い意味はなさそうです。

●「645~大化の改新・青春記」(2001年)
「645~大化の改新・青春記」はウォーリー木下さん作のオリジナル脚本のラジオドラマでした。
舞台はいわゆる「大化の改新」ですが、セリフは完全に現代語で、古代らしい雰囲気は全くない感じない異色作でした。
主役の"中ちゃん"こと中大兄皇子を演じたのは、NHK-FMのラジオドラマではおなじみの松田洋治さんでした。

●「青春デンデケデケデケ」(1991年)
本作品「青春デンデケデケデケ」が放送されたのは「愛と青春のサンバイマン」と同じ「サウンド夢工房」。
高校生によるロックバンドを描いた作品で、さまに「青春」。
ダイジェスト感が出ないようにうまくまとめた脚本、実際にバンドをやっている声優を当てたキャスティングなど聴きどころが満載の作品で、「サウンド夢工房」を代表する名作だと思います。

●「青春離婚」(2017年)
16年ぶりのタイトルに「青春」と入った作品は、紅玉(こうぎょく)いづきさん原作の「青春離婚」。
高校生カップルを主人公とした恋愛ものです。
紅玉さんのtweetによれば、紅玉さんご自身も昔、青春アドベンチャーのリスナーだったとか。
タイトルに「青春」と冠した自分の作品が、昔好きだった青春アドベンチャーで放送されるとは思ってもみなかったのでしょうか。

●「さだまさしの青春症候群」(1986年)
「カフェテラスのふたり」で放送された作品で、さだまさしさんの小説・エッセイ集「自分症候群」を原作とした作品でした。
ちなみに小説と同名の「さだまさしの自分症候群」が先に放送されており、それとセットの作品です。
のちに長編小説も執筆することになる、さださんの初期の作品です。


ちなみに、あと1作、「アドベンチャーロード」時代に森村誠一さんの「青春の神話」が放送されているらしいのですが、私も聴いたことがありません。
もしお聴かせ頂ける方がいらっしゃいましたら、是非ともご協力頂けたらと思っています。
宜しくお願い申し上げます。

なお、上記で挙げた以外で「春」という漢字がタイトルに入っている作品も集めています。
こちらをご覧ください。

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad