青春アドベンチャー雑記帳~オーディオドラマ・ラジオドラマの世界

NHK-FMのオーディオドラマ「青春アドベンチャー」の紹介ブログです。前身番組の「サウンド夢工房」・「アドベンチャーロード」等も含みます。一応「格付」するなど評価・評論風のことも書いていますが、堅い話はともかく雑談・脱線ありありで、オーディオドラマを中心とした楽しい世界を紹介します。リンクフリーです。

不思議屋貿易商 作:山本むつみ他(青春アドベンチャー)

作品:不思議屋貿易商
番組:青春アドベンチャー
格付:B-
分類:多ジャンル
初出:2005年2月14日~2月25日(全10回)
作 :(下表のとおり)
演出:大久保篤
主演:押美としのり、奥貫薫

青春アドベンチャーを代表する脚本家競作のオリジナル短編集作品シリーズ「不思議屋」シリーズ
本作品「不思議屋貿易商」は、全部で8作品制作された不思議屋シリーズの6作品目にあたり2005年に放送されました。
最後の不思議屋シリーズである「不思議屋料理店」(2007年)が制作されてからすでに8年以上が経過していますが、案内役としてこの作品の看板であった永井一郎さんが昨年急逝されていますので、おそらく不思議屋シリーズの新作が制作されることはないと思われます。
さて、不思議屋シリーズの作品は、永井一郎さんのほか男女一組の主演者が、1回毎に全く異なった物語を演じる作品です。
本作品「不思議屋貿易商」では、永井一郎さんに加えて、大林宣彦監督映画の常連だった俳優の押美としのりさんと女優の奥貫薫さんの3人で全ての役を分担しています。
尾美さんは「不思議屋博物館」の一部作品でも主演されていましたね。

さて、本作品の各回のタイトル、担当した脚本家さん、ジャンル、格付け、概要及び一言は以下のとおりです。
この不思議屋シリーズ、その名のとおり、ちょっと不思議なもの(涙とか記憶とか)を取引する話しがやたらと多く、はっきりいってマンネリ気味のシリーズでした。
本作品でも第3回や第6回はそんな感じなのですが、一方で、第5話・第6話など、オチに一ひねりある作品もありました(両作品とも永井一郎さんのブラック気味な演技が心地よい)。
10回もあるとどうしても辛めの評価の作品も出てきてしまい、平均すると他の不思議屋シリーズと大差ない格付けになっているのですが、全体的な印象はなかなか良い作品です。

話数 タイトル 作者 ジャンル 格付け 粗筋 一言
1 水上の都より来たる 山本むつみ ホラー C+ 珍しいものばかり扱う不思議屋貿易商。なぜそのようなものが仕入れられるのか? 過剰にファンタジックな話しと思いきや終盤はホラー風に締めている分、+評価。
2 どこかの戦場 森顕一朗 コメディ C+ あっちゃこっちゃ砦に大軍が迫る!ガッツで踏み止まるか?武器商人に頼るか? この回の不思議屋貿易商は武器商人!永井さんの熱演は買うがコメディとしては微妙。
3 オーロラの光 井上美穂 幻想(日本) B 涙にはお金より価値があるものがある。涙と引き替えに兄が頼んだものとは? 素直に、病床の妹の病気を治せる薬を頼んじゃえば良いのでは?
4 温泉ショック 金杉弘子 職業 B- 日本中の温泉が出なくなった。温泉の買付けという難題を任された女子社員だが… 尾美さんと奥貫さんが不思議屋貿易商で、永井さんが客という珍しい役割分担。
5 黒と白 塩塚夢 サスペンス A+ 元陸上部のカップル。しかし男は何かを隠している様子。白い粉?引き金?「バラす」? オチが予想外の良作品だったが、緊張感が今ひとつ足りないのが残念。
6 記憶貿易 前原一磨 SF(その他) A 臓器移植用につくらえれたクローン達が一番欲しがるものは「記憶」だというのだが。 予想とは少し違うがうすうす感じていたとおりかなりブラックはオチ。だがそれが良い。
7 予言してチョンマゲ 橋本信之 コメディ C 時は寛政十年。長屋を追い出された熊さん夫婦は不思議屋貿易商に転がり込むが… 重層構造の凝ったお話しだが。あまり面白くない。
8 海を越えて 渥美珠巳 幻想(日本) C+ 船便を配達する毎日。ある日持ち上げると不思議な音がする荷物を預かったのだが… 一種の「職業もの」だが幻想要素も強い。内容はありきたりと言わざるを得ない。
9 ヴィンテージ・ジーンズ 浜田秀哉 職業 B モノを大事にしているというアメリカの片田舎の町に古着を買い付けに来た若者。 どうという内容ではないが気持ちの良い話。ラストも悪くない。
10 雨の庭 北阪昌人 幻想(日本) C+ 廃業を考えていた建築家。老人から「砂の庭」の制作を依頼され貿易商を訪ねるが… 異常な出来事は起こらないがとても幻想色が強い。たまには良いのではないでしょうか。

【不思議屋シリーズ作品一覧】
全部で8作品制作された不思議屋シリーズの作品一覧はこちらです。
是非、他の作品の記事もご覧ください。

★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

芥川賞受賞作家つながり

【特集:青アド・ポーカー15】芥川賞受賞作家つながり

このコーナーは、NHK-FMのラジオドラマ番組「青春アドベンチャー」(系列番組を含む)で放送されたラジオドラマ間における緩やかなつながりを見つけて楽しもうという趣旨のコーナーです。
今回は、原作として取り上げられた芥川賞受賞作家を紹介します。
先日、記事をアップした「霧隠れ雲隠れ」の三田誠広さんで、3人が揃いましたので、ポーカー風にいうとスリーカード成立となります(後日、松村栄子さん、津村記久子さんを追加)。

ところで芥川賞(正式には「芥川龍之介賞」)は、先日、第158回において「火花」でお笑い芸人の又吉直樹(ピースの又吉)さんが受賞したことで脚光を浴びました。
しかし、一般的には「純文学の新人賞」という性格上、「大衆文学の中堅・ベテラン作家向け」の直木賞と比較して、受賞者の知名度は高くないことが多いのが実態です。
エンターテイメント作品枠である青春アドベンチャーの原作という側面で見ても、直木賞の受賞作家は枚挙に暇がないほど取り上げられているのですが、芥川賞の受賞作家を取り上げた例はごくわずかです。
その貴重な三方を紹介します。


●池澤夏樹さん「氷山の南」、「南の島のティオ
1988年に、FMシアターでラジオドラマ化もされた「スティル・ライフ」で芥川賞を受賞された池澤さんは、2011年まで芥川賞の審査委員も勤められていました。
「氷山の南」はビルディングスロマンという点で、「南の島のティオ」はファンタジー要素が強い点で青春アドベンチャー向きの作品でした。
なお、実娘の池澤春菜さんは「これは王国のかぎ」に主演されている声優さんであることは、こちらに書いたとおりです。

●大道珠貴さん「悪戯の楽園」のなかの「無意味な涙」、「マジック・タイム」の中の「溺れる犬」ほか
両作品ともに、1999年及び2001年に放送された全10回のオリジナル短編集作品の中の1作。
他にも「記憶の城」の中の「猿蟹」も大道さんの脚本。
いずれも難解でわかりにくい作品です。
大道さんはその後の2003年に「しょっぱいドライブ」で芥川賞を受賞されました。
新人賞である芥川賞を受賞する前の大道さんを採用していたところにNHK-FM(名古屋局)の先進性を感じます。

●三田誠広さん「霧隠れ雲隠れ
三田さんは1977年に「僕って何」で芥川賞を受賞されていますが、執筆される分野の広い方で大衆文学的な作品もたくさん発表されています。
特に青春アドベンチャーで採用された「霧隠れ雲隠れ」は「スーパー忍者小説」というサブタイトルが付いているとおりエンタメ色の強い作品です。
女優の三田和代さんが実姉であることも、こちらで書いたとおりです。

●松村栄子さん「雨にもまけず粗茶一服
松村さんは1991年度下半期に「至高聖所(アバトーン)」で芥川賞を受賞されました。
松村さんも、ファンタジー小説「紫の砂漠」「詩人の夢」を書かれていますので、三田さん同様、単純な純文学作家とは言い難いと思います。
ちなみに「雨にもまけず粗茶一服」は主に京都が舞台となる作品ですが、松良さんご自身も京都在住のようです。

●津村記久子さん「エヴリシング・フロウズ
2008年下半期に3度目の候補作「ポトスライムの舟」で第140回芥川賞を受賞された津村さん。
専業作家になったのは2012年ですので、芥川賞受賞時には会社員だったそうです。
日本で一番権威のある賞(芥川賞)を受賞してようやく1人前、純文学とは恐ろしい世界ですね。
働く女性を描くことの多い津村さんだが、「エヴリシング・フロウズ」は内気な中学生男子を主人公にした、まさに青春小説。


なお、もう一方の直木賞については「受賞作家の原作作品」とするとかなり膨大になってしまいます。
一方、直木賞受賞作自体のラジオドラマ化とすると逆に極端に範囲が狭くなってしまい、対象作品数は限られるのですが、「青春デンデケデケデケ」の記事のアップにより、ようやく3作品がまとまりましたので、こちらに記事をアップしています。
なお、直木賞といえば「カディスの赤い星」(逢坂剛さん原作)がアドベンチャーロード時代にラジオドラマになっているはずなのですが、どこかで聴けないものでしょうか。





★本文内のリンクについて★
本ブログは、紹介したラジオドラマからスタートして、関連している作品、していない作品、原作などの様々な作品に興味を持っていただきたいと思い、本文の随所にリンクを設置しています。
特に外部リンクと明示してあるものと、アマゾンの画像以外は原則として本ブログ内へのリンクに限定しておりますので、安心してリンク先の記事をお楽しみください。
なお、アマゾンの画像リンクについてはこちらのご注意事項もご参照ください。


□スポンサーリンク□

テーマ:ラジオドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

次のページ

FC2Ad